劉基(りゅうき)B ※あざなは敬輿(けいよ)、劉繇(りょうよう)の息子

【姓名】 劉基(りゅうき) 【あざな】 敬輿(けいよ)

【原籍】 東萊郡(とうらいぐん)牟平県(ぼうへいけん)

【生没】 182?~230年?(49歳?)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・劉繇伝(りゅうようでん)』に付された「劉基伝」あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

劉繇の息子、呉(ご)の孫権(そんけん)に厚遇される

父は劉繇だが、母は不詳。劉鑠(りゅうしゃく)と劉尚(りゅうしょう)は弟。孫霸(そんは)に嫁いだ娘がいた。

195年、劉基は劉繇が死去したためその跡を継いだ。このときまだ14歳だったが、父の喪に服して礼に外れるところがなく、もとの部下が届けてくれた食糧なども受け取らなかった。

劉基は容姿が端麗で、孫権に仕えて寵遇された。

219年に孫権が驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)になると、劉基は東曹掾(とうそうのえん)として招かれ、輔義校尉(ほぎこうい)・建忠中郎将(けんちゅうちゅうろうしょう)に任ぜられた。

さらに221年に孫権が魏(ぎ)の曹丕(そうひ)から呉王(ごおう)に封ぜられると、劉基は大農(だいのう)に昇進した。

この呉王就任を祝う宴席で、騎都尉(きとい)の虞翻(ぐはん)が孫権の逆鱗(げきりん)に触れた。

祝宴が終わりに近づいたころ孫権が立ち上がり、みなに酒をついで回る。ところが虞翻は床に倒れ伏し、泥酔したふりをして杯を受けない。そのうえ孫権が前を通り過ぎると身を起こしてきちんと座り直した。これを見た孫権が激怒し、剣を執って斬りつけようとしたのだった。

座にあった者はみな動転してしまったが、劉基だけは落ち着いて立ち上がり、孫権を抱き止めて諫めた。孫権は諫めを聞き入れると、側近らに対し、「今後、酒が入ったうえで私が処刑を命じても決して執行してはならぬ」と言った。

こうした劉基の執り成しのおかげで、虞翻は処刑を免れることができた。

また、とても暑い日に孫権が船上で酒宴を催したことがあった。みな船上の楼(たかどの)にいたとき不意の雷雨に見舞われた。

孫権は蓋(かさ。貴人用の大きな傘)を差しかけさせたが、同じく劉基にも差しかけるよう命じた。ほかの者は蓋に入ることができなかったが、彼はこのように礼遇されていたのだった。

のち劉基は郎中令(ろうちゅうれい)に転じ、229年に孫権が帝位に即くと、改めて光禄勲(こうろくくん)に任ぜられ分平尚書事(ぶんへいしょうしょじ)となった。

その後(230年?)、劉基は49歳で死去した。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く韋昭(いしょう。韋曜〈いよう〉)の『呉書(ごしょ)』には以下のようにありました。

「劉基は多くの苦難に見舞われ苦労をなめ尽くしたが、ひっそりと世に処して道を楽しみ、こうした境遇を悲しむことはなかった」

「父の死後は弟たちとともに暮らし、いつも遅くに寝て早くに起き、妻妾(さいしょう)らが彼の顔を見ることはまれだった。そのため弟たちは兄の劉基を畏敬(いけい)し、父に対するように仕えた」

「劉基はみだりに交遊関係を広めたりしなかったので、その門をつまらない客が訪れることはなかった」

父の劉繇は乱世向きの人物とは言えませんでしたが、その跡継ぎたる劉基は立派な態度で孫権に仕え、当然の礼遇を受けたのですね。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました