潘勖(はんきょく)

【姓名】 潘勖(はんきょく) 【あざな】 元茂(げんぼう)

【原籍】 河南郡(かなんぐん)?

【生没】 ?~215年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・衛覬伝(えいきでん)』に付された「潘勖伝」あり。

古例に精通していた名文家

父母ともに不詳。息子の潘満(はんまん)は跡継ぎ。

潘勖は初めの名を「芝(し。潘芝)」と言ったものの、諱(いみな)を避け(対象者は不明)「勖」と改名した。献帝(けんてい。在位189~220年)の時代に「尚書郎(しょうしょろう)」となり、やがて「尚書右丞(しょうしょゆうじょう)」に昇進。

詔(みことのり)により、潘勖が以前に二千石(せき)の曹(そう。属官)として明敏な才能を示し、博識で古例にも習熟していたことから、同時に本来の職務を担当するよう命じ、たびたび特別な賜与が与えられたという。

具体的にどのような官職を兼ねていたのかはよくわからず。

213年、曹操(そうそう)が「魏公(ぎこう)」に昇り九錫(きゅうせき)を加えられることになった際、その任命書は潘勖が起草した。

215年、潘勖は「東海国相(とうかいこくのしょう)」に昇進したが、発令の前に引き留められ、改めて「尚書左丞(しょうしょさじょう)」に任ぜられる。だが、この年のうちに病死。50余歳だったという。息子の潘満が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。上で挙げた記事は、ほぼ本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く摯虞(しぐ)の『文章志(ぶんしょうし)』によるもの。

裴松之注では名の表記が「勗」となっている箇所もありましたが、『漢和辞典』で調べてみると「勗」は「勖」の俗字だということでした。

また出身地についても、本伝では「河南の潘勖」とありましたが、裴松之注では「陳留郡(ちんりゅうぐん)中牟県(ちゅうぼうけん)の人」だと言っており、イマイチはっきりしませんでした。

このほかの関連記事としては、『三国志』(魏書・荀イク伝〈じゅんいくでん〉)の裴松之注に、潘勗(潘勖)が荀イクの碑文を著したというものもありました。

曹操が「魏公」に封ぜられ九錫を加えられた際の任命書は、すべて『三国志』(魏書・武帝紀〈ぶていぎ〉)に載せられていましたが、こういった重要な文章の起草を任されたのは、やはり潘勖が古例に精通していたからなのでしょうね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】