孫堅(そんけん)

【姓名】 孫堅(そんけん) 【あざな】 文台(ぶんだい)

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 156?~192年?(37歳?)

【吉川】 第012話で初登場。
【演義】 第002回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・孫堅伝』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

呉(ご)の孫権(そんけん)の父

父母ともに不詳。孫羌(そんきょう)は同母兄で、孫静(そんせい)は弟。

跡を継いだ孫策(そんさく)を始めとして、孫権・孫翊(そんよく)・孫匡(そんきょう)・孫朗(そんろう。孫仁〈そんじん〉)という5人の息子を儲けた。また、娘の孫氏は蜀(しょく)の劉備(りゅうび)に嫁いだものの、のちに呉へ戻った。

229年4月に孫権が呉の帝位に即いた際、武烈皇帝(ぶれつこうてい)と諡(おくりな)された。

主な経歴

-156年(もしくは155年)-
この年、誕生。

-172年(もしくは171年)-
17歳のとき、父とともに銭唐(せんとう)へ出かけた際、たまたま出くわした海賊の胡玉(こぎょく)らを機転を利かせて追い散らした。このことで名が知られるようになり、役所から召されて仮尉(かりのい)に任ぜられた。

この年、会稽(かいけい)の許昌(きょしょう)と息子の許昭(きょしょう。許韶)が、句章(こうしょう)で反乱を起こした。このとき孫堅は郡の司馬(しば)として武芸に優れた1千余人を集め、州郡の兵とともに反乱の鎮圧にあたる。

功により塩瀆県丞(えんとくけんのじょう)に任ぜられ、数年後には盱眙県丞(くいけんのじょう)に移り、さらに下邳県丞(かひけんのじょう)に移った。

-175年-
この年、息子の孫策が生まれた。

-182年-
この年、息子の孫権が生まれた。

-184年-
3月(2月とも)、黄巾(こうきん)の乱が勃発。朝廷から討伐に派遣された中郎将(ちゅうろうしょう)の朱儁(しゅしゅん)の下で佐軍司馬(さぐんしば)を務める。賊が逃げ込んだ宛城(えんじょう)を攻略した功により別部司馬(べつぶしば)に任ぜられた。

-186年-
この年、車騎将軍(しゃきしょうぐん)を兼任した司空(しくう)の張温(ちょうおん)の参謀として、辺章(へんしょう)・韓遂(かんすい)の討伐に従軍。

張温は天子(てんし)の詔(みことのり)をもって董卓(とうたく)を召し寄せたものの、董卓は到着が遅れたうえ不遜な態度を取った。孫堅は董卓を処刑するよう進言したが、張温は容れなかった。

辺章と韓遂の軍勢は朝廷の大軍が来ると聞き四散。討伐軍は凱旋(がいせん)したが、「まだ敵と対陣していなかった」との意見が出たため、軍功の認定と恩賞の沙汰は行われなかった。

それでも、孫堅が張温に董卓の処刑を進言したという話を聞き、感嘆しない者はいなかった。ほどなく孫堅は議郎(ぎろう)に任ぜられた。

-187年-
この年、区星(おうせい)が長沙(ちょうさ)で反乱を起こしたため、長沙太守(ちょうさのたいしゅ)に任ぜられ鎮圧に向かう。自ら将士をひきいて戦い、ひと月もしないうちに撃破した。

これに続き、区星に呼応して零陵(れいりょう)と桂陽(けいよう)で反乱を起こしていた周朝(しゅうちょう)と郭石(かくせき)も討伐。長沙・零陵・桂陽の3郡における反乱鎮圧の功により烏程侯(うていこう)に封ぜられた。

-189年-
4月、霊帝(れいてい)が崩御(ほうぎょ)し少帝(しょうてい。劉辯〈りゅうべん〉)が即位する。

9月、董卓が少帝を廃し陳留王(ちんりゅうおう)の劉協(りゅうきょう)を帝位に即ける。董卓は朝政を牛耳るようになり、ほしいままに振る舞った。これを受けて各地で董卓討伐の義勇軍が起ち上がり、孫堅も挙兵した。

-190年-
この年、荊州(けいしゅう)へ軍勢を進め、日ごろから無礼な態度を取っていた荊州刺史(けいしゅうしし)の王叡(おうえい)を殺害。

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く張勃(ちょうぼつ)の『呉録(ごろく)』によると、王叡は自殺したという。

さらに南陽(なんよう)へ進み、通知したのに道路が補修されていなかったことや、兵糧が用意されていなかったことなどを責め、南陽太守の張咨(ちょうし)を処刑。

魯陽(ろよう)まで進み袁術(えんじゅつ)と会見。袁術の上表によって破虜将軍(はりょしょうぐん)と豫州刺史(よしゅうのしし)を兼任することになり、魯陽で兵士の訓練にあたった。

梁(りょう)の東へ軍営を移したあと、董卓の大軍が攻め寄せる。数十騎とともに包囲を突破し間道づたいに逃げ延びたが、これには孫堅愛用の幘(さく。頭巾の一種)を代わりにかぶった祖茂(そぼう)の機転があった。

再び兵をまとめ董卓軍を陽人(ようじん)で大破。董卓配下の都尉(とい)の華雄(かゆう)らを斬った。その後、董卓の官職をちらつかせた和睦要請を一蹴し、軍勢を洛陽(らくよう)まで90里(り)の大谷(たいこく)へ進める。

董卓は長安(ちょうあん)への遷都を強行(2月のこと)し、ほどなく洛陽を焼き払えとの命を下していた(3月のこと)。孫堅は洛陽への入城を果たすと、董卓に荒らされた歴代の皇帝の陵墓を修復。その作業を終えると魯陽へ戻った。

本伝の裴松之注に引く韋昭(いしょう)の『呉書(ごしょ)』によると、このとき孫堅は、軍勢を留めていた洛陽城南の甄官井(しんかんせい。井戸)から伝国璽(でんこくじ)を得たという。

-192年(もしくは191年)-
この年、袁術の命を受け荊州の劉表を攻める。劉表配下の黄祖(こうそ)を樊城(はんじょう)・鄧城(とうじょう)付近で撃破し、敗軍を追い漢水(かんすい)を渡った。

そのまま襄陽(じょうよう)を包囲したものの、郊外の峴山(けんざん)を単騎で駆けていた際、黄祖配下の兵士が放った矢が当たり亡くなった。

本伝の裴松之注に引く張勃の『呉録』によると、このとき37歳だったという。なお孫堅の死については、その時期も含め異説が多い。

管理人「かぶらがわ」より

孫堅の没年が192年なのか191年なのか、イマイチはっきりしません。かなり名の知れた大物なのに不思議な感じがします。

本伝の冒頭部分では「(孫堅は)おそらく孫武(そんぶ。孫子〈そんし〉。春秋〈しゅんじゅう〉時代の人。『孫子〈呉孫子兵法〉』で有名)の子孫なのだろう」とありましたが、これはどうみればいいのでしょうか?

孫堅や孫策は勇敢さや用兵の巧みさが目立つので、まったく根拠がないとは言えないか。劉備が前漢(ぜんかん)の景帝(けいてい)の末裔(まつえい)だというのと似たようなものかも?

孫堅の経歴を見ていくとやはり軍功が多いです。学識のほうはよくわかりませんが、息子たちのデキからすると力強い父親だったことが想像できますね。

ただ、軽率なところもあったようで――。黄祖の配下に射殺されたのか、呂公(りょこう)の配下が落とした石が当たって死んだのかはともかく、実にあっけない最期でした。
「呉の孫氏」収録人物一覧
呉(ご)の孫権(そんけん)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました