鄭渾(ていこん)

【姓名】 鄭渾(ていこん) 【あざな】 文公(ぶんこう)

【原籍】 河南郡(かなんぐん)開封県(かいほうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・鄭渾伝』あり。

公務に専心し各地で治績を上げる

父母ともに不詳。鄭泰(ていたい)は兄。息子の鄭崇(ていすう)は跡継ぎ。

鄭渾の高祖父(祖父の祖父)にあたる鄭衆(ていしゅう)やその父の鄭興(ていこう)は、ともに高名な儒学者だった。

兄の鄭泰は袁術(えんじゅつ)が任命した「揚州刺史(ようしゅうのしし)」として赴任する途中に亡くなった。そこで鄭渾は、まだ幼い甥の鄭袤(ていぼう。鄭泰の遺児)を連れて淮南(わいなん)へ避難する。

そして袁術に礼遇されたものの、鄭渾は彼が失敗するに違いないと判断。以前から仲の良かった華歆(かきん)が「豫章太守(よしょうのたいしゅ)」を務めていたので、長江(ちょうこう)を渡り彼のもとに身を寄せた。

のち鄭渾は曹操(そうそう)に召され「掾(えん)」となり、「下蔡県長(かさいけんのちょう)」や「邵陵県令(しょうりょうけんのれい)」を務める。

このころ天下は安定しておらず、民はみな軽率で、生業によって財産を増やそうと考えなかった。子が生まれても育てようとせず、取り上げることさえ少ないありさま。鄭渾はあちこちで漁や狩猟に使う道具を召し上げ、割り当てを決めて農耕や養蚕(ようさん)を行わせる。同時に稲田の開墾を進め、捨て子に対する罪を重くした。

初めは民も罪を恐れて従っただけだったが、やがて生活は豊かになり、みな満ち足りてくる。彼らが育てた男児や女児には(鄭渾の)「鄭」をあざなとする者が多かったという。

鄭渾は中央へ召し還され「丞相掾属(じょうしょうのえんぞく)」となり、「左馮翊(さひょうよく。左馮翊の長官)」に昇進した。

曹操が「丞相」を務めていた期間は208~220年。

211年、梁興(りょうこう)らが官民5千余家を取り込んで略奪を働くと、諸県は防ぐことができずに恐慌を来し、県庁を郡都へ寄留させる。鄭渾は険阻な地へ移って守るべきだという意見を退け、官民を収容したうえ城郭を修理させ防備を整えた。

そこで民を徴発して賊を追わせたが、賞罰を明確にし、鹵獲(ろかく)したものの7割を与えることにする。民は喜んで賊を捕らえにかかり、多くの婦女や財宝を得た。また、賊のうち妻子を失った者たちは帰郷して降伏を願い出た。

鄭渾は賊のもとに残っていた他人の婦女について追及した後、そうした妻子らを帰してやる。その結果、賊は互いに略奪し合うようになり、やがて解散することになった。

また、温情と信義のある官民を山野に遣り説諭させたところ、応ずる者が相次ぐ。鄭渾は諸県の高官をもとの役所へ帰し、彼らを落ち着かせた。梁興らは恐れをなし、残党を引き連れて鄜城(ふじょう)に集まる。

翌212年、曹操は夏侯淵(かこうえん)を遣り、郡を助けて討伐を命じた。鄭渾は官民をひきいて先頭に立ち、梁興とその一味を斬った。

その後、賊の靳富(きんふ)らが夏陽県長(かようけんのちょう)と邵陵県令を脅して従わせ、県下の官民を連れ磑山(がいざん)へ入る。再び鄭渾は討伐にあたり、靳富らを撃破して両県の令長の身を取り返し、賊に付いていた官民を連れ帰った。

別に趙青龍(ちょうせいりょう)が左内史(さないし)の程休(ていきゅう)を殺害した際も、鄭渾は聞くなり壮士を送り込み、その首をさらす。

前後にわたり鄭渾を頼ってくるものが4千余家あり、山賊もすべて平定され、民は落ち着いて生業に勤しむようになる。やがて鄭渾は「上党太守(じょうとうのたいしゅ)」に転じた。

215年、曹操が漢中(かんちゅう)の張魯(ちょうろ)を討伐した際、「京兆尹(けいちょうのいん)」に昇進。鄭渾は民が集まってきたばかりだったため移住の法を制定する。

家族のいる者と単身者をひと組とし、温情や信義のある者と孤独な老人を仲間とし、農事に励ませる一方、禁令を明らかにして悪事を摘発。みな安心して農事に取り組めるようになり、盗賊もいなくなった。

曹操の大軍が漢中へ入ると、鄭渾は兵糧の運搬で第一の成績を上げる。さらに民を遣って漢中の耕作にあたらせたが、逃亡者は出なかった。曹操は感心し、再び彼を中央へ呼び戻して「丞相掾」とした。

220年、曹丕(そうひ)が帝位に即くと、鄭渾は「侍御史(じぎょし)」に転じて「駙馬都尉(ふばとい)」の官位を加えられる。次いで「陽平太守(ようへいのたいしゅ)」や「沛郡太守(はいぐんのたいしゅ)」を務めた。

沛の郡境地帯は土地が低くて湿気が多く、水害の恐れがあり、民は飢えに苦しんだ。そこで鄭渾は蕭(しょう)と相(しょう)の両県の境界で堤防工事を行い、稲田を開墾しようとする。

民は地勢を案じたが、鄭渾は言った。

「この地は低く落ち込んでいるから、灌漑(かんがい)を図りさえすれば長期にわたって魚と稲の利益が出る。これは民を豊かにする根本なのだ」

こうして自ら官民をひきいて仕事にかかり、ひと冬の間に完成させる。以後、毎年たいへんな収穫が上がり、田地は年ごとに広がっていき、従来の倍の租税が納められるようになった。恩恵を被った民は鄭渾の功を石に刻んでたたえ、彼が築いた堤防を「鄭陂(ていひ)」と呼ぶ。

のち鄭渾は「山陽太守(さんようのたいしゅ)」や「魏郡太守(ぎぐんのたいしゅ)」に転じたが、その統治は先に倣ったものだった。

郡下の民が材木不足に苦しんでいると知ると、楡(ニレ)を植えさせて籬(まがき)とし、同時に5本の果樹も余分に植えることを義務とする。やがて楡はみな籬となり、5本の果樹も豊かに実った。

魏郡の境界を入ると村落はひとつにまとまっていて、民も十分な財産と豊富な品々に恵まれていた。曹叡(そうえい)は話を聞くと詔(みことのり)を下して褒めたたえ、あまねく天下に知らせる。鄭渾は「将作大匠(しょうさくたいしょう)」に昇進した。

そして、彼が死去(時期は不明)すると息子の鄭崇が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、「鄭渾は清潔で飾りけがなく、あくまで公事を中心に考えていたため、その妻子は飢えと凍えを免れなかった」ということです。何人も大儒を出した家系の子孫らしい振る舞いですが、妻子が飢え凍えるまでの徹底ぶりとは……。

まぁ、当時は身内さえよければいいと考えている高官が多かったようですし、だからこそ鄭渾のような生き方(私生活も含めて)が称賛を得たのでしょうけど……。大臣の妻子が飢え凍えていて、彼の家というよりも魏は大丈夫だったのか?

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】