曹丕(そうひ)

【姓名】 曹丕(そうひ) 【あざな】 子桓(しかん)

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 187~226年(40歳)

【吉川】 第120話で初登場。
【演義】 第032回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・文帝紀(ぶんていぎ)』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

文学にも深い理解を示した魏(ぎ)の初代皇帝

父は曹操(そうそう)、母は卞氏(べんし。武宣卞皇后〈ぶせんべんこうごう〉)。同母弟には曹彰(そうしょう)・曹植(そうしょく)・曹熊(そうゆう)がいる。

曹叡(そうえい)・曹協(そうきょう)・曹蕤(そうずい)・曹鑒(そうかん)・曹霖(そうりん)・曹礼(そうれい)・曹邕(そうよう)・曹貢(そうこう)・曹儼(そうげん)という9人の息子を儲けた。

優れた文人でもあり多くの著書を遺した。中でも『典論(てんろん)』で「文は経国の大業にして不朽の盛事なり」として、文(文章)を評価したことが特に有名。

220年2月、前月に亡くなった父の跡を継ぎ、丞相(じょうしょう)・魏王(ぎおう)となる。同年10月には漢(かん)の献帝(けんてい)から禅譲を受ける形で帝位に即いた。

226年5月に洛陽(らくよう)で病死。帝位を継いだ曹叡から文皇帝(ぶんこうてい)と諡(おくりな)された。

主な経歴

-187年(1歳)-
この年、沛国譙県で誕生。

-197年(11歳)-
?月、父の曹操の張繡(ちょうしゅう)討伐に従軍。このとき異母兄の曹昂(そうこう)と従兄の曹安民(そうあんみん)が戦死したものの、自身は何とか脱出。

-208年(22歳)-
この年、茂才(もさい。秀才〈しゅうさい〉)に推挙され、司徒(しと)の趙温(ちょうおん)から招聘されたものの、父の曹操が献帝に上奏したため招聘には応じなかった。

この年、異母弟の曹沖(そうちゅう)が病死。

-211年(25歳)-
1月、五官中郎将(ごかんちゅうろうしょう)に任ぜられ、丞相(曹操)の補佐を務めることになる。

-217年(31歳)-
10月、父の曹操から魏の王太子(おうたいし)に立てられる。

-220年(34歳)-
1月、父の曹操が崩御(ほうぎょ)。

2月、父の跡を継ぎ丞相・魏王となる。

2月、父の曹操の王后で、自身の実母でもある卞氏に王太后(おうたいごう)の尊称を奉る。

2月、布令を出す。「関所と津(わたしば)は旅の商人を通行させるためのものであり、池と御苑(ぎょえん)は災害を防ぐものであるのに、禁令を設け重い税を課すのは民に利便を与えることにならない」とし、「池にやなを張ることを禁ずる法令を廃止したうえ、関所と津の税を軽減し、すべて10分の1に戻すように」というもの。

2月、諸侯王や将相以下、大将までの官にある者たちに1万斛(ごく)の粟と1千匹(びき)の絹を授け、それぞれに等級をつけて金銀を賜与する。

また、使者を遣わして郡国を巡行させ、道理に反し、大きな顔をして人を踏みつけにしたり、暴虐を働く者があれば、その罪を弾劾するよう命じた。

2月、太中大夫(たいちゅうたいふ)の賈詡(かく)を太尉(たいい)に、御史大夫(ぎょしたいふ)の華歆(かきん)を相国(しょうこく)に、大理(だいり)の王朗(おうろう)を御史大夫に、それぞれ任ずる。さらに散騎常侍(さんきじょうじ)と侍郎(じろう。散騎侍郎か?)を4人ずつ配置。

官職に就いている宦官(かんがん)は諸官署の令(れい)以上の位に昇ることを許さないものとし、金製の札を作って布令を記し、それを文書保管庫に納めさせた。

2月、父の曹操を高陵(こうりょう)に葬る。

3月、献帝が「建安(けんあん)」を「延康(えんこう)」と改元する。

『三国志』(魏書・文帝紀)の記事からは2月のことかと思わせるが、『後漢書(ごかんじょ)』(献帝紀〈けんていぎ〉)には3月のこととあった。

3月、譙に黄色い龍が現れる。

3月、前将軍(ぜんしょうぐん)の夏侯惇(かこうとん)を大将軍(だいしょうぐん)に任ずる。

3月、濊貊(わいばく)と扶余(ふよ)の単于(ぜんう)および焉耆(えんき)と于闐(うてん)の王から、それぞれ朝貢の使者がやってくる。

3月、史官に、「重(ちょう)・黎(れい)・羲(ぎ)・和(か)(これらはいずれも古代の史官)の担当していた職務をつかさどり、大いなる天の命令に慎んで従い。日月星辰(じつげつせいしん)を数え写し、天の定める時(四季)を奉ずること」を命ずる。

3月、布令を出す。「もとの尚書僕射(しょうしょぼくや)の毛玠(もうかい)、奉常(ほうじょう)の王脩(おうしゅう)と涼茂(りょうぼう)、郎中令(ろうちゅうれい)の袁渙(えんかん)、少府(しょうふ)の謝奐(しゃかん)と万潜(ばんせん)、中尉(ちゅうい)の徐奕(じょえき)と国淵(こくえん)らは、みな忠直の士として朝廷におり、仁愛と道義を旨としていたが、いずれも早くに世を去った。しかし子孫は衰微しており、惻々(そくそく)として哀れを覚える。彼らの息子をみな郎中(ろうちゅう)に任じよ」というもの。

4月、饒安県(じょうあんけん)から「白い雉(キジ)が現れた」との報告が届く。

4月、大将軍の夏侯惇が死去。

5月、献帝から、もとの太尉の曹嵩(そうすう。曹丕の祖父)を追尊して太王(たいおう)と称し、その夫人であった丁氏(ていし。曹丕の祖母)を王太后と称するよう命ぜられる。また、息子の曹叡が武徳侯(ぶとくこう)に封ぜられた。

5月、馮翊(ひょうよく)の山族の鄭甘(ていかん)と王照(おうしょう)が手下を引き連れて降る。これを受け、ふたりを列侯(れっこう)に封じた。

5月、酒泉(しゅせん)の黄華(こうか)と張掖(ちょうえき)の張進(ちょうしん)らがそれぞれ太守(たいしゅ)を捕らえて反乱を起こす。金城太守(きんじょうたいしゅ)の蘇則(そそく)が張進を討伐し、これを斬った。黄華のほうは降伏した。

6月、鄴(ぎょう)の東郊で閲兵を行う。

6月、南方征討に出発。

7月、布令を出す。軒轅(けんえん。黄帝〈こうてい〉)と放勛(ほうくん。堯〈ぎょう〉)の時代の例を挙げ、「百官有司(ゆうし。担当官吏)は自己の職務に努め、忠言を尽くすように」というもの。

7月、孫権(そんけん)の使者が到着し、献上の品々を届ける。

7月、劉備(りゅうび)配下の孟達(もうたつ)が軍勢を引き連れ降伏してきたため、そのまま新城太守(しんじょうのたいしゅ)としたうえ列侯に封ずる。

7月、武都(ぶと)の氐族(ていぞく)の王である楊僕(ようぼく)が、族人らを引き連れ服属し、漢陽郡(かんようぐん)に移住する。

7月、軍勢をひきいて譙に到着。譙の東に全軍の兵士と県の長老や住民たちを集め、大供宴を催した。

7月、譙陵に参拝。

8月、石邑県(せきゆうけん)から「鳳凰(ほうおう)が群れ集った」との報告が届く。

10月、布令を出す。「諸将の征伐に従軍して戦死した士卒には、まだ遺骸を収容できていない者がいる」として、「郡国に申し渡し、槥櫝(ひつぎ)を給付して遺骸を納め、家に送り届けたうえ、お上で祭祀を執り行うように」というもの。

10月、曲蠡(きょくり)まで軍勢を進める。

10月、献帝の禅譲を受け入れて帝位に即く。この10月中には、献帝が禅譲を申し入れ、それを曹丕が辞退してみせる、というやり取りが繰り返された。曹丕は、漢の「延康」を「黄初(こうしょ)」と改元したうえ大赦を行う。

『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『献帝伝』には、曹丕が献帝の禅譲を受けたのは10月29日のこととある。

11月、漢の献帝を山陽公(さんようこう)に封ずる。その領邑(りょうゆう)は河内郡(かだいぐん)山陽県の1万戸とした。

また、「漢の正朔(せいさく。暦〈こよみ〉)をそのまま使うこと」「天子〈てんし〉の儀礼によって天を祭ること」「上書する際に臣ととなえなくてもよいこと」を認めたうえ、都で太廟(たいびょう)の祭事を行ったときには供物を届けることとし、彼の4人の息子たちを列侯に封じた。

11月、皇祖の太王(曹嵩)を追尊して太皇帝(たいこうてい)の称号を、父の武王(ぶおう。曹操)に武皇帝(ぶこうてい)の称号を、それぞれ奉り、さらに王太后(卞氏)を尊び皇太后(こうたいごう)の称号を奉る。

11月、民の男子それぞれに爵位を1級ずつ賜与し、跡継ぎや父母など目上の者によく仕える者、農事に熱心な者には、それぞれ爵位を2級与える。

11月、漢の諸侯王を崇徳侯(すうとくこう)に、同じく漢の列侯を関中侯(かんちゅうこう)に、それぞれ封ずる。

また、潁陰県(えいいんけん)の繁陽亭(はんようてい)については、自身が禅譲を受けた地として繁昌県(はんしょうけん)と改めた。封爵や官位の昇進を行ったが、人によって格差をつけた。

相国を司徒に、御史大夫を司空(しくう)に、奉常を太常(たいじょう)に、郎中令(ろうちゅうれい)を光禄勲(こうろくくん)に、大理を廷尉(ていい)に、大農(だいのう)を大司農(だいしのう)に、それぞれ改称。郡国の県や邑(ゆう。村)にも多くの変更があった。

匈奴(きょうど)の南単于(なんぜんう。王)の呼廚泉(こちゅうせん)に改めて璽綬(じじゅ)を授け、青蓋車(せいがいしゃ)・乗輿(じょうよ)・宝剣・玉玦(ぎょっけつ。1か所が切れている環状の玉)を賜与した。

12月、洛陽宮(らくようきゅう)の造営を命じ、17日に洛陽へ行幸する。

この年、陳羣(ちんぐん)の建議により「九品官人法(きゅうひんかんじんほう)」を制定。

この年、同母弟の曹植を臨菑侯(りんしこう)から安郷侯(あんきょうこう)に貶(おと)したうえ、その一派であった丁儀(ていぎ)・丁廙(ていい)兄弟らを処刑。

-221年(35歳)-
1月、天地の祭りと明堂(めいどう。政堂)の祭祀を執り行う。

1月、木柵を作り鳥獣の退路をふさぎ、狩猟を催す。この際、原陵(げんりょう)まで行き、使者を遣わし太牢(たいろう。牛・羊・豕〈イノコ〉)を捧げ、漢の世祖(せいそ。光武帝〈こうぶてい〉)を祭った。

1月、洛陽の東郊で太陽を祭る。

1月、孝廉の制度を見直す。これまで、人口10万未満の郡国では年にひとりの孝廉を推挙していたものを、格別に優秀な者がいるときには、人口や戸数で限定することなく推挙できるものと改めた。

1月、三公の領邑を分割し、その子弟ひとりずつを列侯に封ずる。

1月、潁川郡の田租を1年間免除する。

1月、許県(きょけん)を許昌県(きょしょうけん)と改め、魏郡の東部を陽平郡(ようへいぐん)に、西部を広平郡(こうへいぐん)に、それぞれ改組する。

1月、詔(みことのり)を下し、議郎(ぎろう)の孔羨(こうせん)を宗聖侯(そうせいこう)に取り立て、100戸の領邑を与えて孔子(こうし)の祭祀を奉じさせる。

また、魯郡(ろぐん)に命じて孔子の旧廟(きゅうびょう)を修復させ、100戸の吏卒を置き守護させた。さらに廟の外に広大な屋敷を建てて学者たちを住まわせた。

3月、遼東太守(りょうとうたいしゅ)の公孫恭(こうそんきょう)に車騎将軍(しゃきしょうぐん)の官を加える。

3月、五銖銭(ごしゅせん。漢代に通行し、董卓〈とうたく〉によって廃止された、重さ5銖の銅貨)を復活させる。

4月、車騎将軍の曹仁(そうじん)を大将軍に任ずる。

3月の公孫恭の記事との兼ね合いがつかめず。一時的に車騎将軍がカブっているように見えるが……。

4月、蜀(しょく)の劉備が帝位に即く。

5月、鄭甘が再び反乱を起こす。曹仁が討伐にあたり、鄭甘を斬った。

6月、五岳(ごがく。泰山〈たいざん〉・華山〈かざん〉・衡山〈こうざん〉・恒山〈こうざん〉・嵩山〈すうざん〉)および四瀆(しとく。長江〈ちょうこう〉・黄河〈こうが〉・淮水〈わいすい〉、済水〈せいすい〉)を、それぞれの格に応じて祭る。

6月、都(洛陽)の宗廟(そうびょう)が完成していなかったため、建始殿(けんしでん)で武皇帝(曹操)を祭る。この際、自ら供物を手にし、家庭の礼のごとく執り行った。

6月、夫人の甄氏(しんし)が死去。

6月、日食が起こり、担当官吏から「太尉を罷免されますように」との上奏がある。

しかし詔を下し、「災害異変は元首を譴責(けんせき)するものである」として、「今後は天災があっても、二度と三公を弾劾しないように」と命じた。

8月、孫権の使者が到着して上奏し、領内に留めていた于禁(うきん)らを送り帰してくる。

8月、太常の邢貞(けいてい)に節(せつ。使者のしるし)を持たせて孫権のもとに遣わし、孫権を大将軍に任じたうえ呉王(ごおう)に封じ九錫(きゅうせき)を加える。

10月、楊彪(ようひゅう)を光禄大夫(こうろくたいふ)に任ずる。

?月、穀物の高騰により五銖銭を廃止。

11月、鎮西将軍(ちんぜいしょうぐん)の曹真(そうしん)が大勢の将軍や州郡の兵に命令を下し、反乱を起こした蛮族の治元多(ちげんた)・盧水(ろすい)・封賞(ほうしょう)らを討伐。5万余の首を斬り、10万人の捕虜を得たうえ、111万匹の羊と8万頭の牛を捕獲。これにより河西(かせい)が平定された。

11月、大将軍の曹仁を大司馬(だいしば)に任ずる。

ここも8月の孫権の記事との兼ね合いがつかめず。一時的に大将軍がカブっているように見えるが……。

12月、東方を巡幸する。

この年、陵雲台(りょううんだい)を築いた。

この年、息子で武徳侯の曹叡を斉公(せいこう)に移封。また、同母弟で鄢陵侯(えんりょうこう)の曹彰を鄢陵公に進めるなど、一族の多くを侯から公に進めた。だが、同母弟で安郷侯の曹植については鄄城侯(けんじょうこう)に移封しただけだった。

-222年(36歳)-
1月、日食が起こる。

1月、許昌宮(きょしょうきゅう)に行幸。

1月、詔を下す。現在の上計吏(じょうけいり)と孝廉について触れ、郡国に対して「選抜者の年齢にこだわらないように」と命ずるもの。

「経学(けいがく)に通じている儒者や法律に通じている者は全員を試用する」としたうえ、担当官吏には「故意に事実に合わない推挙をした者があれば糾弾せよ」とも命じた。

2月、呉王の孫権から上奏文が届く。劉備の軍勢4万と馬2、3千頭が秭帰(しき)を出たことを伝えたうえ、劉備軍を掃討する意思を示したもの。これを受け孫権に激励の返書を送った。

2月、鄯善(ぜんぜん)・亀茲(きゅうじ)・于闐といった西域の都市国家の王が、それぞれ使者を遣わし献上品を奉る。

これを受けて詔を下し、「服属してきた外民族をいたわり、ねぎらうように」と命じた。これ以後、西域との交通がなされるようになったため、戊己校尉(ぼきこうい)を設置。

3月、息子で斉公の曹叡を平原王(へいげんおう)に移封したうえ、同母弟で鄢陵公の曹彰ら11人もみな王に進める。

また、封王(ほうおう。最初に位に即いた王)の庶子(しょし。ここでは継嗣以外の息子)を郷公(きょうこう)とし、嗣王(しおう)の庶子を亭侯(ていこう)とし、公の庶子を亭伯(ていはく)とする制度を定めた。

3月、息子の曹霖を河東王(かとうおう)に封ずる。

3月、襄邑(じょうゆう)に行幸。

4月、同母弟で鄄城侯の曹植を鄄城王に封ずる。

4月、許昌宮に還幸。

5月、荊州(けいしゅう)および揚州(ようしゅう)の江南(こうなん)にある8郡をもって荊州と定める。これは荊州牧(けいしゅうのぼく)を兼ねていた呉王の孫権に配慮した措置で、荊州の江北(こうほく)にある諸郡は郢州(えいしゅう)と定めた。

閏06月、呉王の孫権から、夷陵(いりょう)で劉備軍を撃破したとの上奏文が届く。

7月、冀州(きしゅう)で大規模な蝗(イナゴ)の被害が発生し民が飢える。これを受け尚書(しょうしょ)の杜畿(とき)に節を持たせ、官倉を開き救済するよう命じた。

8月、蜀の黄権(こうけん)が軍勢をひきいて降伏してくる。

9月、詔を下す。「婦人が政治に関与することは乱の本源である」として、「今後、群臣は太后(たいこう)に政事を上奏してはならない」というもの。

また、「后(きさき)の一族は政事を補佐する任務を引き受けてはならない」とし、「ほしいままに領地を伴った爵位を受けてはならない」とした。そして、「もし違反する者があれば、天下は協力してその者を誅滅せよ」とも命じた。

9月、郭氏(かくし)を皇后(こうごう)に立てる。この際、天下の男子にそれぞれ2級ずつ爵位を授けた。また、連れ合いのない男女や重病人、貧窮して自立できない者には穀物を下賜した。

9月、曹休(そうきゅう)・張遼(ちょうりょう)・臧霸(そうは)らを遣わし、洞口(どうこう)まで軍勢を進めさせる。さらに曹仁には濡須(じゅしゅ)まで軍勢を進めさせ、曹真・夏侯尚(かこうしょう)・張郃(ちょうこう)・徐晃(じょこう)には南郡(なんぐん)を包囲するよう命ずる。

これに対し呉王の孫権は呂範(りょはん)らに命じ、五軍を指揮して水軍をもって曹休らの進出を食い止めさせ、諸葛瑾(しょかつきん)・潘璋(はんしょう)・楊粲(ようさん)を南郡の救援に向かわせ、朱桓(しゅかん)を濡須督(じゅしゅのとく)に任じて曹仁の進攻を食い止めさせようとした。

10月、首陵山(しゅりょうざん)の東に寿陵(じゅりょう。生前に造る陵墓)を築かせ、葬礼の制度をあらかじめ定める。

10月、先に設置した郢州を廃止し、もとの荊州に戻す。

10月、自身も孫権討伐に向かうため許昌から出撃する。孫権は「黄武(こうぶ)」と年号を定めて自立の意思を示し、長江沿いの防備を固めた。

11月、大風が吹き、呉の呂範の兵に数千の溺死者が出る。このため残った呉軍は江南へ引き揚げた。

11月、曹休が臧霸に命じ、決死隊1万と快速船500艘(そう)により、丹徒(たんと)の徐陵(じょりょう)を襲撃させる。臧霸は呉の攻城車を焼き、数千人を殺したり捕虜にした。

その一方、呉の将軍の全琮(ぜんそう)と徐盛(じょせい)の追撃を受けて部将の尹盧(いんろ)が斬られ、数百人が殺されたり捕らえたりした。

11月、宛(えん)に行幸。

?月、夏侯尚に諸軍を統率させ、曹真と協力して呉の江陵(こうりょう)を包囲させる。呉の諸葛瑾は長江の中流にある中洲(なかす)に渡り、別に水軍を江上に待機させた。

夏侯尚は、夜中にこっそり下流から長江を渡って諸葛瑾の諸軍を攻め、船に火をかけたあと水陸両軍で一斉に攻め立て撃破した。しかし、江陵城を陥落させる前に疫病が大流行したため、曹丕は夏侯尚に引き揚げを命じた。

11月、日食が起こる。

12月、呉の孫権が太中大夫の鄭泉(ていせん)を遣わし、白帝(はくてい)にいた蜀の劉備を聘問させる。これにより呉と蜀は再び友好関係を回復した。

この年、霊芝池(れいしち)を掘らせた。

-223年(37歳)-
1月、曹真が軍勢を分け、その一隊が江陵の中洲を占領する。

1月、呉の孫権が、夏口(かこう)の江夏山(こうかざん)に城壁を築かせる。

1月、詔を下す。「四海のうちは平定されたばかりである」として、「自分勝手に個人的な復讐をする者はすべて族殺する」というもの。

?月、宛に南巡台(なんじゅんだい)を築く。

3月、曹仁が将軍の常彫(じょうちょう。常雕か?)らを遣わし、兵5千を油船(ゆせん。油を塗った皮をかぶせた船)に乗せ、明け方に濡須の中洲に渡らせる。

曹仁の息子の曹泰(そうたい)は、そこを足場に呉の朱桓を激しく攻め立てた。朱桓は手勢で防戦する一方、将軍の厳圭(げんけい)らを遣わして常彫を討ち破った。この3月のうちに魏軍はすべて撤退した。

3月、宛から洛陽に還幸。

3月、月が心宿(しんしゅく。さそり座の中央部)の中央の大星(大火〈たいか〉。さそり座のアンタレス)を犯す。

3月、詔を下し、先の呉との各方面での戦いぶりを総括する。

3月、大司馬の曹仁が死去。

3月、疫病が大流行する。

4月、蜀の劉備が死去。翌5月、息子の劉禅(りゅうぜん)が跡を継いだ。

5月、鵜鶘(ペリカン)が霊芝池に群がったことを受け詔を下す。「この鳥は『詩経(しきょう)』でいう汚沢(おたく)である」として、曹風(そうふう)の詩(候人〈こうじん〉)を挙げ、「天下にいる、優れた徳を持ち立派な才能を持つ人物、ずば抜けた品行の君子を広く推挙し、曹国の人の風刺に応えよ」というもの。

6月、担当官吏からふたつの廟の造営を求める上奏がある。「太皇帝(祖父の曹嵩)の廟を建て、大長秋(だいちょうしゅう)・特進侯(とくしんこう。曾祖父の曹騰〈そうとう〉)は高祖(こうそ。曹丕の祖父の祖父にあたる曹節〈そうせつ〉)と合祭し、近しい関係が断ち切れれば、順序に従い廃止されますように、特に武皇帝(父の曹操)の廟をお建てになり、季節ごとに供物を捧げて祭祀をされ、魏の太祖(たいそ)として1万年ののちまで廃止されませんように」というもの。

6月、同母弟で任城王(じんじょうおう)の曹彰が洛陽で急死。

6月、太尉の賈詡が死去。

6月、太白星(たいはくせい。金星)が昼間に現れる。

6月、大雨により伊水(いすい)と洛水(らくすい)があふれ、多くの民が亡くなり家屋も破壊される。

6月、呉の孫権が将軍の賀斉(がせい)に命じ、麋芳(びほう)と劉邵(りゅうしょう)らをひきいて蘄春(きしゅん)へ攻め寄せる。劉邵らの手により、先に呉から寝返ったため蘄春太守(きしゅんのたいしゅ)に任じていた晋宗(しんそう)が生け捕りにされた。

7月、東方巡幸に従う大軍が出発するにあたり太常を遣わし、大きな牡牛(おうし)1頭を捧げて郊外で天を祭り、軍勢の出発を報告させる。

8月、廷尉の鍾繇(しょうよう)を太尉に任ずる。

8月、担当官吏から上奏がある。「漢氏の宗廟で奏されます安世楽(あんせいがく)を正世楽(しょうせいがく)に、嘉至楽(かしがく)を迎霊楽(げいれいがく)に、武徳楽(ぶとくがく)を武頌楽(ぶしょうがく)に、昭容楽(しょうようがく)を昭業楽(しょうぎょうがく)に、雲翹舞(うんぎょうぶ)を鳳翔舞(ほうしょうぶ)に、育命舞(いくめいぶ)を霊応舞(れいおうぶ)に、武徳舞(ぶとくぶ)を武頌舞(ぶしょうぶ)に、文始舞(ぶんしぶ)を大韶舞(たいしょうぶ)に、五行舞(ごぎょうぶ)を大武舞(たいぶぶ)に、それぞれ改称されますように」というもの。

8月、滎陽(けいよう)で木柵を作って狩猟を行い、そのまま東へ巡幸する。巡幸の間に孫権征討のときの論功行賞を実施し、諸将以下、それぞれ働きに応じて爵位を進め、領邑の加増を行った。

9月、許昌宮に行幸。

12月、山陽公(漢の献帝の劉協〈りゅうきょう〉)の夫人(曹節〈そうせつ〉。曹操の娘で曹丕の妹)に化粧料として領地を賜与し、その娘の曼(まん。劉曼〈りゅうまん〉)を長楽郡公主(ちょうらくぐんこうしゅ)に封ずる。領地は500戸ずつとした。

冬、芳林園(ほうりんえん)に甘露が降りる。

この年、同母弟の曹植を鄄城王から雍丘王(ようきゅうおう)に移封。

-224年(38歳)-
1月、詔を下す。「反逆の企てと大逆罪の場合は密告してもよいが、その他の場合は、密告に耳を貸したり取り調べをしてはならない」というもの。「大胆にもでたらめの密告をする者があれば、密告された者の罪をもって密告した者を断罪する」とした。

3月、許昌から洛陽宮に還幸。

4月、太学(たいがく)を建てて五経(ごきょう)の試験の法を制定し、『春秋(しゅんじゅう)』の穀梁博士(こくりょうはくし)の官を設置。

5月、担当官吏から上奏がある。「公卿(こうけい)が朔(さく。1日)と望(ぼう。15日)の日に参朝した際、疑事を上奏し、政治に関する重大事を聴取して判断を下し、その得失について議論し、判定されるようしていただきたい」というもの。

7月、東方へ巡幸し、許昌宮に到着。

8月、水軍を編成して自ら龍舟(りょうしゅう)に乗り、蔡河(さいが)と潁水(えいすい)を通って淮水に進み、寿春(じゅしゅん)へ行幸する。

8月、揚州の境域にいる将兵や民のうち、5年以下の刑にあたる罪人をみな赦免する。

9月、広陵(こうりょう)まで進み、青州(せいしゅう)・徐州(じょしゅう)の両州に免赦令を下し、守備にあたる諸将を変更する。

10月、太白星が昼間に現れる。

10月、許昌宮に還幸。

10月、詔を下す。「いま、事は多くて民は少なく、上下ともに法によって苦しめられており、民は手足を置く場所もないありさまである」と述べ、「広く刑罰の軽減について論議し民に恩恵を与えよ」というもの。

11月、飢饉(ききん)に陥った冀州へ使者を遣わし、官倉を開いて住民を救済させる。

11月、日食が起こる。

12月、詔を下す。「先王(古代の聖王)が礼を制定されたのは、孝道を明らかにし先祖に仕えるためである。その最高のものは天地の祭祀である郊(こう)と社(しゃ)、その次が先祖を祭る宗廟の祭祀である。しかし、三辰(さんしん。日・月・星)・五行(ごぎょう。木・火・土・金・水)・名山(めいざん)・大川(たいせん)はこの類いでなく、祀典(してん)の例に入らない」とし、「今後、あえて祭るべきでない祭祀を設け、巫祝(みこ)の言葉を用いる者に対しては、すべて道に外れた行為として裁く」とした。

この年、天淵池(てんえんち)を掘らせた。

-225年(39歳)-
2月、使者を遣わし、許昌以東、沛郡の全域を巡行させ、「民の困苦を慰問し貧民に救済策を施すように」と命ずる。

2月、詔を下す。「尚書令(しょうしょれい)・潁郷侯(えいきょうこう)の陳羣を鎮軍大将軍(ちんぐんだいしょうぐん)に、尚書僕射・西郷侯(せいきょうこう)の司馬懿(しばい)を撫軍大将軍(ぶぐんだいしょうぐん)に、それぞれ任ずる」というもの。

そして、「もし朕(ちん)が長江に向かい諸将に策略を授ける場合には、撫軍将軍(司馬懿)は許昌に留守し、後部にいる諸軍を統率せよ。留守の尚書台において文書の事をつかさどるように、鎮軍将軍(陳羣)は御車(みくるま)に随行し、衆軍を統率して行尚書事(こうしょうしょじ)を受け持つように」と命じ、ふたりを仮節(かせつ)としたうえ鼓吹(こすい。軍楽隊)を与え、中軍の歩騎600人を護衛として支給した。

3月、召陵(しょうりょう)に行幸し、討虜渠(とうりょきょ。運河)の開通を視察。

3月、許昌宮に還幸。

3月、幷州刺史(へいしゅうしし)の梁習(りょうしゅう)が鮮卑(せんぴ)の軻比能(かひのう)を討伐し、これを散々に討ち破る。

閏3月、水軍を整え自ら東方征討に赴く。

5月、譙に到着。

5月、熒惑星(けいわくせい。火星)が太微(たいび。星垣〈せいえん〉。しし座の西端にある10星)に入る。

6月、利成郡(りせいぐん)の兵士である蔡方(さいほう)らが郡を挙げ背き、利成太守(りせいたいしゅ)の徐質(じょしつ)を殺害。

これを受け屯騎校尉(とんきこうい)の任福(じんふく)と歩兵校尉(ほへいこうい)の段昭(だんしょう)を遣わし、青州刺史(せいしゅうのしし。王淩〈おうりょう〉)と協力して討伐にあたらせた。

この反乱に加わった者のうち、脅迫されたり無理やり引き込まれた者、および反乱の発生により亡命した者については全員の罪を赦した。

7月、息子の曹鑒を東武陽王(とうぶようおう)に封ずる。

8月、水軍をひきい譙を発ち、渦水(かすい)を通って淮水に入り、陸路を進んで徐(じょ)に到着。

9月、東巡台(とうじゅんだい)を築く。

10月、広陵の古城に赴き、長江を前に閲兵を行う。このとき魏の軍勢は10余万にも上り、数百里(り)にわたって軍旗がはためいた。

10月、軍勢を引き揚げる。この年は寒さが厳しく、水路が凍結したため長江に船を進めることができなかった。

11月、息子で東武陽王の曹鑒が薨去(こうきょ)。

12月、譙を発ち梁(りょう)に行幸。ここで使者を遣わして太牢を捧げさせ、もとの漢の太尉である橋玄(きょうげん)を祭らせた。

-226年(40歳)-
1月、許昌に到着した際、城門が理由もなく崩壊する。これを不吉と考え、許昌には入城しなかった。

1月、洛陽宮に還幸。

3月、九華台(きゅうかだい)を築く。

5月、病が重くなり、ようやく曹叡を皇太子(こうたいし)に立てる。

5月、危篤に陥り、中軍大将軍(ちゅうぐんだいしょうぐん)の曹真、鎮軍大将軍の陳羣、征東大将軍(せいとうだいしょうぐん)の曹休、撫軍大将軍の司馬懿を召し寄せる。これら4人に遺詔を授け、継主を補佐するよう命じた。

さらに、後宮の淑媛(しゅくえん。妃妾〈ひしょう〉の位)や昭儀(しょうぎ。妃妾の位)以下の宮女を実家に帰らせた。

5月、嘉福殿(かふくでん)で崩御。

管理人「かぶらがわ」より

父の曹操が実力主義を徹底した人物だったため、正式な跡継ぎとして指名を受けるまで、曹丕には数多くの困難が待ち受けていました。特に、希代の文才を備えていた弟の曹植との関係が興味深いです。

『三国志演義』では多分に脚色されているものの、曹植の封地を頻繁に移すといった扱いをしていたのは事実。いろいろな捉え方はあるでしょうが、度量という点ではいまひとつだったのかも?

また、軍事面では大した戦果を挙げられませんでしたが、国が傾くような大敗を繰り返したりもしていません。このあたりの才能は「曹操譲り」とはいかなかったようです。

ただ、国を統治していく能力は十分に備えていたと思われ、偉大な父や華やかな弟たちと比べられ、曲がったところだけ大きく取り上げられすぎている気がします。

曹操並みにとまではいかなくても、あと10年を経てから曹叡に引き継いでいたら、後世の曹丕の評価というのはどう変わっていたのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました