郤正(げきせい)

【この記事をシェアする】

【姓名】 郤正(げきせい) 【あざな】 令先(れいせん)

【原籍】 河南郡(かなんぐん)偃師県(えんしけん)

【生没】 ?~278年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第091回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・郤正伝』あり。

劉禅(りゅうぜん)の降伏後、洛陽(らくよう)へ随行したひとり

父は郤揖(げきしゅう)だが、母は不詳。郤倹(げきけん)は祖父にあたる。

郤正は、もとの名を「郤纂(げきさん)」といった。祖父の郤倹は霊帝(れいてい。在位168~189年)の末年に「益州刺史(えきしゅうのしし)」を務めたが、188年、黄巾賊(こうきんぞく)の馬相(ばしょう)により殺害される。

そのころ天下が大いに乱れたため、父の郤揖は蜀にとどまり、のち将軍(しょうぐん)の孟達(もうたつ)の下で「営都督(えいととく)」を務めた。

220年、孟達が軍勢を引き連れ魏(ぎ)の曹丕(そうひ)に降ると、郤揖もこれに随行し「中書令史(ちゅうしょれいし)」に任ぜられた。

そのため郤正は若くして父と別れることになり、母の再婚後はひとりで暮らす。だが、貧乏に甘んじながらも学問を好み、広く古典を通読したという。

郤正は20歳にして巧みな文章を書いたので、初め「秘書吏(ひしょり)」となり、「秘書令史」「秘書郎(ひしょろう)」「秘書令(ひしょれい)」と昇進を重ねた。

郤正は栄誉や利益にこだわらず、もっぱら文学に意を注ぎ、司馬相如(しばしょうじょ)・王褒(おうほう)・揚雄(ようゆう)・班固(はんこ)・傅毅(ふき)・張衡(ちょうこう)・蔡邕(さいよう)らの残した文章や賦(ふ)を始め、当世の優れた書簡や論文に至るまで益州にあるものの研究や考察に努め、それらほぼすべてに目を通した。

郤正は宮中で働くようになってから30年にわたり、宦官(かんがん)の黄皓(こうこう)と屋敷が隣り合っていた。黄皓は卑しい身分から出世した者で、やがて蜀の実権を握るまでになったが、郤正は彼に気に入られもせず憎まれもしなかった。

そのため郤正は600石(せき)を越える官位に昇ることはなかったものの、黄皓に讒言(ざんげん)されるようなこともなかった。

また郤正は、儒者の先人たちの規範に沿う形で自分の考えを著し「釈譏(しゃくき)」と題する。その形式は崔駰(さいいん)の『達旨(たっし)』を継承したものだった。

263年、劉禅は譙周(しょうしゅう)の意見に従い、使者を遣って魏のトウ艾(とうがい。登+阝)に降伏を申し入れたが、この時の文章は郤正が書いたという。

翌264年、魏の鍾会(しょうかい)が成都(せいと)で反乱を起こす。劉禅は魏都の洛陽へ向けあわただしく出発したが、蜀の大臣の中に随行する者はおらず、郤正と殿中督(でんちゅうとく)の張通(ちょうとう)だけが妻子を捨てて付き従う。

郤正の適切な補佐により、劉禅は礼を欠く振る舞いをせずに済んだ。そこで劉禅は嘆息し、彼のことを認めるのが遅かったと悔やんだ。ほどなく郤正を評価する声が上がり「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられる。

郤正は晋(しん)の泰始(たいし)年間(265~274年)に「安陽県令(あんようけんのれい)」に任ぜられ、272年には「巴西太守(はせいのたいしゅ)」に昇進。そして278年に死去したが、詩・論・賦などの著作が100編近くあったという。

管理人「かぶらがわ」より

若いころから苦労を重ねた郤正ですけど、彼の生き方には筋が通っていてすがすがしさを感じました。

人が失敗するときに多いのは、やはり栄誉や利益へのこだわりが強すぎるケースではないでしょうか? 黙々と何かに打ち込んでいれば、ごく自然に評価されることもあるのですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】