聶友(じょうゆう)

【姓名】 聶友(じょうゆう) 【あざな】 文悌(ぶんてい)

【原籍】 豫章郡(よしょうぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・諸葛恪伝(しょかつかくでん)』に付された「聶友伝」あり。

虞翻(ぐはん)や諸葛恪から評価された将軍(しょうぐん)

父母ともに不詳。

聶友は弁才があり、若いころ県吏となった。

虞翻が孫権(そんけん)の怒りを買い交州(こうしゅう)に配流(はいる)されたとき、聶友は県令(けんれい)の命を受け配所への出発を見送る。

虞翻は聶友と語り合って才能を評価し、豫章太守(よしょうたいしゅ)の謝斐(しゃひ)に手紙を送り、聶友を「功曹(こうそう)」に起用するよう勧めた。謝斐は現任の功曹を説得し職を譲らせ、聶友を用いることにした。

のち聶友が都に使いした際、諸葛恪は彼と対等の友人関係を結ぶ。当時、顧譚(こたん)と顧承(こしょう)の評判が高く、ふたりに並ぶ者はないと言われていたが、諸葛恪が聶友を同格に扱おうとしたため彼の名も知られるようになった。

顧譚と顧承は顧邵(こしょう)の息子で、顧雍(こよう)の孫。

242年、将軍の聶友は校尉(こうい)の陸凱(りくかい)とともに3万の軍勢をひきい、珠崖(しゅがい)および儋耳(たんじ)の討伐に向かう。そして帰還後に「丹楊太守(たんようのたいしゅ)」に任ぜられた。

252年、諸葛恪が東興(とうこう)で魏軍(ぎぐん)を大破し、莫大(ばくだい)な鹵獲品(ろかくひん)を得て凱旋(がいせん)した。

翌253年春、昨年の大勝に慢心した諸葛恪は、再び軍勢を動かしたいと願い出る。

重臣たちは兵士の疲労を考慮して諫めたが、諸葛恪は再出兵の意義を説明する論を著し、みなの反対を抑えようとした。聶友も手紙を送り諸葛恪を思いとどまらせようとしたが、やはり聞き入れてもらえなかった。

諸葛恪は州郡に大動員を発令して20万の大軍をそろえたが、人々の間で騒動が起こったため一気に求心力が衰える。

同年4月、出兵を強行した諸葛恪は魏の合肥新城(ごうひしんじょう)を包囲するも、なかなか陥せない。そのうち軍中で疫病が流行し、得るところなく撤退に追い込まれた。このことから諸葛恪は完全に声望を失い、彼に対する怨嗟(えんさ)の声が高まった。

同年8月、諸葛恪が敗軍をひきいて帰還。すぐさま中書令(ちゅうしょれい)の孫嘿(そんもく)を呼びつけ八つ当たりぎみに叱責したり、遠征中に実施された人事のやり直しを命じたりした。また、自分の威信を保とうとして多くの者の罪を問い責め立てたので、彼の前に出る者はみな息を潜めた。

さらに諸葛恪は宮中の宿衛にあたる者を自分と親しい者に入れ替えたうえ、新たに青州(せいしゅう)や徐州(じょしゅう)への出兵をもくろむ。

武衛将軍(ぶえいしょうぐん)の孫峻(そんしゅん)は人々の不満が高まっている状況を見て、この機会に諸葛恪を除こうと考える。そこで孫亮(そんりょう)と相談して一計を案ずると、同年10月、宮中で催された宴席で諸葛恪を誅殺した。

次いで孫峻は、諸葛恪と親しかった聶友も「鬱林太守(うつりんのたいしゅ)」として転出させようとする。だが聶友は病に倒れ、憂悶(ゆうもん)のうちに死去(時期は不明)した。

管理人「かぶらがわ」より

本伝には記事が少なく、裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く張勃(ちょうぼつ)の『呉録(ごろく)』から多くを補いました。ただ、『呉録』には「聶友は33歳で死去した」とあったのですけど、これではだいぶ若すぎると思います。

仮に諸葛恪が誅殺された年(253年)に聶友が33歳で亡くなったのだとしたら、彼は221年生まれということになりますけど、そうすると242年に22歳の若さで「将軍」だったことになりますし、それ以前に何歳で豫章郡の「功曹」になったのかという疑問も出てきます。聶友の享年については保留ですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】