吉川版『三国志』の考察 第145話 「一帆呉へ下る(いっぱんごへくだる)」

劉備(りゅうび)は曹操(そうそう)の追撃をかわし江夏城(こうかじょう)に入ったが、そこへ孫権(そんけん)配下の魯粛(ろしゅく)が訪ねてくる。

諸葛亮(しょかつりょう)は心配する劉備をなだめて許しを得ると、呉へ帰国する魯粛に同行し、自ら孫権の説得にあたろうとした。

第145話の展開とポイント

(01)漢江(かんこう。漢水〈かんすい〉)の渡口(わたし)

劉備(りゅうび)は、なお追ってくる曹操軍(そうそうぐん)のために進退窮まり、観念するしかないような状況に陥っていた。

ところが、ここに一陣の援軍が現れる。先に命を受け江夏(こうか)へ行っていた関羽(かんう)が、劉キ(りゅうき。王+奇)から1万の兵を借りることに成功。夜を日に継いで駆けつけ、漢江の近くでようやく追いついたものだった。

関羽(と孫乾〈そんけん〉)が援軍を頼みに行ったことについては、先の第141話(06)を参照。

(02)漢江

劉備らは関羽が調えた船に乗り、危うい岸を離れる。その時、江上一面に鬨(とき)の声や鼓の音が起こり、河波を上げながら近づいてくる船列があった。しかしこれは敵ではなく、江夏城から来た劉キの船団だった。

さらに数里(すうり)を行くと諸葛亮(しょかつりょう)や孫乾の船団も合流。劉備は劉キの進言を容れ、ひとまず江夏城へ入ることにする。先に関羽に5千の手勢を付け、異変がないことを確かめさせた後、劉備や諸葛亮、劉キらが前後して入城した。

長蛇を逸し去った曹操は、各地に散開した追撃軍を漢水のほとりに糾合。江陵城(こうりょうじょう)を奪い一部の兵を留めると、すぐに荊州(けいしゅう)へ引き返した。

(03)荊州(江陵)

荊州は「トウ義(とうぎ。登+阝)」や「劉先(りゅうせん)」などという亡き劉表(りゅうひょう)の旧臣が守っていた。

すでに幼主の劉ソウ(りゅうそう。王+宗)は殺されたうえ襄陽(じょうよう)も陥ち、軍民すべて曹操に服してしまっていたので、城門を開きことごとく降伏した。

参考文献に挙げた井波版『三国志演義』の訳者注によると、「(ここでいう『荊州』は)正しくは『江陵』」だという。

劉ソウが殺されたことについては、先の第141話(10)を参照。

曹操は荊州に居座り、いよいよ対呉(ご)政策に乗り出す。

井波版『三国志演義』(第42回)では、ここで曹操が獄中の韓嵩(かんすう)を釈放し「大鴻臚(だいこうろ)」に任じたとあった。吉川版『三国志』ではこの件に触れていなかったが、韓嵩が劉表によって投獄されたことは、先の第92話(03)に見えている。

荀攸(じゅんゆう)に書かせた檄文(げきぶん)を送りつけるとともに、総勢83万の大軍を号して100万と唱え、西は荊陝(けいせん)から東は蘄黄(きこう)にわたる300里の間、煙火連々と陣線を引き呉の境を威圧。

井波版『三国志演義』(第42回)では「西方は荊・峡(きょう)に連なり、東方は蘄・黄に続くなど……」となっていた。

このことについて参考文献に挙げた井波版『三国志演義』の訳者注によると、「『荊』は荊州(湖北省〈こほくしょう〉江陵市)、『峡』は峡州(湖北省宜昌市〈ぎしょうし〉)、『蘄』は蘄州(湖北省蘄春市〈きしゅんし〉)、『黄』は黄州(湖北省黄岡県〈こうこうけん〉)(を指す)」という。

(04)柴桑(さいそう)

このとき孫権(そんけん)は、隣境の変に万一があるのを恐れ柴桑城まで来ていた。ただならぬ形勢になってきたので魯粛(ろしゅく)に意見を求める。

すると魯粛は、劉表の喪を弔うという名目で自ら荊州への使いに立つと言った。その帰途、密かに江夏の劉備と対面してよく利害を説き、彼に援助を与える密約を結んでくるのだとも。

井波版『三国志演義』(第42回)では、魯粛は(〈荊州からの〉帰途ではなく、初めから)江夏へ弔問に行くと言っている。

(05)江夏

諸葛亮は、今にきっと呉から使者が来るに違いないと言っていた。

その時は自ら呉へ下り、三寸不爛(さんずんふらん)の舌を振るい孫権と曹操を戦わせる。江夏の味方はそのいずれにも拠らず、一方の敗れるのを見てから、遠大にしてなお万全な大計の道を採れるようにしてみせるという。

このように聞いても人々は釈然とせず、むしろ不安にさえなる。ところが数日後、本当に魯粛が江夏を訪ねてきた。

賓閣へ迎えられた魯粛は劉キに弔慰を述べ、劉備には礼物を贈り、まずは型のごとき使節ぶりを見せる。

誤用と言うほどではないと思うが、ここは「弔意を述べ」としたほうがいいかも?

後堂での酒宴に移ると曹操の実力について尋ね始めるが、劉備はそらとぼけて答えない。これは諸葛亮の忠告によるものだった。

やがて諸葛亮も呼ばれて同席すると、魯粛は、交渉次第では主君の孫権が動かないこともないと言い、諸葛亮が呉へ使いをされたらどうかと勧める。

諸葛亮は心配する劉備をなだめて許しを仰ぐ。そして数日後には、魯粛とともに下江の船に乗ることを得た。

井波版『三国志演義』(第42回)では、諸葛亮が魯粛に、劉備は昔なじみで蒼梧太守(そうごたいしゅ)の呉臣(ごしん。正しくは「呉巨〈ごきょ〉」)のもとへ身を寄せようと考えていると話していた。だが、吉川版『三国志』ではこのことに触れられておらず、「呉臣(呉巨)」も使われていない。

管理人「かぶらがわ」より

州治(州の役所が置かれた場所)のことを「○州城」などと呼ぶ慣習が面倒くさいです。荊州の州治たる「襄陽城」でいいじゃないかと……。

さらに時代によっては荊州に(各国が置いた)複数の州治があったりして、ややこしさが増しますよね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】