劉先(りゅうせん)

【この記事をシェアする】

【姓名】 劉先(りゅうせん) 【あざな】 始宗(しそう)

【原籍】 零陵郡(れいりょうぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第145話で初登場。
【演義】 第040回で初登場。
【正史】 登場人物。

私の目に映る者、みな群凶です

父母ともに不詳。周不疑(しゅうふぎ)は甥(母の姉妹の息子)。

劉先は博学で記憶力に優れ、老荘の学を好み、漢朝(かんちょう)の故実にも習熟していたという。荊州牧(けいしゅうぼく)の劉表(りゅうひょう)に仕えて「別駕(べつが)」を務めていたとき、上表文を携えて許(きょ)へ赴き曹操(そうそう)と会見する。

大勢の賓客が居並ぶ中、曹操が、以前に劉表が郊外で天を祭ったことについて尋ねると、劉先はこう答えた。

「劉牧(荊州牧の劉表)は漢室に肺腑(はいふ)を託され、『州牧』の位にお就きです。ところが王道はいまだ安定せず、凶悪な者どもに道路をふさがれており、献上すべき宝玉や絹織物を抱えたまま、上奏文を書いてもお届けすることができません。そのため天と地を祭り真心をお示しになったのです」

重ねて曹操が「凶悪な者どもとは誰のことか?」と尋ねると、再び劉先が答えた。

「私の目に映る者みなそうです」

さらに曹操が軍事力を誇示して圧力をかけたところ、劉先は、その態度を古代の蚩尤(しゆう)や智伯(ちはく)に例えて皮肉る。これを聞いた曹操は黙り込んでしまったという。劉先は「武陵太守(ぶりょうのたいしゅ)」に任ぜられ荊州へ戻る

「蚩尤」は黄帝(こうてい)に対し反乱を起こした末、諸侯によって滅ぼされた人物。

「智伯」は春秋(しゅんじゅう)時代の人。趙襄子(ちょうじょうし)らによって殺された。

199年、曹操と袁紹(えんしょう)が官渡(かんと)で対峙(たいじ)すると、袁紹は劉表に救援を求める使者を遣わす。劉表は要請を承諾しながらも進発せず、逆に曹操の支援もせず、荊州を保ったまま天下の形勢の変化を傍観しようとした。

劉先や従事中郎(じゅうじちゅうろう)の韓嵩(かんすう)は、現状で中立の立場を取り続けることは不可能とし曹操への帰順を勧める。重臣の蒯越(かいえつ)も同様に勧めたものの、劉表は迷って決心がつかない。

結局、韓嵩が劉表の命を受け許へ赴き、曹操の実情を探ってくることになった。韓嵩は「侍中(じちゅう)・零陵太守」に任ぜられ荊州へ戻ると、曹操の威徳について報告。そのうえ劉表に、御子を人質として送られたほうがよいとも勧める。

これを聞いた劉表はひどく腹を立て、韓嵩や許へ同行した者を処刑しようとした。たが、劉表の妻の蔡氏(さいし)が執り成したため、韓嵩は処刑を免れ拘禁される。

208年7月、曹操が軍勢をひきいて南下を開始し、荊州の攻略に乗り出す。

同年8月、劉表が病死。長男の劉キ(りゅうき。王+奇)を差し置き、次男の劉ソウ(りゅうそう。王+宗)が跡を継ぐ。ところが、ほどなく劉ソウは曹操に帰順。劉先は漢の「尚書(しょうしょ)」となり、のち魏(ぎ)の「尚書令(しょうしょれい)」となった。その後の劉先については記事がない。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・劉表伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『零陵先賢伝(れいりょうせんけんでん)』によるもの。

劉先が曹操と許で会見した件については、韓嵩が許へ赴いた前なのか後なのか、イマイチよくわかりませんでした。劉表が郊外で天を祭ったというのが、いつのことだったのかわかるといいのですけど……。

まぁ、曹操の脅しに屈しなかった劉先は肝が据わっていると思います。と同時に、劉先の皮肉を聞かされて短気を起こさない曹操にも、やはり器の大きさを感じました。この時代、降伏する側もそれを受け入れる側も、気持ちの切り替えが早いですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】