張恭(ちょうきょう)

【姓名】 張恭(ちょうきょう) 【あざな】 ?

【原籍】 燉煌郡(とんこうぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・閻温伝(えんおんでん)』に付された「張恭伝」あり。

恩愛と信義を兼ね備えた西域(せいいき)の守り人

父母ともに不詳。息子の張就(ちょうしゅう)は跡継ぎ。

黄河(こうが)の西の地域で動乱が起こり、都との交通が途絶していたころ、燉煌太守(とんこうたいしゅ)の馬艾(ばがい)が在職のまま亡くなり、役所には「丞(じょう。副長官)」もいなかった。

このとき張恭は「功曹(こうそう)」を務めていたが、学問があり品行も優れていたため、郡民から推され「長史(ちょうし)」の事務を代行することになる。彼の恩愛と信義は甚だ顕著だったという。

張恭は息子の張就を曹操(そうそう)のもとへ遣わし、新たな太守の任命を求める。

このころ酒泉(しゅせん)の黄華(こうか)や張掖(ちょうえき)の張進(ちょうしん)は、それぞれ郡を不法に占拠しており、張恭と力を合わせたいと考えていた。

張就は酒泉まで戻ってきたところで黄華に捕らえられ、白刃をもって強迫されたが、あくまで心変わりしなかった。張恭は、ひそかに届けられた張就の手紙で危難を知ったが、文中で述べられている通り、あえて息子のことを顧慮せず。

すぐに従弟の張華(ちょうか)を遣り、酒泉郡内の沙頭(さとう)および乾斉(けんせい)の両県を攻撃させる。そのうえ別の部隊を張華の後に続かせ、さらに精鋭の騎兵200を遣り、こちらへ向かっている官吏を出迎えさせた。

まず彼らは東へ行き、酒泉の北の砦(とりで)に沿いながら真っすぐ張掖の北の黄河に出て、新任の太守である尹奉(いんほう)を迎え入れようとした。

張進は黄華の助力を待っており、黄華も救援する気でいたが、西方にいる張恭の兵に背後を急襲されないかと心配して動けない。やがて黄華は金城太守(きんじょうたいしゅ)の蘇則(そそく)に降伏を願い出たため、張就は無事に戻り、尹奉も着任できた。

221年、曹丕(そうひ)は詔(みことのり)を下して褒めたたえ、張恭を「関内侯(かんだいこう)」に封じ「西域戊己校尉(せいいきぼきこうい)」に任ずる。

数年後、張恭は朝廷に召し還され、近侍の官位を授けられて張就と交代することになった。しかし彼は燉煌まで来ると、重病を理由に固辞する。

その後、曹叡(そうえい)の太和(たいわ)年間(227~233年)に死去し「執金吾(しつきんご)」の官位を追贈された。

管理人「かぶらがわ」より

建安(けんあん)年間(196~220年)に入っても、黄河の西にある4郡(金城・酒泉・燉煌・張掖)は都との交通もままならず、涼州(りょうしゅう)と別に「雍州(ようしゅう)」が置かれたほど。

そういった地域にあって、張恭のような学識や品行を備えた人物はまれな存在だったのでしょうね。そして彼も雍涼の人らしく、私事より公事を第一に考える篤い忠心の持ち主でした。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】