吉川版『三国志』の考察 第127話 「徐庶とその母(じょしょとそのはは)」

許都(きょと)へ逃げ帰った曹仁(そうじん)と李典(りてん)から、劉備(りゅうび)に大敗するまでの経緯を聴き取る曹操(そうそう)。

新たに劉備の「軍師(ぐんし)」になったという「単福(たんふく)」こと徐庶の影響が大きいと判断し、程イク(ていいく。日+立)の献策を容れ徐庶の老母を迎えに行かせる。

第127話の展開とポイント

(01)許都(きょと) 丞相府(じょうしょうふ)

河北(かほく)の広大を併せて遼東(りょうとう)や遼西(りょうせい)からも貢ぎせられ、許都は年々の殷賑(いんしん)に拍車をかけ、名実ともに中央の府たる偉観と規模の大を具備してきた。

やがて曹仁(そうじん)と李典(りてん)が地に拝伏し、劉備(りゅうび)との数度の合戦に打ち負けた様子をつぶさに報告する。

だが、聞き終えた曹操(そうそう)は一笑の下に、「勝敗は兵家の常)だ」と言い責任を問わず、とがめもしなかった。

それでも、戦巧者(いくさこうしゃ)の曹仁の画策をことごとく撃砕し、鮮やかに裏をかいた敵の手並みだけが腑(ふ)に落ちない。

このことを尋ねると曹仁は、今回の戦には「単福(たんふく)」と申す者が新たに劉備の「軍師(ぐんし)」として参加していたようだと答える。

曹操が、単福を知る者はいるかとみなに問うと、ひとり程イク(ていいく。日+立)が笑いだす。程イクは、「単福」が「徐庶(じょしょ)」の変名であることを明かし、その人柄や学識についても聞き知っているところを話した。

ここで程イクは(同じ)潁上(えいじょう)の産という縁故で、単福(徐庶)のことをよく知っていると言っていた。徐庶は潁川郡(えいせんぐん)の出身だが、程イクは東郡(とうぐん)東阿県(とうあけん)の出身である。確かに両郡はそれほど離れてはいないが、「(同じ)潁上の産」とまでは言えない気がする。

ちなみに井波版『三国志演義』(第36回)でも程イクが単福の素性を明かしていたが、そこでは「同じ潁上の産という縁故」だとは言っていなかった。

また『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・諸葛亮伝〈しょかつりょうでん〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』によると、「徐庶は初めの名を『徐福(じょふく)』と言った」という。

加えて参考文献に挙げた正史『三国志』の訳者注(井波律子〈いなみ・りつこ〉氏)によると、「原文『本単家子』。『単家』は寒門と同じく権勢のない家柄の意味だが、明代(みんだい)の小説『三国演義』では勘違いして『単という家の子』と読み、『単』を姓としている」という。

曹操は、徐庶が劉備に召し抱えられてしまったことを惜しがるが、程イクは、その嘆声はまだ早いと言う。程イクは、徐庶は幼少のころに父を失い、今はひとり老母がいるだけだと話す。

その老母は(徐庶の)弟の徐康(じょこう)の家にいたが、近ごろ彼も夭折(ようせつ)したので、朝夕親しく孝養する者がいないのだと。

そういう事情があるので、人を遣り懇ろに老母を呼び寄せ、丞相(曹操)から親しく諭され老母をして迎えるようになされば、孝子の徐庶は夜を日に継いで都へ駆けてくるだろうとも。

そこで曹操が書簡を遣わすと、日を経て徐庶の母が都へ迎え取られてくる。使者の丁重さや府門での案内など、下へも置かない扱いだった。

やがて曹操が群臣を従えて現れ、わが母を拝するように徐庶の母をねぎらう。そして、息子の徐庶が「単福」と変名し、新野(しんや)の劉備に仕えていることに触れ、手紙を書きこちらへ招くよう勧める。

すると、老母は初めて口を開いて言った。

自分はご覧の通りの田舎者で世のことは何もわきまえないが、劉玄徳(りゅうげんとく。「玄徳」は劉備のあざな)という御方のうわさは、木を切る山樵(やまがつ)でも田に牛を追う爺(じい)でもよく口にしていると。

曹操が何と言うているかと聞き返すと、さらに老母が答える。

「劉皇叔(りゅうこうしゅく。天子〈てんし〉の叔父にあたる劉備)こそ、民のために生まれ出てくださった当世の英雄じゃ、誠の仁君じゃ」と言っているのだと。

曹操は、劉備は涿郡(たくぐん)に生まれた匹夫だとし、地方民を騙(だま)しては、彼らを苦しめて歩く流賊のたぐいにすぎないと言う。

なお老母は劉備を称えるが、曹操は徐庶に手紙を書くよう再び迫る。

老母は頑として拒み、いかに草家の媼(おうな)とて順逆の道ぐらいは知っていると言う。漢(かん)の逆臣とはすなわち丞相さま、あなた自身ではないかと。そして、目の前に押しつけられていた筆を庭へ投げ捨てる。

激怒した曹操が、斬れと呶号(どごう)して突っ立つと、とたんに老母の手は硯(すずり)をつかみ、彼に向かって投げつけた。

重ねての呶号に武士がドッと寄り、老母の両手を高く拉(らっ)する。だが、老母は自若として騒がず、いよいよ曹操は業を煮やし自ら剣を握った。

程イクは間に立ってなだめ、老母が丞相を罵ったのは自分から死を求めている証拠だと言う。彼女を大切に養っておけば、徐庶も思うままに敵対できないとも。

曹操は任せることにし、程イクは徐庶の母を屋敷へ連れ帰る。

(02)許都 程イク邸

程イクは実の母に仕えるように朝夕の世話をした。徐庶の母は贅美(ぜいび)を嫌い、家族にも遠慮がちに見えるので、別に近くの閑静な一屋に移して安らかに住まわせる。

程イクが折々に珍しい食べ物や衣服などを届けさせるので、老母も親切にほだされ、たびたび礼状などを返してきた。

程イクは手紙を丹念に保管し筆癖を手習いする。その後、密かに曹操と示し合わせ、ついに巧妙な偽手紙を作った。

(03)新野 徐庶邸

ある日の夕べ、母の使いだという男が徐庶を訪ねてくる。使いの男は、一通の手紙を渡すとすぐに立ち去ってしまう。

徐庶が自室で開いてみると、それはまぎれもなく母の筆で、曹操の命で許都へ差し立てられたとあり、一日も早くそばに来てほしいと願うものだった。ここまで読むと徐庶は潸然(さんぜん)と流涕(りゅうてい)し、燭(しょく)も滅すばかりにひとり泣いた。

管理人「かぶらがわ」より

母の自筆を装った偽手紙で、徐庶を劉備から切り離そうとする曹操。この計はとても褒められたものではありませんが、それだけに効果的でもあるのですよね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】