司馬岐(しばき)

【この記事をシェアする】

【姓名】 司馬岐(しばき) 【あざな】 ?

【原籍】 河内郡(かだいぐん)温県(おんけん)

【生没】 ?~?年(35歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・司馬芝伝(しばしでん)』に付された「司馬岐伝」あり。

難事案を1日で解決の実力も、寵臣を非難し自ら辞職

父は司馬芝。母は不詳だが、董昭(とうしょう)の姪だという。息子の司馬肇(しばちょう)は跡継ぎ。

司馬岐は死去(時期は不明)した司馬芝の跡を継ぎ、「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられた。「河南丞(かなんのじょう)」から「廷尉正(ていいせい)」に転じ、「陳留国相(ちんりゅうこくのしょう)」に昇進。

このころ梁郡(りょうぐん)で拘置されている囚人がおり、事件の関係者が大勢いたため数年経っても判決は出なかった。詔(みことのり)により、この裁判が司馬岐の管轄下にある県へ移される。

県ではあらかじめ刑具を用意したいと申し出たが、司馬岐は言った。

「いま数十人の囚人がいるが、すでにごまかしも効きにくくなっている。そのうえこれまでの苦痛でやりきれなくなっているから、容易に事実は判断できよう。これ以上、牢獄に長くいたい道理があろうか?」

こうして囚人を引き出し問いただしたが、みな隠したりごまかしたりせず、わずか1日で決着がついた。司馬岐は「廷尉」に抜てきされる。

当時は大将軍(だいしょうぐん。238~249年)の曹爽(そうそう)が権力を握っており、尚書(しょうしょ)の何晏(かあん)とトウ颺(とうよう。登+阝)らがその手足として動いていた。

あるとき圭泰(けいたい)が、曹爽の考えに逆らう言葉を吐いたかどで、取り調べを受けて廷尉に拘置される。トウ颺は尋問に同席したうえ重い刑に処そうとした。

司馬岐はトウ颺の態度を非難し、個人的な怒りの感情のまま振る舞い、無実の者を陥れようとしていると指摘。トウ颺は恥ずかしさと腹立ちのあまり退席する。

だが司馬岐も、このまま在任すればとがめを受けると心配し、病気を理由に辞職。その後、家にこもって1年も経たないうちに死去(時期は不明)。このとき35歳だったという。息子の司馬肇が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

父の司馬芝の真っすぐなところをよく受け継いだ感じのする司馬岐。

生没年がはっきりしないのに享年だけ記してあるのが微妙な感じですけど……。辞職から1年しないうちに亡くなったのなら、病気とまで言えずとも、以前から体調が優れなかったのかもしれません。

なお、息子の司馬肇は晋代(しんだい)でも活躍。縁戚関係が遠かったようなので「王」とはいかないものの、晋の帝族には違いないですからね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】