史渙(しかん)

【姓名】 史渙(しかん) 【あざな】 公劉(こうりゅう)

【原籍】 沛国(はいこく)

【生没】 ?~209年(?歳)

【吉川】 第075話で初登場。
【演義】 第019回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・夏侯惇伝(かこうとんでん)』に付された「史渙伝」あり。

曹操(そうそう)配下の近衛軍司令官。旗揚げ時から随行

父母ともに不詳。息子の史静(しせい)は跡継ぎ。

史渙は韓浩(かんこう)とともに、忠義と武勇によって名があった。史渙は「中領軍(ちゅうりょうぐん)」まで、韓浩は「中護軍(ちゅうごぐん)」まで、それぞれ昇り、近衛軍の司令官となり「列侯(れっこう)」に封ぜられた。

史渙はイマイチはっきりしないものの、韓浩は「万歳亭侯(ばんざいていこう)」に封ぜられたようだ。

若いころの史渙は任俠(にんきょう)の徒で、男らしい性格だった。189年の曹操の旗揚げ時から客分として随行し、「行中軍校尉(こうちゅうぐんこうい)」に任ぜられる。討伐の際は諸将の監督にあたり、曹操の信頼を得て「中領軍」に転じた。

209年に死去し、息子の史静が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の記述はごく短く、上で挙げた史渙の経歴については、ほぼ裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く王沈(おうしん)の『魏書』によるものです。

また『三国志』(魏書・武帝紀〈ぶていぎ〉)には、「199年4月、曹操が軍勢を進めて黄河(こうが)に臨んだ際、曹仁(そうじん)と史渙に黄河を渡らせ、眭固(けいこ)を攻めさせた」とあります。このとき曹仁と史渙は犬城(けんじょう)で戦い、散々に討ち破って眭固を斬りました。

同じく『三国志』(魏書・武帝紀)には、「200年、袁紹(えんしょう)の輜重車(しちょうしゃ)が数千台もやってくると、曹操は荀攸(じゅんゆう)の計略を用い、徐晃(じょこう)と史渙に迎撃させた。ふたりは(故市〈こし〉において)これを散々に討ち破り、敵の輜重車をことごとく焼き払った」ともありました。

この一件は袁紹配下の許攸(きょゆう)が曹操に降る少し前の出来事ですが、何人もの伝に出てくるほどの大きな戦功でした。

韓浩の没年はわかりませんが、彼には215年の関連記事があります。209年に史渙が死去したとき、もちろん韓浩は存命でした。

ふたりとも曹操の近衛軍司令官だったわけですが、「中領軍」は「中護軍」よりも格上ですから、史渙のほうが韓浩の先輩格ということなのでしょう。曹操に仕えたのも、だいぶ史渙が先ですしね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】