曹植(そうしょく)

【姓名】 曹植(そうしょく) 【あざな】 子建(しけん)

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 192~232年(41歳)

【吉川】 第122話で初登場。
【演義】 第034回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・陳思王植伝(ちんしおうしょくでん)』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹操(そうそう)の息子で曹丕(そうひ)の同母弟、陳思王

父は曹操、母は卞氏(べんし。武宣卞皇后〈ぶせんべんこうごう〉)。

同母兄の曹丕・曹彰(そうしょう)のほか同母弟に曹熊(そうゆう)がいる。息子の曹志(そうし)は跡継ぎ。

曹植は、10余歳にして『詩経(しきょう)』と『論語(ろんご)』に加え、『楚辞(そじ)』や「漢賦(かんふ)」数十万字を朗唱でき、優れた文章も作った。

一方で細かいことにこだわらない性格で、威儀を整えようとはせず、車馬や服装は華美なものを尊ばなかったという。曹操から難しい問いを投げかけられても、問いの声に応じて答えるのが常であり、特に寵愛された。

生涯で6度の移封を経験。曹丕や曹叡(そうえい)の時代には、たびたび自身を含めた魏の帝族の起用を求めたが、ついに受け入れられることはなかった。

232年に陳国(ちんこく)で病死。諡(おくりな)は思王(しおう)。息子の曹志が跡を継いだ。

主な経歴

-192年(1歳)-
この年、誕生。

-211年(20歳)-
1月、平原侯(へいげんこう)に封ぜられる。封邑(ほうゆう)は5千戸。

-214年(23歳)-
この年、臨菑侯(りんしこう)に移封される。父の曹操は7月に孫権(そんけん)討伐に向かったが、このときは鄴(ぎょう)の守りを命ぜられた。

-217年(26歳)-
10月、同母兄の曹丕が魏の王太子(おうたいし)に指名される。

この年、5千戸の加増を受け、封邑が1万戸になった。

この年ごろ、車で天子(てんし)専用の道路を通り城外に出るという無礼を働く。父の曹操はひどく腹を立て、公車令(こうしゃれい)を処刑。曹植への寵愛も日に日に衰えていった。

-219年(28歳)-
この年、曹仁(そうじん)が樊城(はんじょう)で劉備(りゅうび)配下の関羽(かんう)に包囲される。

このとき父の曹操は南中郎将(なんちゅうろうしょう)として征虜将軍(せいりょしょうぐん)を兼務させ、曹仁の救援を命じようとしたものの、曹植は酔っていて命令を受けることができず、沙汰やみになってしまった。

この年、側近の楊脩(ようしゅう)が処刑された。

-220年(29歳)-
1月、父の曹操が崩御(ほうぎょ)。2月には同母兄の曹丕が丞相(じょうしょう)・魏王(ぎおう)を継ぐ。

10月、同母兄の曹丕が、漢(かん)の献帝(けんてい)の禅譲を受けて帝位に即く。

この年、側近の丁儀(ていぎ)・丁廙(ていい)兄弟が処刑された。

-221年(30歳)-
この年、監国謁者(かんこくえっしゃ)の灌均(かんきん)の上奏により、勅使に対して無礼な振る舞いをしたことを問罪される。しかし、曹丕の母でもある卞太后(べんたいこう)への配慮から、処分は安郷侯(あんきょうこう)に降格されるにとどまった。

この年、鄄城侯(けんじょうこう)に移封された。この際、同母兄の曹彰は鄢陵侯(えんりょうこう)から鄢陵公に爵位が進むなど、一族の多くは侯から公に昇格したが、曹植は移封されただけだった。

-222年(31歳)-
この年、鄄城侯から鄄城王に爵位が進んだ。封邑は2,500戸。

-223年(32歳)-
この年、雍丘王(ようきゅうおう)に移封された。

6月、同母兄の曹彰が洛陽(らくよう)滞在中に病死。

-225年(34歳)-
この年、同母兄の曹丕が東征し、帰途で雍丘に立ち寄る。この際、500戸の加増を受けた。

-226年(35歳)-
5月、同母兄の曹丕が崩御。同月、甥にあたる曹叡が帝位に即く。

-227年(36歳)-
この年、浚儀王(しゅんぎおう)に移封された。

-228年(37歳)-
この年、再び雍丘王に移封された。

この年、自身の起用を熱望する上奏文を奉ったものの、聞き入れられなかった。

-229年(38歳)-
この年、東阿王(とうあおう)に移封された。

-231年(40歳)-
この年、再び上奏文を奉り、親族と慶弔のやり取りや四季のあいさつを交わすことについての許可を求め、その気持ちを述べる。

これに曹叡は詔(みことのり)で応え、「本来、諸国間の通交を禁ずる詔など存在せず、担当官吏がとがめを恐れ、そのような状況を招いたにすぎない」とし、上奏の内容を受け入れた。

またこの年、頻繁な若者の徴発について再考を促す上奏文を奉る。これも曹叡に容れられ、徴発された若者はみな帰された。

-232年(41歳)-
1月、詔により洛陽に参内。

2月、陳王に移封される。封邑は陳郡の4県3,500戸。

11月、陳国で病死。

管理人「かぶらがわ」より

本伝や裴松之注(はいしょうしちゅう)に引かれている上奏文からも曹植の学識の高さがうかがえます。

文中に引用されている経典(けいてん)の内容や故事はそれぞれが深い意味を含んでおり、礼節を保ちつつも言いたいことはしっかり伝える、といった姿勢を感じました。

『三国志演義』(第79回)で採り上げられている「七歩の詩」など、劉義慶(りゅうぎけい)の『世説新語(せせつしんご)』を出典とする詩については、陳寿(ちんじゅ)や裴松之が触れていないので、ここではコメントしません。ですが真偽はともかくとして、曹植が曹丕の前で詩を作る場面には心を打たれるものがありました。

この場面に限らず、呉(ご)に使者として来ていた諸葛亮(しょかつりょう)を、兄の諸葛瑾(しょかつきん)が説得しに行くくだり(第44回)とか、死を前にした劉備(りゅうび)が諸葛亮に後事を託すくだり(第85回)とか――。読み手によって心に響くところは違うのでしょうが、私の場合はこういった場面の印象が強いです。

しかし、いくら警戒が必要とはいえ、魏における諸王の扱いは行きすぎじゃないでしょうか? 属官は商人や才能のない人物ばかりで、支給される兵士も老残のうえ、数は多くても200人とは……。これではちょっとした盗賊団にも負けそうです。

王と呼ばれ、その住まいは宮殿と呼ばれても、確かに孫盛(そんせい)の言う通り一平民のような扱いですね。これに監国謁者といった監視役まで付きますから――。曹植のような人にとっては、暮らしにくさは平民以上だったのかもしれません。

ただその後、景初(けいしょ)年間(237~239年)の曹叡の詔により、「黄初(こうしょ)年間(220~226年)に上奏された曹植に対する罪状書や、それらに関する議論の記録を保管してある役所から集め、すべて廃棄した」とあり。

さらに「曹植が書き残した賦・頌(しょう)・詩・銘・雑論、合わせて100余篇を収録したうえ、その副本を都の内外に所蔵した」ともあります。いくらかは名誉を回復したということなのでしょう。

曹丕の後に生まれたのだから仕方ないという気はしますが、曹操が後継者にと迷うくらいの逸材だったことは間違いない。タラレバは尽きませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました