黄権(こうけん)

【この記事をシェアする】

【姓名】 黄権(こうけん) 【あざな】 公衡(こうこう)

【原籍】 巴西郡(はせいぐん)閬中県(ろうちゅうけん)

【生没】 ?~240年(?歳)

【吉川】 第190話で初登場。
【演義】 第060回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・黄権伝』あり。

3人の主君に仕えながらも貫き通した節義。育陽景侯(いくようのけいこう)

父母ともに不詳。息子の黄邕(こうよう)は跡継ぎで、黄崇(こうすう)も同じく息子。

黄権は若いころ郡吏となったが、益州牧(えきしゅうぼく。194~214年)の劉璋(りゅうしょう)に召されて「主簿(しゅぼ)」に任ぜられた。

このころ別駕(べつが)の張松(ちょうしょう)が、荊州(けいしゅう)から劉備(りゅうび)を迎え、漢中(かんちゅう)の張魯(ちょうろ)を討伐してもらうのがよいと建議する。

黄権はこれに反対を唱え、劉備を迎えた場合の処遇の難しさについて述べたものの、劉璋は聞き入れず、彼を「広漢県長(こうかんけんのちょう)」に左遷した。

211年、劉備が劉璋の要請を受けて蜀へ入り、翌212年には葭萌(かぼう)から反転し劉璋を攻めた。劉備配下の将軍(しょうぐん)たちが郡県の平定を進めると、みな情勢を見て帰順してしまったが、黄権は城門を閉ざし堅守した。

214年、劉備が成都(せいと)で劉璋を降した後、ようやく黄権も出頭し「偏将軍(へんしょうぐん)」に任ぜられる。

翌215年、曹操(そうそう)が漢中を攻略し張魯が巴中(はちゅう)へ逃走すると、黄権は劉備の許しを得て「護軍(ごぐん)」となり、諸将をひきいて張魯を迎えに行く。しかし、張魯は南鄭(なんてい)に引き返して曹操に降伏したため、黄権らは間に合わなかった。

それでも後に杜濩(とこ。賨邑侯〈そうゆうこう〉。巴の七豪族のひとり)や朴胡(ふこ。蛮王〈ばんおう〉。同じく巴の七豪族のひとり)を撃破し、夏侯淵(かこうえん)を討ち取り、曹操から漢中を奪取したことについては黄権の計略に沿ったものだった。

「賨」はフォントが潰れて見づらいが、ここは「宗+貝」という字になっている。

219年、劉備は「漢中王」となり、なお「益州牧」を兼ねたが、このとき黄権は「治中従事(ちちゅうじゅうじ)」に任ぜられた。

221年、劉備が帝位に即くと、自ら孫権(そんけん)討伐の東征を強行しようとする。

黄権はこれを諫め、自身が先鋒を務めたいと願い出たものの聞き入れられず、「鎮北将軍(ちんぼくしょうぐん)」として江北(こうほく)の諸軍をひきい、魏軍(ぎぐん)の動きに備えることになった。

翌222年閏6月、劉備は猇亭(おうてい)で孫権配下の陸遜(りくそん)に大敗を喫し、永安(えいあん)まで退く。ところが、黄権のほうは道路が遮断されたため戻ることができず、同年8月、軍勢を挙げて魏に降伏した。

黄権の降伏が伝わると蜀の担当官吏は、法に従い彼の妻子を逮捕したいと申し出る。

だが、劉備はこう言った。

「私が黄権を裏切ったのだ。彼が私を裏切ったのではない」

こうして黄権の妻子の待遇をこれまで通りとした。

曹丕(そうひ)に謁見した際に下問されると、黄権は帰順に至った事情を話し、その態度を評価される。そこで「鎮南将軍(ちんなんしょうぐん)・侍中(じちゅう)」に任ぜられ「育陽侯」に封ぜられたうえ、曹丕の車への同乗を許された。

やがて蜀の降伏者から、黄権の妻子が処刑されたという話が伝えられる。黄権は信じず、喪を発することもなかったが、そのうちに詳報が入り、やはり彼の思った通りだった(劉備が自分の妻子を処刑していなかった)ことがわかった。

翌223年、劉備の訃報が届くと、魏の群臣はみな賀を述べたが、黄権だけはそうしなかったという。のち「益州刺史(えきしゅうのしし)」を兼ね「河南尹(かなんのいん)」に転じ、司馬懿(しばい)にも高く評価された。

239年、黄権は「車騎将軍(しゃきしょうぐん)・儀同三司(ぎどうさんし。三公待遇)」に昇進。

翌240年、黄権は死去して「景侯」と諡(おくりな)され、息子の黄邕が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

劉璋に仕えていたときは劉備を益州へ迎えることに反対し、劉備に仕えていたときは孫権討伐の東征に反対した黄権。彼の不安はいずれも的中してしまいましたが、その時々の節義の示し方は見事だったと思います。ただ目先の利益を追っていただけなら評価されることはなかったでしょうね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】