張超(ちょうちょう)B ※張邈(ちょうばく)Bの弟

【姓名】 張超(ちょうちょう) 【あざな】 ?

【原籍】 東平国(とうへいこく)寿張県(じゅちょうけん)

【生没】 ?~195年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第005回で初登場。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

反董卓(とうたく)連合軍に参加した諸侯、臧洪(そうこう)を重用し政務を委ねる

父母ともに不詳。張邈(ちょうばく)は兄。

霊帝(れいてい。在位168~189年)の末年、広陵太守(こうりょうのたいしゅ)を務めていた張超は、官位を捨てて帰郷していた臧洪を招き郡の功曹(こうそう)に任じた。

190年1月、山東(さんとう)の諸侯が反董卓を旗印に挙兵すると、張超もこの動きに呼応。彼が兄の張邈らとともにいち早く決起したのは、臧洪の進言があったからだった。しかし諸侯の足並みがそろわず、やがて連合軍は自然解散してしまう。

194年、曹操(そうそう)が再度の陶謙(とうけん)討伐に赴いた際、張超は陳宮(ちんきゅう)らと結託し曹操に背く。張邈も陳宮の進言に従い、呂布(りょふ)を迎えて兗州牧(えんしゅうのぼく)とし濮陽(ぼくよう)に立てこもった。

翌195年、呂布が定陶(ていとう)や鉅野(きょや)で曹操に敗れ、徐州(じょしゅう)にいた劉備(りゅうび)のもとへ逃走。このとき張超は張邈の命を受け、一族とともに雍丘(ようきゅう)を守ることになった。そして張邈自身は呂布に同行した。

同年8月、雍丘が曹操軍に包囲される。

同年12月。雍丘が陥落。張超は自殺し、城内にいた張邈の三族(父母・妻子・兄弟姉妹、異説もある)も皆殺しにされた。

管理人「かぶらがわ」より

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・臧洪伝)には、反董卓の兵を挙げ、酸棗(さんそう)に軍勢を結集していたとき、張超と兄の張邈とのやり取りの中に臧洪を評価したものがありました。

張邈が張超にこう尋ねます。

「お前は郡守(広陵太守)なのに、政治や教化、刑罰や恩賞といったことを自分では行わず、配下の臧洪に任せているといううわさだが、彼はどのような人物だ?」

これに張超が答えます。

「臧洪の才は私より優れております。だから重用しているのです。彼は天下の奇士だと言えましょう」

この話を聞いた張邈は臧洪を呼んで語り合い、やはり非常に優れていると感じたのだと。

のち(195年)張超が雍丘で危機に陥った際、袁紹(えんしょう)の下で東郡太守(とうぐんのたいしゅ)を務めていた臧洪は、張超を救援するための兵馬を貸してほしいと頼みましたが、袁紹は許可しませんでした。

張超は人を見る目があったらしい。政務の多くを配下に任せてしまうというのは、できそうでなかなかできないもの。これは怠慢とは違います。ただ、呂布を迎えて曹操に反抗するという選択は失敗でしたね。

あと、『三国志』(の裴松之注〈はいしょうしちゅう〉)には「河間(かかん)の張超」という人物も出てきます。あざなは子並(しへい)といい、書の名人だったということです。このふたりの張超の区別が意外とつきにくい。

初めは同一人物かもしれないと思っていましたが、河間国は冀州(きしゅう)、東平国は兗州なので、ふたりは別人ですよね?
「群雄諸侯」収録人物一覧
三国志に登場する、諸侯クラスの人物の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 群雄諸侯
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました