張裕(ちょうゆう)

【この記事をシェアする】

【姓名】 張裕(ちょうゆう) 【あざな】 南和(なんか)

【原籍】 蜀郡(しょくぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・周羣伝(しゅうぐんでん)』に付された「張裕伝」あり。

たびたび劉備(りゅうび)の怒りを買い、自身の予見どおりに刑死

父母ともに不詳。

初め張裕は劉璋(りゅうしょう)の下で「従事(じゅうじ)」を務めた。

211年、劉備が劉璋の要請を受けて益州(えきしゅう)へ入ると、ふたりは涪(ふう)で会見した。その際、張裕は劉璋のそばに控えていたが、劉備にひげのことをからかわれたので不遜な言葉で応ずる。

214年、劉備が成都(せいと)で劉璋を降した後、張裕は劉備に仕え、益州の「後部司馬(こうぶしば)」に転じた。

218年、劉備が漢中(かんちゅう)の支配権を巡って曹操(そうそう)と戦おうとしたとき、儒林校尉(じゅりんこうい)の周羣に下問がある。

周羣はこのように答えた。

「その地を得ることはできますが、その民を得ることはできないでしょう。もし一部隊を差し向けられる程度なら必ず不利な状況に陥ります。注意して慎重に対処なさるべきです」

張裕は周羣と同様、自然現象などから未来の兆候を読み取る技術に通じており、天性の才能では周羣をも上回っていると目されていた。

張裕は劉備を諫めて言った。

「漢中のことで争うべきではありません。必ずわが軍が不利な状況に陥ります」

劉備は張裕の意見を退けたが、そのうちことごとく周羣の予言どおりになる。

また、張裕はひそかに人にこうも告げた。

「庚子(こうし)の年(220年)に天下の代替わりがあり、劉氏の世は終わりを迎える。主君(劉備)は(214年に)益州を得られてより9年後、寅年(とらどし。222年)から卯年(うどし。223年)の間にこれを失われる(崩御〈ほうぎょ〉する意)だろう」

この話を劉備に密告する者があった。劉備は(211年の)涪における張裕の発言を根に持っており、このたびの失言もあり腹立たしさが増す。そこで張裕の漢中争奪についての諫言が当たらなかったことを問題視し、彼を投獄し処刑しようとする。

諸葛亮(しょかつりょう)が上表して減刑を請うたものの、劉備は聞き入れず、張裕を市場で処刑(時期は不明)させた。

だが、のちの魏氏(ぎし。魏の曹丕〈そうひ〉)の即位や劉備の崩御は、みな張裕の話していた時期に起きたのだった。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると張裕は観相術にも通じていたそうで、いつも鏡に自分の顔を映しては、自身が刑死する運命であることを見て取り、鏡を地面にたたきつけていたという。何でも予測できる能力も、こうなると善しあしですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】