劉整(りゅうせい)

【この記事をシェアする】

【姓名】 劉整(りゅうせい) 【あざな】 ?

【原籍】 ?

【生没】 ?~253年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

魏(ぎ)への忠義を貫いた兵士

父母ともに不詳。

253年、呉(ご)の太傅(たいふ)の諸葛恪(しょかつかく)に合肥新城(ごうひしんじょう)が包囲されたとき、劉整は鎮東将軍(ちんとうしょうぐん)の毌丘倹(かんきゅうけん)の配下にある一兵士だった。

戦いの途中、劉整は城外の味方に情報を伝えるための使者として遣わされる。ところが城外へ出た後で呉軍に捕らえられてしまう。ありのまま白状すれば命を助けてやると言われたが、劉整は彼らを罵倒し続け、口を割らなかったため殺された。

翌254年、毌丘倹の上言により劉整の功が評価され、「関中侯(かんちゅうこう)」の爵位を追贈されたうえ兵士の名簿から外される。また、息子が爵位を継ぐことも認められ、部曲将(ぶきょくしょう。部隊長)が戦死した際の定めに従うことになったという。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・斉王紀〈せいおうぎ〉)によるもの。『三国志』には功績により一躍○○になる、という例がたびたび見られますが、劉整の場合は「一兵士」から「関中侯」ということなので、まさにこれに当てはまりますね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】