文聘(ぶんぺい)

【姓名】 文聘(ぶんぺい) 【あざな】 仲業(ちゅうぎょう)

【原籍】 南陽郡(なんようぐん)宛県(えんけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第123話で初登場。
【演義】 第034回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・文聘伝』あり。

劉表(りゅうひょう)の没後、曹操(そうそう)の厚遇を受けて江夏(こうか)を堅守。新野壮侯(しんやのそうこう)

父母ともに不詳。養子の文休(ぶんきゅう)は跡継ぎで、文岱(ぶんたい)も同じく息子。

文聘は初め荊州(けいしゅう)の劉表に仕え、「将軍(しょうぐん)」として北方の防御にあたっていた。

208年、曹操が荊州討伐のため南下を始めたころ、ちょうど劉表が死去し息子の劉ソウ(りゅうそう。王+宗)が跡を継ぐ。ほどなく劉ソウは荊州を挙げて降伏したが、このとき文聘を呼び一緒に行動しようと考える。

だが、文聘は言った。

「私は州を保つことができませんでした。処罰を待つのが当然です」

曹操が漢江(かんこう。漢水〈かんすい〉)を渡り襄陽(じょうよう)へ入ったところで、ようやく文聘も出頭。曹操から到着の遅れをとがめられると、こう答えてすすり泣く。

「過日、私は劉荊州(劉表)を補佐して国家にお仕えすることができませんでした。荊州は滅びましたが、常に漢川(かんせん)をよりどころに領土を保全し、生きては若年の孤児(劉ソウ)を裏切らず、死しては地下の方(劉表)に恥じないよう願っておりましたが、事ここに至りました。悲痛と慙愧(ざんき)の思いに堪えず、早くにお目通りする顔がなかったのです」

曹操は真の忠臣だと高く評価し、手厚い礼をもって彼を遇した。文聘は兵を授かり、曹純(そうじゅん)とともに長坂(ちょうはん)で劉備(りゅうび)を追撃する。

曹操は荊州を平定したものの、江夏は孫権(そんけん)の勢力圏と接しており民心が安定しなかった。そこで文聘が「江夏太守(こうかのたいしゅ)」となり、国境地帯を任せられ北方の兵を指揮する。また、このとき「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられた。

211年、文聘は楽進(がくしん)とともに、尋口(じんこう)で劉備配下の関羽(かんう)を撃破。功により「延寿亭侯(えんじゅていこう)」に爵位が進み「討逆将軍(とうぎゃくしょうぐん)」の称号を加えられる。

219年、文聘は漢津(かんしん)で関羽の輜重(しちょう)を攻撃し、荊城で敵船を焼き払った。

翌220年、曹丕(そうひ)が帝位に即くと「長安郷侯(ちょうあんきょうこう)」に爵位が進み、「節(せつ。権限を示すしるし)」を授かる。

222年、夏侯尚(かこうしょう)とともに江陵(こうりょう)を包囲した際、文聘は別軍として沔口(べんこう。夏口〈かこう〉)での駐屯を命ぜられた。

その道中の石梵(せきぼん)で孫権軍と遭遇し、これを撃破。「後将軍(こうしょうぐん)」に昇進し「新野侯」に爵位が進む。

226年、曹丕の死を聞いた孫権が自ら5万の軍勢をひきい、石陽(せきよう)で文聘を包囲。しかし、文聘は敵の猛攻にも動じず固守する。孫権は20余日にわたり包囲を続けた末に撤退し、文聘はこれを追撃して討ち破った。功により500戸の加増を受け、以前と合わせ封邑(ほうゆう)は1900戸となる。

文聘は江夏に数十年いたが、威光と恩愛があった。彼の名は敵国にまで轟(とどろ)き、思い切って侵入してくる者はいなかったという。彼の封邑を分割し、息子の文岱が「列侯(れっこう)」に封ぜられる。別に従子(おい)の文厚(ぶんこう)も「関内侯」に封ぜられた。

文聘が死去(時期は不明)すると「壮侯」と諡(おくりな)された。文岱は先に亡くなっていたため、文聘の養子の文休が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

前の主君である劉表父子への義理から出頭を遅らせるあたり、文聘もなかなかの人物。まぁ、その姿勢を評価する曹操もさすがですけどね。度量が狭い人だったら、言いがかりをつけられてバッサリ、ということになりかねないところ……。

文聘の下っ端時代の話が出てこなかったのは残念でしたが、威厳と思いやりを兼ね備えた良将だったことはうかがえます。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】