閻温(えんおん)

【この記事をシェアする】

【姓名】 閻温(えんおん) 【あざな】 伯倹(はくけん)

【原籍】 天水郡(てんすいぐん)西城県(せいじょうけん)

【生没】 ?~213年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・閻温伝』あり。

決して不義の言葉は吐かず

父母ともに不詳。

閻温は「涼州別駕(りょうしゅうのべつが)」として「上邽県令(じょうけいけんのれい)」を代行した。

213年、馬超(ばちょう)が羌族(きょうぞく)をひきいて上邽に来ると、郡民の任養(じんよう)らはこぞって出迎える。閻温はこの動きを止めることができず、馬を駆り州(州治の冀県〈きけん〉)へ帰った。

ほどなく馬超が冀城を包囲。そこで閻温がひそかに城を脱し、東の長安(ちょうあん)に駐屯する夏侯淵(かこうえん)のところまで危急を告げに行くことが決まった。

敵の包囲は城を数巡していたが、閻温は夜間に水中をくぐり抜ける。翌日、馬超の配下がその痕跡を見つけ、彼を追いかけ顕親(けんしん)の県境で捕らえた。

馬超は閻温の縛めを解いたうえ、城内の者に東方からの救援は来ないと言わねば、いまここで処刑すると強迫。閻温は承知したふりをし、車に乗って城下へ赴くと大声で叫ぶ。

「3日のうちには大軍が到着する。頑張ってくれ!」

城内では、みな泣きながら万歳を唱えた。

馬超は腹を立て、「お前は自分の命のことを考えないのか」と責めたが、閻温は返事をしない。なかなか城が陥ちないため、さらに馬超が尋ねる。

「城内の知り合いで私に同調するような者はいないか?」

だが、またも閻温は返事をしなかった。さらに厳しく責め立てられると、閻温は言った。

「そもそも主君にお仕えしたときは死んでも裏切らないものだ。それなのに卿(あなた)は、長者(ちょうしゃ。徳のある人)に不義の言葉を吐かせようとしている。私はいい加減な気持ちで生をむさぼる者ではないぞ」

これを聞くと、ついに馬超は閻温を殺害した。

管理人「かぶらがわ」より

閻温の殺害後、いったん馬超は冀城に入りましたが、曹操(そうそう)配下の楊阜(ようふ)・姜叙(きょうじょ)・趙衢(ちょうく)・趙昂(ちょうこう)・尹奉(いんほう)らの働きの前に敗れ、漢中(かんちゅう)の張魯(ちょうろ)のもとへと逃げることになります。

閻温の義挙は無駄ではなかったと言えるのでしょうが、彼の子孫についての扱いにまで触れられていなかったのは残念でした。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】