孫観(そんかん)

【姓名】 孫観(そんかん) 【あざな】 仲台(ちゅうだい)

【原籍】 泰山郡(たいざんぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第071話で初登場。
【演義】 第018回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・臧霸伝(そうはでん)』に付された「孫観伝」あり。

臧霸組のひとり

父母ともに不詳。孫康(そんこう)は兄。息子の孫毓(そんいく)は跡継ぎ。

184年、黄巾(こうきん)の乱が起こると、孫観は臧霸とともに(陶謙〈とうけん〉に従い)討伐にあたり「騎都尉(きとい)」に任ぜられる。

そして徐州(じょしゅう)で兵を駆り集め、呉敦(ごとん)・尹礼(いんれい)らとともに臧霸を首領に推し立て、開陽(かいよう)に駐屯した。

194年、曹操(そうそう)が呂布(りょふ)討伐に乗り出すと、臧霸らは兵をひきいて呂布を助ける。

198年、呂布が下邳(かひ)で処刑された後、臧霸らは身を隠した。曹操は懸賞金を出して臧霸を捕らえたものの、会ってみて気に入る。そこで臧霸に命じ、呉敦・尹礼・孫観、および孫観の兄の孫康らを招かせたため、みな出頭した。

曹操は臧霸を「琅邪国相(ろうやこくのしょう)」に任じたうえ、呉敦を「利城太守(りじょうのたいしゅ)」に、尹礼を「東莞太守(とうかんのたいしゅ)」に、孫観を「北海太守(ほっかいのたいしゅ)」に、孫康を「城陽太守(じょうようのたいしゅ)」に、それぞれ任じた。

その後、孫観は臧霸とともに数々の戦闘に加わったが、彼は常に先鋒を務める。こうして青州(せいしゅう)と徐州の賊の平定に活躍。孫観は臧霸に次ぐ功を上げ「呂都亭侯(りょとていこう)」に封ぜられた。

205年、曹操が南皮(なんぴ)で袁譚(えんたん)を討ち破ると、臧霸は祝賀に集った機会に、自分の子弟や旧知の諸将の家族を鄴(ぎょう)へ移住させたいと願い出る。これを受け孫観も子弟を鄴へ住まわせることにした。「偏将軍(へんしょうぐん)」に任ぜられ「青州刺史(せいしゅうのしし)」に昇進。

212年、曹操の孫権(そんけん)討伐に付き従い濡須口(じゅしゅこう)まで進んだ際、「節(せつ。権限を示すしるし)」を授かる。

孫観はこの時の戦いで流れ矢を受け、左脚を負傷。それでも力を尽くして戦い続け、けがのことを顧慮しなかった。のち「振威将軍(しんいしょうぐん)」に転じたが、傷がひどく、ついに亡くなって(時期は不明)しまう。息子の孫毓が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝には記事が少なく、上で挙げたものは本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く王沈(おうしん)の『魏書』によるところが大きいです。そのほか『三国志』(魏書・臧霸伝)からも関連記事を拾ってみました。

この「臧霸伝」の裴松之注に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』によると、臧霸とその仲間たちにはそれぞれ別名があったそうで、臧霸は「奴寇(どこう)」、孫観は「嬰子(えいし)」、呉敦は「黯奴(あんど)」、尹礼は「盧児(ろじ)」と言ったのだとか。

孫観の場合は仲間内で臧霸を推し立てた判断がよかったと思います。曹操と会った臧霸が気に入られなければ、呂布に味方したことで、当然、彼らも討伐の対象になっていたはずですからね……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】