公孫恭(こうそんきょう)

【姓名】 公孫恭(こうそんきょう) 【あざな】 ?

【原籍】 遼東郡(りょうとうぐん)襄平県(じょうへいけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第033回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・公孫度伝(こうそんたくでん)』に付された「公孫恭伝」あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

公孫度の息子、兄の死後に遼東一帯の支配を引き継ぐ

父は公孫度だが、母は不詳。公孫康(こうそんこう)は兄。

204年、公孫度が死去すると公孫康が跡を継ぐ一方、公孫恭は永寧郷侯(えいねいきょうこう)に封ぜられた。

公孫康が死去すると、息子の公孫晃(こうそんこう)や公孫淵(こうそんえん)らが幼かったため、公孫恭が代わって遼東太守(りょうとうのたいしゅ)となった。

221年3月、公孫恭は魏(ぎ)の曹丕(そうひ)から車騎将軍(しゃきしょうぐん)・仮節(かせつ)に任ぜられ、平郭侯(へいかくこう)に封ぜられた。

228年、公孫恭は甥の公孫淵に脅迫され位を奪われた。

管理人「かぶらがわ」より

公孫恭は公孫康と公孫淵の間に入る形で遼東太守となりましたが、本伝に目立った事績はありませんでした。

また、かつて公孫恭は陰萎(いんい)を病み性的不能者となり、その資質も劣っていて国を治めていく能力を持っていなかったということです。公孫淵に位を奪われたあと、彼がどうなったのかもはっきりしません。
「群雄諸侯」収録人物一覧
三国志に登場する、諸侯クラスの人物の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 群雄諸侯
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました