孫氏(そんし)E ※孫恭(そんきょう)の娘、孫綝(そんりん)の従姉、全尚(ぜんしょう)の妻

【姓名】 孫氏(そんし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第113回で初登場。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫恭(そんきょう)の娘

父は孫恭だが、母は不詳。孫峻(そんしゅん)は弟。

孫氏は全尚(ぜんしょう)に嫁ぎ、息子の全紀(ぜんき)と娘の全氏(ぜんし。孫亮〈そんりょう〉の皇后〈こうごう〉)を儲けた。

『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫綝伝〈そんりんでん〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く虞溥(ぐふ)の『江表伝(こうひょうでん)』には以下のようにある。

「258年9月、孫亮は全紀を召し寄せ、孫綝を誅殺する計画を進めていることを打ち明け、父の全尚にも詔(みことのり)を伝えるよう命じた。その際、全紀の母である孫氏には決して事を漏らさないよう注意を促した」

「全紀が詔を伝えると、全尚は成り行きをよく考えず、この件を妻の孫氏にも話してしまう。孫氏は密かに人を遣り、従弟の孫綝に事態を伝えさせた」

「夜中だったものの、孫綝は兵士を動員して行動を起こし、明け方には宮城を包囲した。孫亮は激怒し、自ら弓を手に出撃しようとしたが、側近や乳母(めのと)らに引き留められた」

「孫亮はため息をついて悔しがり、2日も食事を取らず、皇后の全氏を罵った。『お前の父が間抜けだったから、私の大事を駄目にしてしまった』」

「そこで孫亮はもう一度、全紀を召し寄せようとした。しかし全紀は、『わが父は詔をお受けしながら慎重な行動を取らなかったため、主上に申し訳ないことをした。何の面目があって再びお目通りできよう』と言い自殺した」という。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。

『三国志』(呉書・孫綝伝)では、孫亮が孫綝の誅殺を計画していると孫綝に伝えたのは、孫氏ではなく娘の全氏だったとあります。

これについて孫盛(そんせい)は、『三国志』(呉書・孫亮伝)で「孫亮は若くして聡明だった」と称賛していることを挙げ、「まず孫亮は全紀と相談したはずで、先に全氏に知らせるようなことはしなかったに違いない。『江表伝』が説いている、事が漏れた理由のほうがつじつまが合っている」と述べています。

孫亮は廃位され会稽王(かいけいおう)となりましたが、260年には会稽郡に広まった流言のため候官侯(こうかんこう)に降格されます。その後、孫亮は任地へ向かう途上で自殺(異説もある)しますが、全氏は候官で暮らすことになったそうです。

一方、全尚は一家眷属(けんぞく)を連れて零陵(れいりょう)へ移住したものの、のちに殺害されたとのこと。この孫氏がどこで亡くなったのかイマイチはっきりしませんでした。258年12月に孫綝の一族として処刑されたのか、全尚に付いて零陵へ移住したのか?

ただ、『三国志』(呉書・孫亮全夫人伝〈そんりょうぜんふじんでん〉)の裴松之注に引く張勃(ちょうぼつ)の『呉録(ごろく)』によると、「候官で暮らしていた全氏は、280年に呉が晋(しん)に平定されたあと内地へ戻り、永寧(えいねい)年間(301~302年)に亡くなった」ということでした。娘の全氏は長生きできたのですね。
「呉の孫氏」収録人物一覧
正史『三国志』(呉書)に伝や付伝の立てられているすべての人物に加え、そのほかに呉の孫氏と関わりが深かった人物についても個別の記事を作って採り上げました。姓名の左にあるのは、正史『三国志』の収録状況です。「★」…本紀(ほんぎ。帝紀...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事(広告を含む)

関連記事(広告を含む)

人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました