滕胤(とういん)

【姓名】 滕胤(とういん) 【あざな】 承嗣(しょうし)

【原籍】 北海国(ほっかいこく)劇県(げきけん)

【生没】 ?~256年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第108回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・滕胤伝』あり。

優れた人格や誠実な仕事ぶりをたたえられるも、孫綝(そんりん)の排除に失敗し族滅の憂き目

父は滕冑(とうちゅう)だが、母は不詳。滕耽(とうたん)は伯父。滕牧(とうぼく。滕密〈とうみつ〉)は同族。妻は孫霸(そんは)の娘。諸葛恪(しょかつかく)の息子の諸葛竦(しょかつしょう)や呉纂(ごさん)に嫁いだ娘がいた。

滕胤の家は同じ青州(せいしゅう)出身の劉繇(りゅうよう)の家と親しく、代々婚姻関係を結ぶ間柄だった。そのため世の中が騒がしくなると長江(ちょうこう)を渡り、「揚州牧(ようしゅうのぼく)」を務めていた劉繇のもとに身を寄せる。ところが194年、劉繇は孫策(そんさく)と戦って敗れ、翌195年に病死した。

劉繇は東萊郡(とうらいぐん)牟平県(ぼうへいけん)の出身。前漢(ぜんかん)の斉孝王(せいのこうおう。高祖〈こうそ〉の孫の劉将閭〈りゅうしょうりょ〉。父は「斉悼恵王〈せいのとうけいおう〉」こと劉肥〈りゅうひ〉)の後裔(こうえい)にあたる。

209年、孫権(そんけん)が「車騎将軍(しゃきしょうぐん)」になると、伯父の滕耽は「右司馬(ゆうしば)」を務め寛厚な人柄をもってたたえられたが、早くに死去(時期は不明)し跡継ぎもいなかった。

父の滕冑のほうは優れた文章を書くことができたので、孫権から賓客の待遇を受け、軍事や政事に関する書類の手直しを任されたが、彼もまた不幸にして短命に終わった(こちらも時期は不明)。

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く韋昭(いしょう。韋曜〈いよう〉)の『呉書』によると、滕冑は滕胤が12歳の時に死去したという。

221年、孫権が魏(ぎ)の曹丕(そうひ)から「呉王」に封ぜられると、生前の滕冑の働きを思い起こし、息子の滕胤を「都亭侯(とていこう)」に封じた。滕胤は若いころから節操があり、その容儀も立派だったという。

滕胤は20歳の時に孫霸の娘を娶り、30歳で官途に就いた。「丹楊太守(たんようのたいしゅ)」を振り出しに「呉郡太守」や「会稽太守(かいけいのたいしゅ)」を歴任したが、どの任地でも評判は良かった。

251年、孫権の病状が悪化すると、滕胤は見舞いのため都へ上る。このとき「太常(たいじょう)」に任ぜられ、そのまま都にとどまることになった。

翌252年4月、孫権が危篤に陥ると、滕胤・諸葛恪・孫弘(そんこう)・呂拠(りょきょ)・孫峻(そんしゅん)の5人が枕頭(ちんとう)に呼ばれて後事を託された。翌日に孫権は崩じ、この月のうちに孫亮(そんりょう)が帝位を継ぐ。

同年閏4月、滕胤は「衛将軍(えいしょうぐん)」の官位を加えられ、諸葛恪ともども「尚書(しょうしょ)」を兼ねる。

先の229年、孫権は武昌(ぶしょう)から建業(けんぎょう)へ遷都すると、翌230年には東興(とうこう)に堤を築き巣湖(そうこ)をせき止めた。のち淮南(わいなん)へ進軍した際、その堤を破壊し船を入れたが、以後は改修せず放置していた。

同年(252年)10月、諸葛恪は人数を集め東興に大規模な堤を造り、左右の山地にふたつの城も築く。両城に1千人ずつ兵士を置き、全端(ぜんたん)と留略(りゅうりゃく)に守備を命ずると、自身は軍勢をまとめて引き揚げた。

同年12月、魏の胡遵(こじゅん)や諸葛誕(しょかつたん)が7万の軍勢をひきい、両城を包囲し堤を破壊しようとしたため、諸葛恪は4万の軍勢をもって救援に駆けつける。

先鋒を務めた留賛(りゅうさん)・呂拠・唐咨(とうし)・丁奉(ていほう)といった将軍たちの活躍により呉軍は大勝を収め、莫大(ばくだい)な鹵獲品(ろかくひん)を得て凱旋(がいせん)した。

翌253年春、昨年の大勝に慢心した諸葛恪が再び軍勢を動かしたいと願い出る。

重臣たちは兵士の疲労を考慮して諫めたが、諸葛恪は再出兵の意義を説明する論を著し、みなの反対を抑えようとした。滕胤もまた諸葛恪を諫めたが、やはり聞き入れてもらえなかった。

そこで滕胤は「都下督(とかとく)」として都に残り、諸葛恪の留守中の諸事を統括。昼は賓客に応対する一方、夜を徹し公文書に目を通すこともあったという。

諸葛恪は州郡に大動員を発令して20万の大軍をそろえたが、人々の間で騒動が起こったため一気に求心力が衰える。

同年4月、諸葛恪は魏の合肥新城(ごうひしんじょう)を包囲したものの、なかなか陥せない。そのうち軍中で疫病が流行し、得るところなく撤退に追い込まれた。これにより諸葛恪は完全に声望を失い、彼に対する怨嗟(えんさ)の声が高まった。

同年8月、諸葛恪が敗軍をひきいて帰還。すぐさま中書令(ちゅうしょれい)の孫嘿(そんもく)を呼びつけ八つ当たりぎみに叱責したり、遠征中に実施された人事のやり直しを命じたりした。また、自分の威信を保とうとして多くの者の罪を問い責め立てたので、彼の前に出る者はみな息を潜めた。

さらに諸葛恪は宮中の宿衛にあたる者を自分と親しい者に入れ替えたうえ、新たに青州や徐州(じょしゅう)への出兵をもくろむ。

武衛将軍(ぶえいしょうぐん)の孫峻は人々の不満が高まっている状況を見て、この機会に諸葛恪を除こうと考える。そこで孫亮と相談し一計を案ずると、同年10月、宮中で催された宴席で諸葛恪を誅殺した。

ほどなく孫峻は「丞相(じょうしょう)・大将軍(だいしょうぐん)・督中外諸軍事(とくちゅうがいしょぐんじ)・仮節(かせつ)」に昇進し「富春侯(ふしゅんこう)」に爵位が進む。

一方で滕胤は、諸葛恪の息子の諸葛竦に嫁がせた娘がいたため辞職を願い出る。だが孫峻はこれを認めず、かえって彼の爵位を「高密侯(こうみつこう)」に進めたうえ、これまで通り共同で政治を行った。

256年、孫峻が急死すると、従弟の孫綝が「侍中(じちゅう)・武衛将軍・領中外諸軍事(りょうちゅうがいしょぐんじ)」に任ぜられ、代わって朝政を取り仕切った。

このとき遠征中だった驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)の呂拠は、話を聞くと自分の立場を危うく感じ、部将たちと連名で上表を行い滕胤を「丞相」に推薦する。

しかし、孫綝は滕胤を「丞相」ではなく「大司馬(だいしば)」に任じ、呂岱(りょたい)に替えて武昌に駐屯するよう命じた。呂拠は急いで引き返すと、人を遣り滕胤と連絡を取り合い、孫綝を排除しようとする。

孫綝もこの動きを聞くと、従兄の孫慮(そんりょ。孫憲〈そんけん〉)や文欽(ぶんきん)・劉纂(りゅうさん)・唐咨らの軍勢を繰り出し、呂拠を自殺に追い込む(処刑された可能性もありそう)。

さらに侍中・左将軍(さしょうぐん)の華融(かゆう)と中書丞(ちゅうしょじょう)の丁晏(ていあん)を遣り、滕胤に呂拠を捕縛する旨を伝えさせたうえ、速やかに武昌へ赴任するよう促した。

滕胤は危機が迫っているのを感じ、そのまま華融と丁晏を軟禁し守りを固める。そして典軍(てんぐん)の楊崇(ようすう)と将軍の孫咨(そんし)を呼び寄せ、孫綝が謀反を起こしたと告げ、華融らに迫って孫綝を非難する手紙を書かせた。

だが孫綝は手紙を無視し、滕胤が謀反を起こしたと上表。将軍の劉丞(りゅうじょう。劉承〈りゅうしょう〉と同一人物の可能性が高い)に爵位を約束し、歩騎をもって滕胤を攻囲させた。

滕胤は華融らを脅し、偽の詔(みことのり)を作らせて軍勢を動かそうとしたが、彼らが従わなかったので皆殺しにする。

ある者が滕胤に言った。

「兵をひきいて蒼龍門(そうりょうもん。建業の東門)までお進みになれば、城内の将士はあなたさまのお姿を見、きっと孫綝を見捨てて駆けつけることでしょう」

それでも滕胤は呂拠が約束どおり戻ってくることを期待しており、夜中に宮殿へ兵を向けることも憚(はばか)られたので進言を容れなかった。

結局、夜が明けても呂拠は到着せず、孫綝が動員した大軍の前に、滕胤は三族(父母・妻子・兄弟姉妹、異説もある)ともども皆殺しにされてしまった。

管理人「かぶらがわ」より

滕胤は人望のある優秀な政治家で、孫綝とは対立関係になかったといいますけど、呂拠の協力要請を拒んで武昌へ行ったとしても、いずれは孫綝との間に波風が立ったことでしょう。

その孫綝も増長が募り、258年には誅殺されています。滕胤の死によって呉は有力な丞相候補を失いましたね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】