韓宣(かんせん)

【この記事をシェアする】

【姓名】 韓宣(かんせん) 【あざな】 景然(けいぜん)

【原籍】 勃海郡(ぼっかいぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

曹植(そうしょく)との偶然の出会いから、思いがけない形で曹丕(そうひ)に認められる

父母ともに不詳。

韓宣は小柄な人だったという。建安(けんあん)年間(196~220年)、曹操(そうそう)に召されて「丞相軍謀掾(じょうしょうぐんぼうえん)」となったものの、特に仕事もないまま鄴(ぎょう)で暮らした。

曹操が「丞相」を務めていた期間は208~220年。

あるとき鄴の宮中に出入りした際、東掖門(とうえきもん)の内で臨菑侯(りんしこう。214~221年)の曹植と出会う。ちょうど雨が降ったばかりで地面にぬかるみがあった。

韓宣は曹植を避けようとしたが、水たまりに遮られ進めない。そこで扇で顔を隠し、道端にジッとしていた。

曹植は韓宣が立ち去らないうえに礼も執らないので、腹を立て車を止める。そして侍臣を遣り官職を尋ねさせ、彼が「丞相軍謀掾」だと聞くと、とがめて言った。

「お前は『列侯(れっこう)』の邪魔をしてもよいのか?」

これに韓宣が応えた。

「『春秋(しゅんじゅう)』の建前では、王の直臣は身分が卑しくとも諸侯の上に位置します。丞相の属官が田舎の諸侯に礼を執るなど聞いたことがありません」

曹操が「魏王」の位にあったのは216~220年。

さらに曹植が言った。

「たとえお前の言う通りだとしても、人の父に仕えておるなら、その子に会えば礼を執るべきではないか?」

また韓宣が応えた。

「礼においては臣と子は同格です。それに私のほうが年上ですから……」

曹植は韓宣をやり込められず、そのまま立ち去る。この話を王太子(おうたいし。217~220年)の曹丕に詳しく語り、弁の立つ奴だと評した。

曹丕の黄初(こうしょ)年間(220~226年)、韓宣は「尚書郎(しょうしょろう)」を務めていたが、職務上の件で罰を受けることになり、殿前で縄を掛けられ杖(じょう)打ちを待っていた。

そこへ曹丕の車が通りかかり、「この者は誰か?」と下問する。名を聞くと、曹丕は以前に曹植が言っていたことを思い出し、特に許して縄を解かせた。

のちに韓宣は地方へ出て「清河太守(せいかのたいしゅ)」や「東郡太守(とうぐんのたいしゅ)」を務め、曹叡(そうえい)の時代(226~239年)には「尚書・大鴻臚(だいこうろ)」まで昇進し、数年後に死去(時期は不明)した。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・裴潜伝〈はいせんでん〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』によるもの。

そこには韓宣を「有能と無能の中間にあった」と評する記事があり、「それでもよく自分を抑え、人を許した」ともありました。

ただ、韓宣の前に韓曁(かんき)が「大鴻臚」を務めていたという記事についてはイマイチよくわかりません。韓曁は226~233年に「太常(たいじょう)」を務めており、病気で辞職した後に「太中大夫(たいちゅうたいふ)」に任ぜられたということでした。

そして238年に「司徒(しと)」に就任していますが、このとき80歳を超えていたそうです。「司徒」になる前、韓曁は「大鴻臚」を務めた期間があったということでしょうか?

本筋から逸れてしまいましたが……。もし韓宣が雨上がりに曹植と出会っていなければ、九卿(きゅうけい)まで昇らなかったかもしれませんね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】