吉川『三国志』の考察 第040話 「人間燈(にんげんとう)」

もはや自身が帝位に即くことを疑わない董卓(とうたく)だったが、長安(ちょうあん)への道中では立て続けに不吉な現象を目にする。

しかし、そのつど偽勅使役の李粛(りしゅく)に言いくるめられ、とうとう長安の市街に入った。丞相府(じょうしょうふ)で一泊した翌朝、董卓は意気揚々と宮殿へ向かうが――。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第040話の展開とポイント

(01)長安(ちょうあん)へ向かう董卓(とうたく)

董卓は、李粛(りしゅく)がもたらした帝位を譲るとの詔(みことのり)を真に受け、郿塢(びう)から長安へと向かっていた。

だが、10里(り)ほど進んだところで車の輪が折れたり、さらに6、7里来たところで馬が暴れて轡(くつわ)を切るなど、不可解なことが続く。

董卓が怪しんで尋ねると、李粛は気にかけることはないと言い、董卓が帝位に即くことで、旧(ふる)きを捨て新しきに代わる吉兆だと解釈してみせる。

途中で一泊し、翌日は長安へ入ることになっていたが、その日は珍しく霧が深く、車列が出発するころから狂風が吹きまくり、天地は昏々(こんこん)と暗かった。

董卓は事ごとに気に病み、この天相について尋ねる。すると李粛は紅光紫霧の賀瑞だと言い納得させた。

(02)長安

やがて長安の外城を通り市街へ入ると、民は軒を下ろして道にかがまり、頭を動かす者もいない。

ここで出てきた「軒を下ろして」という表現はよくわからかった。

そして、王城の門外には百官が列を成して出迎えていた。王允(おういん)・淳于瓊(じゅんうけい)・黄琬(こうえん)・皇甫嵩(こうほすう)らも道のそばに拝伏し慶賀を述べ、臣下の礼を執る。董卓は大得意になり、車を丞相府(じょうしょうふ)へ向かわせた。

(03)長安 丞相府

董卓は翌日に参内することにし、この日は休憩して誰にも会わなかったが、王允だけには会って賀を受けた。また、呂布(りょふ)が常のように戟(げき)を抱えて室外に立ち、夜もすがら忠実に護衛した。

ようやく董卓が眠りかけたころ、遠く深夜の街から子どもらのうたう童歌が聞こえる。風に漂ってくる哀切な調子が耳についたので、帳(とばり)の外にいた李粛を呼んだ。

童謡が不吉なものではないかと聞かれた李粛。漢室(かんしつ)の運命の終わりを暗示しているのだから不吉なはずだと、でたらめな解釈を加えて安心させる。

(04)長安

翌朝、董卓は斎戒沐浴したうえで儀仗(ぎじょう)を整え、昨日に勝る行装を凝らし、朝霧の薄く流れている宮門へ向かって進む。

すると、一旒(いちりゅう)の白旗を担ぎ青い袍(ほう)を着た道士が、ひょっこり道を曲がって隠れる。その白旗には「口」の字がふたつ並べて書いてあった。

『三国志演義(1)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第9回)では、黒い袍(うわぎ)に白い頭巾(ずきん)をかぶった道士だったとある。

また董卓が問うと、李粛は気の狂った祈とう師だと答えた。

「口」の字をふたつ重ねると「呂」の字になる。董卓は鳳儀亭(ほうぎてい)で貂蟬(ちょうせん)と密会していた呂布の姿を思い出し、嫌な気持ちになった。

もうその時、儀仗の先頭は宮中の北掖門(ほくえきもん)に差しかかっていた。

呂布と貂蟬が鳳儀亭で密会していたことについては、先の第38話(02)を参照。

(05)長安 内裏(天子〈てんし〉の宮殿)

禁門(宮門)の掟(おきて)なので儀仗の兵士たちをすべて北掖門に留め、そこから先は20人の武士に車を押させ禁廷(宮中)へと進む。

董卓は、殿門の両側に剣を執り立っている王允と黄琬を見つけ、付き従う李粛に理由を問いただした。

李粛は大声で答える。「されば閻王(えんおう。閻魔大王〈えんまだいおう〉)の旨により、太師(たいし。董卓)を冥府(めいふ)へ送らんとて、はや迎えに参っているものと覚えたりっ!」

仰天した董卓が膝(ひざ)を起こそうとすると、李粛はかけ声を発し車を前へ押し進めた。王允の合図で御林軍(ぎょりんぐん。近衛軍)の勇兵100余人が駆け集まり、車をひっくり返して董卓を中から引きずり出すと、無数の戟で滅多打ちにした。

しかし用心深い董卓は、刃も通さない鎧(よろい)や肌着で身を固めていたので、なお致命傷には至らなかった。

董卓が大地に転がりながら呂布を呼ぶと、呂布は画桿(がかん。柄の部分に彩画が施されている?)の大戟(おおほこ)を手に眼前に躍り立ち、「勅命により逆賊董卓を討つ!」と叫ぶや否や真っ向から斬り下げた。

この戟は逸(そ)れ、右臂(みぎひじ)を根元から斬り落としただけになったが、続いて呂布はその胸元をつかみ喉(のど)を刺し貫いた。

やがて董卓の誅殺が知れ渡ると、誰からともなく万歳の声が上がる。文武百官から厩(うまや)の雑人(ぞうにん)や衛士に至るまで、みなで万歳を唱え合い、そのどよめきは小半時(およそ1時間近く)ほど鳴りやまなかった。

董卓このとき54歳。初平(しょへい)3(192)年壬申(みずのえさる)、4月22日の真昼の出来事だった。

呂布が李儒(りじゅ)を捕らえるよう言うと、李粛が兵をひきいて丞相府へ向かった。だが、彼が丞相府へ入らないうちに、一団の武士に囲まれた李儒が引きずり出されてくる。王允はただちに首を刎(は)ね、街頭にさらさせた。

さらに郿塢の董卓一族を掃討してくれる者を募ると、呂布が真っ先に立ち上がる。王允は呂布に加え李粛と皇甫嵩にも兵を授け、総勢3万余騎を郿塢へ向かわせた。

井波『三国志演義(1)』(第9回)では、呂布・李粛・皇甫嵩が5万の兵をひきいて郿塢へ向かったとある。

(06)郿塢

郿塢には郭汜(かくし)・張済(ちょうさい)・李傕(りかく)らが1万余の兵を擁して留守を護っていたが、董卓が殺されたとの飛報を聞くとみな涼州(りょうしゅう)方面へ落ちてしまう。

最初に城中に乗り込んだ呂布は、何者にも目もくれず貂蟬の姿を捜した。後堂の一室で彼女を見つけ、董卓を殺したことを伝える。そして、すぐに乱軍の中を駆け出し長安へ連れ帰った。

城内に皇甫嵩や李粛の兵がなだれ入ると、殺戮(さつりく)、狼藉(ろうぜき)、放火、奪財、あらゆる暴力を抵抗なき者へ下していく。90幾歳という董卓の老母を始め、わずか半日の間に誅殺された董卓一族は男女1,500余人にも上った。

城内の金蔵にあった黄金23万斤(きん)と白銀89万斤を始め、ほかの庫内から見つかった金繡(きんしゅう。金糸の縫い取りのある布?)綾羅(りょうら。模様を織り出した絹と薄い絹)や珠翠(しゅすい。真珠と翡翠〈ひすい〉)珍宝が、続々と長安へ運ばれる。

また800万石(せき)という大量の米粟(べいぞく)は、王允の命により半分が民に施され、もう半分が官庫に納められた。

(07)長安

長安の男女は街頭にさらしてあった董卓の首を蹴(け)飛ばし、首のない屍(しかばね)の臍(ほぞ)に蠟燭(ろうそく)を灯し手を叩(たた)いた。

生前、人一倍に肥満していた董卓なので、膏(あぶら)が煮えるのか、臍の灯明は夜もすがら燃え続け、翌朝になっても消えなかったという。

董卓の弟の董旻(とうびん)と兄の子の董璜(とうこう)のふたりも、手足を斬られて市にさらされた。李儒は日ごろから人々に強く憎まれていたため、その最期は誰よりも悲惨なものになった。

李儒についてはすでにこの第40話(05)で首を刎ねられ、街頭にさらされたとあったはずだが――。

こうしてひとまず誅滅のことが片づくと、王允は都堂(朝廷の大会議室)に百官を集め大宴を張る。

この場にひとりの役人から、何者かが董卓の腐った屍を抱き、街路で嘆いているとの報告が届く。命令を受けて捕らえられたのが侍中(じちゅう)の蔡邕(さいよう)だったため、人々はみな驚いた。

蔡邕は忠孝両全の士で、曠世(こうせい。滅多にない珍しいこと)の逸材と言われる学者でもあった。人々はその人物を惜しんだが、王允は獄に下して許そうとしない。そのうちに獄中で何者かに絞め殺されてしまった。

(08)長安 呂布邸

王允が都堂で催した祝宴に、ただひとり呂布だけが顔を見せていなかった。長安の民が七日七晩も踊り狂い、酒壺(しゅこ)を叩いて董卓の死を喜んでいたとき、彼は門を閉じひとり慟哭していた。

郿塢城の炎の中から助け出した貂蟬だったが、彼が再び戦場へ出ていった後、後園の小閣に入り自刃してしまったのだ。

井波『三国志演義(1)』(第9回)では貂蟬が自刃したという展開になっていない。

貂蟬が自殺した理由がわからず、苦悩する呂布。

その後、彼女の肌に秘められていた鏡囊(かがみぶくろ)を何気なく解いてみると、中から一葉の桃花箋(とうかせん。詩文や手紙を書く紙のたぐい?)が出てきた。

それには彼女の筆らしい一編の詩が書かれており、詩を解さない呂布ではあったが、何度も読み返しているうちに意味だけはわかった。

ついに彼女の真の目的を悟った呂布は、遺体を後園の古井戸へ投げ込むと、それきり貂蟬のことは考えなかった。

管理人「かぶらがわ」より

暴虐を極めた董卓でしたが、ここでとうとう誅殺されることになりました。

小説の世界では文字どおり体を張った貂蟬の活躍があったわけですが、吉川『三国志』でも詩情豊かに描写されていたと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
(02) 群星の巻 吉川『三国志』
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました