衛覬(えいき)

【この記事をシェアする】

【姓名】 衛覬(えいき) 【あざな】 伯儒(はくじゅ)

【原籍】 河東郡(かとうぐん)安邑県(あんゆうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第066回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・衛覬伝』あり。

多くの書体や古式に精通していた直言の臣

父母ともに不詳。息子の衛瓘(えいかん)は跡継ぎ。

衛覬は若いころから才能と学問を称揚された。曹操(そうそう)に召されて「司空掾属(しくうのえんぞく)」となり、「茂陵県令(ぼうりょうけんのれい)」や「尚書郎(しょうしょろう)」を務める。

曹操が「司空」を務めていた期間は196~208年。

199年、曹操が袁紹(えんしょう)の討伐に乗り出した際、劉表(りゅうひょう)は袁紹に味方し、関中(かんちゅう)の諸将は中立の立場を取った。

益州牧(えきしゅうぼく)の劉璋(りゅうしょう)は劉表と仲が悪かったため、衛覬は「治書侍御史(ちしょじぎょし)」として益州へ遣わされる。劉璋に兵を出してもらい、劉表を牽制(けんせい)するのが狙いだった。

ところが長安(ちょうあん)まで来ると、その先の道路は進めない。そこで衛覬はこのまま関中にとどまり鎮守した。

当時、四方から帰郷した民が数多くいて、関中の諸将は彼らを自軍に引き入れようとする。衛覬は荀イク(じゅんいく)に手紙を送り、帰郷した民には生業がなく、彼らが諸将に取り込まれることで、結局は軍人だけが強力になっている現状を述べ、旧来のように塩の売買を監督することで、その利益をもって関中を豊かにすべきだと主張。

荀イクに話を聞くと、曹操は「謁者僕射(えっしゃぼくや)」を遣わし「塩官(えんかん)」を監督させる。また、「司隷校尉(しれいこうい)」に弘農郡(こうのうぐん)を統治させることで関中の諸将を服従させた。

衛覬は中央へ召し還され、昇進を重ねて「尚書」となる。

213年、魏が建国された後は「侍中(じちゅう)」に任ぜられ、王粲(おうさん)とともに諸制度を整備した。

220年2月、曹丕(そうひ)が「魏王(ぎおう)」を継ぐと、衛覬は「尚書」に転ずる。しばらくして漢(かん)の朝廷に戻って「侍郎(じろう)」となり、魏への禅譲を勧め献帝(けんてい)の詔書を起草。

同年10月、曹丕が帝位に即くと衛覬は再び「尚書」となり「陽吉亭侯(ようきつていこう)」に封ぜられた。

226年、曹叡(そうえい)が帝位を継ぐと「閺郷侯(ぶんきょうこう)」に爵位が進む。封邑(ほうゆう)は300戸だった。

衛覬の上奏により「法律博士(ほうりつはくし)」が設置され、下級の獄吏に至るまで、法律の理解を深めさせることになった。また、民の役務が多いことや、宮中における浪費を諫めたりもする。

衛覬は詔(みことのり)を受け著作を担当し、『魏官儀(ぎかんぎ)』など数十編を著した。彼は古文(秦代〈しんだい〉以前の字体)・篆書(てんしょ)・隷書を崩した文字を好み、すべての書体に巧みだったという。

衛覬が死去(時期は不明)すると「敬侯(けいこう)」と諡(おくりな)され、息子の衛瓘が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く王沈(おうしん)の『魏書』には、衛覬の功績や見識に触れた記事がありました。

「そのむかし(190年に)漢王朝が(長安へ)遷(うつ)ると、朝廷の古例は散乱してしまった。(196年に)許(きょ)に都を置いて以後、次第に制度は整えられたが、衛覬は古則に従い、訂正や決定に大きく寄与した」というもの。

これに続き、衛覬が関中の諸将の扱いについて発言した記事もあります。

「このとき関西(かんぜい。函谷関〈かんこくかん〉以西の地域)の諸将は表向き曹操に服従していたものの、まだ信用できなかった。司隷校尉の鍾繇(しょうよう)は3千の兵をひきいて関中へ入り、張魯(ちょうろ)討伐にかこつけ、諸将を脅し人質を取りたいと願い出る」

「曹操が荀イクを遣り衛覬の意見を尋ねたところ、彼はこう述べた。『西方の諸将はみな小物が台頭しただけで、天下に活躍しようなどという気持ちはなく、ただ現在の安楽を求めているだけです。手厚く爵号を与えてやれば彼らの希望はかないます。大きな変事が起こる心配はございません』」

「『もし兵をもって関中に入れば、もちろん張魯を討伐することになりましょう。ですが張魯は深山におり、道路も通じておらず、西方の諸将に(討伐の本当の対象が自分たちではないかという)疑惑を抱かせることになると思います。いったん彼らが驚き騒ぎだせば、地勢が険しいうえ軍勢も強力ですから、手を打つことは難しいでしょう』」

「初め曹操は衛覬の意見に賛成したが、最終的には鍾繇の願いを聞き入れた。(211年、)こうして鍾繇が進軍を始めると、関右(かんゆう。関中)で大規模な反乱が起こる。曹操が親征してようやく平定したものの、5ケタに上る死者を出した。曹操は衛覬の意見を容れなかったことを後悔し、ますます彼を尊重するようになった」

ここは衛覬の見立てのほうが正確だったと思います。まずは爵位で抑えておき、いずれ十分な準備が整った段階で別の手を打つほうがよかったのかなと。さすがの曹操の判断も、局地戦略ではイマイチだったケースがあったのですね。

ただ、『三国志』(魏書・武帝紀〈ぶていぎ〉)では曹操の判断ミスのようには書かれておらず、そのためか『三国志』(魏書・鍾繇伝)でも触れられていませんでした。まぁ、これは当たり前のことなのですけど……。

なお、『演義』(第66回)に「衛凱(えいがい)」として登場しているのが、この「衛覬」のことだと思いますが、参考文献によっては両者を別人扱いされているものもありました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】