曹仁(そうじん)

【姓名】 曹仁(そうじん) 【あざな】 子孝(しこう)

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 168~223年(56歳)

【吉川】 第025話で初登場。
【演義】 第005回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・曹仁伝』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹操(そうそう)の従弟、陳忠侯(ちんのちゅうこう)

父は曹熾(そうし)だが、母は不詳。曹褒(そうほう)は祖父。曹純(そうじゅん)は同母弟。

息子の曹泰(そうたい)は跡継ぎ。曹楷(そうかい)・曹範(そうはん)も同じく息子。

曹仁は曹操の挙兵時から付き従って別部司馬(べつぶしば)を務め、行厲鋒校尉(こうれいほうこうい)に任ぜられた。

その後、袁術(えんじゅつ)・陶謙(とうけん)・呂布(りょふ)・張繡(ちょうしゅう)・袁紹(えんしょう)・劉備(りゅうび)・馬超(ばちょう)らとの主要な戦いにおいて数々の手柄を立てた。

大司馬(だいしば)・陳侯(ちんこう)まで昇り、223年に死去。忠侯と諡(おくりな)され、息子の曹泰が跡を継いだ。

主な経歴

-168年(1歳)-
この年、誕生。

-190年(23歳)-
この年、各地の豪族が一斉に決起した際、密かに1千余人の若者を集め、淮水(わいすい)・泗水(しすい)一帯を暴れ回った。

この年、曹操の配下に加わって別部司馬を務め、行厲鋒校尉に任ぜられた。

-193年(26歳)-
この年、曹操が袁術を撃破した際、相当数の敵を斬り殺したり捕らえたりした。

この年、曹操の徐州(じょしゅう)討伐に付き従い、騎兵をひきいて先鋒を務める。また、別軍として陶謙配下の呂由(りょゆう)を撃破し彭城(ほうじょう)で大軍に合流。陶謙軍を大破すると、続いて曹操とともに費県(ひけん)・華県(かけん)・即墨県(そくぼくけん)・開陽県(かいようけん)を攻め、陶謙の救援軍も撃破した。

-194年(27歳)?-
曹操が呂布を討伐した際、別軍として句陽(こうよう)を攻め落とし、呂布配下の劉何(りゅうか)を生け捕りにした。

-196年(29歳)-
この年、曹操が黄巾軍(こうきんぐん)を平定し、天子(てんし)を迎え許(きょ)に遷都。曹仁はたびたび手柄を立てていたので広陽太守(こうようのたいしゅ)に任ぜられた。

だが、曹操は曹仁の勇知を高く評価していたため広陽郡には赴任させず、議郎(ぎろう)のまま騎兵部隊を指揮させた。

-197年(30歳)-
この年、曹操が張繡を討伐した際、別軍をひきいて近隣の諸県を攻略し、3千人の民を捕虜とした。

-200年(33歳)-
この年、曹操が官渡(かんと)で袁紹と対峙していたとき、袁紹の命を受けた劉備がイン彊(いんきょう。氵+隱)の諸県を攻略。この際、騎兵をひきいて劉備を撃破し、いったん背いた諸県をすべて平定した。さらに雞落山(けいらくざん)で袁紹配下の韓荀(かんじゅん)も大破した。

-206年(39歳)-
この年、曹操に付き従い壺関(こかん)の高幹(こうかん)を包囲。「必殺」を布告した曹操に対し、敵に生き残るための退路を開けてやるよう進言して壺関を降す。前後にわたる功績が評価され都亭侯(とていこう)に封ぜられた。

-208年(41歳)-
この年、曹操が荊州(けいしゅう)の劉表(りゅうひょう)を討伐した際、行征南将軍(こうせいなんしょうぐん)として江陵(こうりょう)に駐屯し、孫権(そんけん)配下の周瑜(しゅうゆ)に当たる。このときの戦いぶりが評価され安平亭侯(あんぺいていこう)に移封された。

-209年(42歳)-
この年、孫権配下の周瑜との対峙は1年を超え、ついに曹仁は江陵城を捨てて退却した。

-211年(44歳)-
この年、曹操が馬超を討伐した際、行安西将軍(こうあんぜいしょうぐん)として諸将をまとめて潼関(とうかん)を守り、渭水(いすい)の南で馬超を撃破した。

この年?、蘇伯(そはく)と田銀(でんぎん)が曹操に対し謀反を起こすと、行驍騎将軍(こうぎょうきしょうぐん)として七軍(しちぐん)をひきい、田銀を撃破した。

-?年(?歳)-
この年、行征南将軍・仮節(かせつ)に転じ、樊(はん)に駐屯して荊州を鎮撫した。

-218年(51歳)-
10月に侯音(こうおん)が宛(えん)で反乱を起こすと、諸軍をひきいてこれを撃破(翌219年1月のこと)し、侯音を斬り帰還した。功績が評価され征南将軍の官を授けられた。

-219年(52歳)-
8月、劉備配下の関羽(かんう)が樊に攻め寄せた際、漢水(かんすい)が氾濫し于禁(うきん)らの七軍が水没。于禁は関羽に降伏した。

このとき樊城は大部分が水没し、関羽の包囲を受けて食糧も残り少なくなった。曹仁が城内の将兵を激励し決死の覚悟を示したため、徐晃(じょこう)の救援軍が到着するまで持ちこたえることができた。

-220年(53歳)-
1月、曹操が崩御(ほうぎょ)し曹丕が魏王(ぎおう)を継ぐ。曹仁は車騎将軍(しゃきしょうぐん)・都督荊揚益州諸軍事(ととくけいようえきしゅうしょぐんじ)に任ぜられ陳侯に移封。2千戸の加増を受けて3,500戸となった。

さらに、亡き父の曹熾に陳穆侯(ちんのぼくこう)の諡号(しごう)が追贈され、墓守として10戸が置かれた。

-221年(54歳)?-
召し還され宛に駐屯。孫権配下の陳邵(ちんしょう)が襄陽(じょうよう)に立てこもると、曹丕の詔(みことのり)を受け討伐にあたり、徐晃と協力して陳邵を撃破した。このときの功績が評価され、221年4月には大将軍(だいしょうぐん)に任ぜられた。

5月、曹丕に対して反乱を起こした鄭甘(ていかん)の討伐にあたり、これを斬る。その後、臨潁(りんえい)に屯営を移し、221年11月には大司馬に任ぜられた。次いで諸軍をひきいて烏江(うこう)を占領したあと、引き返し合肥(ごうひ)に駐屯した。

-223年(56歳)-
3月、部将の常雕(じょうちょう)らを遣わし濡須(じゅしゅ)の中洲(なかす)を占拠。そこを足場に息子の曹泰に濡須城への攻撃を命ずる。

しかし、孫権配下の朱桓(しゅかん)は、厳圭(げんけい)らを遣って常雕を討ち取ったため、曹仁は退却に追い込まれた。そしてこの3月のうちに死去し、忠侯と諡された。

管理人「かぶらがわ」より

主な経歴については基本的に本伝から拾ってみましたが、年に触れていない記事も多く、はっきりしないところが残りました。

もちろん何度かの敗戦はあります(本伝では触れず)が、やはり曹操の軍事面における右腕と言っていいでしょう。安定感が抜群で、優れた判断力を備えていたことがうかがえます。

本伝によると、「曹仁は若いころには身を慎まなかったが、成長して部将になると厳格に法規を順奉し、運用するようになった」ということです。

218年に、曹操の命を受けた曹彰(そうしょう)が烏丸(うがん)征伐に赴いた際、東宮(とうぐう)に残っていた曹丕が曹彰に手紙を送り、曹仁を模範に挙げ、法規を順奉するよう諭したともありました。

また『三国志』(魏書・明帝紀〈めいていぎ〉)によると、233年5月に曹叡が詔を下し、曹操の霊廟(れいびょう)の園庭に祭らせた3人(夏侯惇〈かこうとん〉・曹仁・程昱〈ていいく〉)の中に彼の名もあります。

なお、吉川『三国志』(第112話)および『三国志演義』(第29回)では、彼の娘が孫匡に嫁いだことになっています。

しかし『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫策伝〈そんさくでん〉)では、「曹操が弟の娘を孫策の末弟の孫匡に縁付けた」とありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました