趙達(ちょうたつ)A ※「八絶(はちぜつ)」のひとりに数えられた占い師

【姓名】 趙達(ちょうたつ) 【あざな】 ?

【原籍】 河南郡(かなんぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・趙達伝』あり。

自分の亡くなる日まで言い当てたという占い師

父母ともに不詳。

趙達は若いころ侍中(じちゅう)の単甫(ぜんほ)の下で学び、精密な思考力を身に付けた。その後、東南の地には王者の気があると見ると、騒乱を避けて長江(ちょうこう)を渡った。

趙達は「九宮一算(きゅうきゅういっさん)の術」を究め、臨機応変の策を立てることができたうえ、みなの疑問に神のごとき明答を与えた。また、飛来した蝗(イナゴ)の数をかぞえたり隠された品物を占ったりしたが、これらが外れることはなかった。

しかし、趙達は己の技術について語ろうとせず、闞沢(かんたく)や殷礼(いんれい)といった高名な儒者や優れた人物たちから礼を尽くして請われても、決して教えようとしなかった。

孫権(そんけん)は軍勢を動かすたび趙達に吉凶を占わせたが、いつも彼の言葉どおりの結果になる。そのため趙達の技術の詳細を聞きたがったが、やはり教えてもらえない。こうしたことから趙達は孫権に疎まれるようになり、官位や俸禄はさほど上がらなかった。

あるとき趙達は自分の運勢を占い寿命が尽きる日を悟ったが、この話を聞いた妻に泣かれたため占いをやり直して言った。

「さっきの占いは間違っていた。私の死はまだ先のことだ」

だが、趙達は最初の占いに出た日(時期は不明)に亡くなってしまった。

のちに孫権は、趙達が占術について記した書物を持っていたことを聞く。そこで彼の娘を捕らえて詰問したり、柩(ひつぎ)を開けさせたりもしたが、ついに書物は見つからなかった。こうして趙達の占術は彼の死とともに絶えたという。

管理人「かぶらがわ」より

ここまで採り上げた呉範(ごはん)劉惇(りゅうとん)と同様に、趙達の技術も受け継がれませんでした。彼の秘技を知りたがる孫権の気持ちはわかりますけど、娘を責めたり柩を開けたりするのはやりすぎですよね……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】