孫香(そんこう)

【姓名】 孫香(そんこう) 【あざな】 文陽(ぶんよう)

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫孺(そんじゅ)の息子

父は孫孺だが、母は不詳。孫策(そんさく)の族兄(いとこ。一族の同世代の年長者)にあたるという。

孫香は孫堅(そんけん)に付き従い手柄を立て、郎中(ろうちゅう)に任ぜられた。その後、袁術(えんじゅつ)のために働き征南将軍(せいなんしょうぐん)を加官されたが、寿春(じゅしゅん)で亡くなった。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

上で挙げた記事は、『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫賁伝〈そんほんでん〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く韋昭(いしょう。韋曜〈いよう〉)の『呉書』によるものです。

同じく「孫賁伝」の裴松之注に引く虞溥(ぐふ)の『江表伝(こうひょうでん)』によると、孫香が袁術の下で汝南太守(じょなんのたいしゅ)を務めていたとき、孫策から手紙が届き、江東(こうとう)討伐に乗り出したいとの考えを伝えられました。

孫策から同様の手紙を受け取ったのは、呉景(ごけい)・孫賁・孫香の3人でしたが、袁術の命を受け広陵(こうりょう)を治めていた呉景は、すぐに孫策のもとへ戻ります。

また、孫賁は袁術から将軍に任ぜられ、軍勢を預かって寿春にいたそうですが、彼も何とか孫策のところへ戻れました。ですが、孫香だけは寿春の西の汝南にいて遠かったため、ついに孫策のもとへ帰ることができなかったということです。
「呉の孫氏」収録人物一覧
呉(ご)の孫権(そんけん)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました