吉川『三国志』の考察 第146話 「舌戦(ぜっせん)」

柴桑(さいそう)に到着した魯粛(ろしゅく)はさっそく登城するが、府堂では曹操(そうそう)から送られた檄文(げきぶん)への対応を巡る協議が続いていた。

その翌日、城内の一閣に招かれた諸葛亮(しょかつりょう)は、そこに集まっていた呉(ご)の重臣たちを次々と論破していく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第146話の展開とポイント

(01)柴桑(さいそう)

諸葛亮(しょかつりょう)と魯粛(ろしゅく)を乗せた船は、やがて長江(ちょうこう)から潯陽江(じんようこう)の入り江に入る。そこからは陸路、西南に鄱陽湖(はようこ)を見ながら騎旅を進めた。

そして柴桑の街に着くと、魯粛はひとまず諸葛亮を客館へ案内し、自身はただちに登城する。府堂では文武百官が集まって大会議中だった。

孫権(そんけん)は魯粛を呼び入れ席を与えると、曹操(そうそう)から送られてきた檄文(げきぶん)を見せた。さらに魯粛は、満座の大半は戦わないほうがいいということに傾いていると聞く。

張昭(ちょうしょう)ほかの重臣たちは、みな口をそろえて不戦論を唱える。孫権はやや疲れを見せ、「衣服を更(か)えてまた聴こう」と席を立ち殿裏へ隠れた。衣を更えるとは休息の意味である。

更衣については先の第123話(03)を参照。

若い孫権はこの言葉に動かされる。消極論には迷いを抱くが、積極論には本能的にも血が高鳴った。

ここで魯粛は、江夏(こうか)から諸葛亮を連れてきたことを話し、親しく意見を聴くよう勧める。そこで孫権はこの日の評議を一応取りやめ、明日また改めて参集するよう諸員に言い渡す。

翌日、柴桑城の一閣には呉(ご)の知囊(ちのう)と英武とが20余人も居並んでいた。諸葛亮は魯粛に導かれ入ってくると、居並ぶ人々にいちいち名を問い、いちいち礼を施してから静かに客位の席へ着く。

一同こもごものあいさつが済むと、まず張昭が皮肉な質問をした。

劉備(りゅうび)どのから三顧の礼をもって迎えられ、魚が水を得たようなものだとまで喜ばれたあなたなのに、その後は荊州(けいしゅう)も取らず、新野(しんや)も追われ、惨めな敗亡を遂げられたのはいったいどういうわけなのかと。

諸葛亮は、新野という僻地(へきち)に兵も兵糧も乏しい中、曹操の大軍の強襲を受けながらも、白河(はくが)での水攻めや博望(はくぼう)での火攻めなど、決して醜い壊走はしていないと反論。

白河での水攻めについては先の第140話(05)を参照。

博望での火攻めについては先の第138話(03)を参照。

吉川『三国志』の考察 第138話 「臨戦第一課(りんせんだいいっか)」
しばらく許都(きょと)で職制改革などに取り組んでいた曹操(そうそう)だったが、新野(しんや)の劉備(りゅうび)が諸葛亮(しょかつりょう)を軍師(ぐんし)に迎え、近ごろ兵馬の調練に励んでいることを聞く。そこでこの邪魔石を取り除いておく...

当陽(とうよう)では一時、惨めな離散を体験したものの、これも主君を慕う数万の百姓老幼が陸続とついてきたため、ついに江陵(こうりょう)へ入ることができなかった結果であり、それもまた主君の仁愛を証するもので、恥なき敗戦とは意義が違うのだと説く。

これを聴いた張昭は沈黙。さしもの彼も、心を取りひしがれたような面持ちに見えた。

「取りひしがれたような」はイマイチ意味がつかめなかった。ひしぐは押しつぶすということだろうから、打ちひしがれるに近い意味合いなのか?

続いて虞翻(ぐほん)が立ち上がり、曹操の大軍への対策を尋ねる。

諸葛亮は、曹操は100万と号しているが、実数は7、80万というところだろうと言い、それも袁紹(えんしょう)や劉表(りゅうひょう)の兵を併せたもので、いわゆる烏合(うごう)の衆。何を恐れるほどなものがあろうかと説く。

虞翻は劉備の惨敗ぶりを持ち出して大言を笑うが、諸葛亮は呉の国政に携わる重臣たちが、主君に降伏を勧めている惰弱、卑劣ぶりを非難。

虞翻が口を閉じると、代わって歩隲(ほしつ。歩騭)が立つ。

そして、蘇秦(そしん)や張儀(ちょうぎ)の詭弁(きべん)を学び、三寸不爛(さんずんふらん)の舌を振るい遊説するために来たのかと問う。

この記事の主要テキストとして用いている新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると「(蘇秦と張儀は)戦国(せんごく)時代に合従連衡(がっしょうれんこう。六国が同盟し、大国の秦〈しん〉に対抗すること)の外交策を説いた縦横家(合従や連衡を説いた人々)」だという。

諸葛亮は、蘇秦と張儀は弁舌のみの人物だったわけではないと言い、曹操の宣伝や威嚇(いかく)に乗ぜられ、たちまち主君に降伏を勧めるような自己の小才をもって推し量り、「蘇秦、張儀のたぐい」などと軽々しく口にする者には、まじめに答える価値もないと一蹴(いっしゅう)する。

歩隲が顔を赤らめてしまうと、薛綜(せつそう)が唐突に問うた。

「曹操とは何者か?」

ここで出てきた薛綜は、先の第135話(01)であざなの敬文(けいぶん)として既出の人物。

いま漢室の政命は尽き、曹操の実力は天下の3分の2を占めるに至り、民心も彼に帰せんとしている。これを賊と言うなら、舜(しゅん)も賊、禹(う)も賊、武王(ぶおう)、秦王(しんおう)、高祖(こうそ)、ことごとく賊ではないかと。

新潮文庫の註解によると「(武王は)周(しゅう)王朝の始祖。殷(いん)を滅ぼした」という。

同じく新潮文庫の註解によると「(秦王は)秦の始祖である始皇帝(しこうてい)。王とするのは貶称(へんしょう)。六国を滅ぼした」という。

同じく新潮文庫の註解によると「(高祖は)漢帝国の始祖である劉邦(りゅうほう)のこと。秦を滅ぼした」という。

諸葛亮は薛綜の意見を叱り、「ご辺(きみ)の言は、父母もなく主君もない人間でなければ言えないことだ」と評する。「人と生まれながら、忠孝の本(もと)をわきまえぬはずはあるまい」とも。

そのうえ「貴下(あなた)は主家が衰えたら、曹操のようにたちまち主君の孫権をないがしろになされるか?」と問い返した。

代わって陸績(りくせき)が論じかける。

相国(しょうこく)の曹参(そうさん)の後胤(こういん)で、漢朝累代の臣である曹操と、中山靖王(ちゅうざんせいおう。劉勝〈りゅうしょう〉)の末裔(まつえい)と称しながら、その生い立ちは蓆(むしろ)を織り履(くつ)を商っていた劉備。これを比べるに、いずれを珠とし、いずれを瓦(かわら)とするか、おのずから明白ではないかと。

ここで出てきた陸績は、先の第135話(01)であざなの公紀(こうき)として既出の人物。

吉川『三国志』の考察 第135話 「呉の情熱(ごのじょうねつ)」
諸葛亮(しょかつりょう)の出廬(しゅつろ)からさかのぼること6年(202年)、許都(きょと)の曹操(そうそう)の使者が着き、孫権(そんけん)に長子を上洛させるよう迫る。対応を決めかねた孫権は母の呉氏の助言に従い、呉城(ごじょう)に重...

諸葛亮は、以前に陸績が袁術(えんじゅつ)の席上で橘(タチバナ。柑子〈コウジ〉の古い名前。蜜柑〈ミカン〉のたぐい)を懐に入れたという話に触れた後、至徳を称えられた周の文王(ぶんおう)や、武王を諫めた伯夷(はくい)と叔斉(しゅくせい)の態度を論じ、今の曹操の行いは、家門が高ければ高いほどその罪は深大なのだと説く。

新潮文庫の註解によると「幼い陸績が袁術の席で、母への孝のため蜜柑を持ち帰った話は『二十四孝(にじゅうしこう)』に記される」という。

主君の劉備については、大漢400年の治乱の間には、必然、多くの門葉や支族も僻地に流寓(りゅうぐう)されており、あえなく農田に血液(血筋)を隠しておられたことが何の歴史の恥になるだろうかと述べ、時が来たって草莽(そうもう)の内より現れ、泥土を去り珠金の質を世に挙げられたことは当然の帰趨(きすう)だとする。

それなのに、履を綯(な)っていたからと卑しみ、蓆を織っていたからと蔑(さげす)むなど、そのような目をもって世を見、人生を見、よくも一国の政事(まつりごと)に参ぜられたものではあると、陸績の意見を非難した。

陸績が胸ふさがり二の句も継げないでいると、代わって厳畯(げんしゅん)が立つ。

ここで出てきた厳畯は、先の第135話(01)であざなの曼才(まんさい)として既出の人物。

「そも、きみはいかなる経典(聖人が著した書物)によってそのような博識になったのか。ひとつその蘊蓄(うんちく)ある学問を聴こうではないか」

諸葛亮は一喝して答える。

「末梢(まっしょう)を論じ枝葉をあげつらい、章句に拘泥して日を暮らすのは世の腐れ儒者の仕業(しわざ)である。何で国を興し民を安んずる大策を知ろう」

すると程秉(ていへい)は「では、文は天下を治むるに無用のものと言われるか?」と反駁(はんばく)。

ここで出てきた程秉は、先の第135話(01)であざなの徳枢(とくすう)として既出の人物。

満座声なく、鳴りを潜めてしまったので、ここで諸葛亮が一問してみる。

「最前からおのおのの声音を通してこの国の学問を察するに、その低調さに憫然(びんぜん)たるものを覚える。この観察にご不平はおありか?」

それに対し、もう誰も立って答える者がなかったとき、沓音(くつおと)高く入ってきた者があった。

管理人「かぶらがわ」より

単身で呉へ乗り込み、まさに三寸不爛の舌を振るう諸葛亮。こういった問答はまとめるのも大変でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (06) 赤壁の巻
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました