秦宓(しんふく)

【姓名】 秦宓(しんふく) 【あざな】 子勑(しちょく)

【原籍】 広漢郡(こうかんぐん)緜竹県(めんちくけん)

【生没】 ?~226年(?歳)

【吉川】 第248話で初登場。
【演義】 第065回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・秦宓伝』あり。

作文や弁論にも長けていた博学の士

父母ともに不詳。

秦宓は若いころから才能と学問があったため州や郡から招かれたものの、いつも病と称して応じなかった。

214年、劉備(りゅうび)が成都(せいと)で劉璋(りゅうしょう)を降した後、秦宓は広漢太守(こうかんたいしゅ)の夏侯纂(かこうさん)の要請を受け入れて「師友祭酒(しゆうさいしゅ)」となり「五官掾(ごかんえん)」を兼ねる。

夏侯纂は大いに秦宓を敬い、彼のことを「仲父(ちゅうほ)」とまで呼んだという。やがて秦宓は益州(えきしゅう)から召され「従事祭酒(じゅうじさいしゅ)」に任ぜられた。

221年、帝位に即いた劉備が孫権(そんけん)討伐を強行しようとした際、秦宓は、天与の時機から見てきっと利がないと述べて投獄されたが、のち釈放される。

224年、丞相(じょうしょう)の諸葛亮(しょかつりょう)が「益州牧(えきしゅうのぼく)」を兼ねると、秦宓は「別駕(べつが)」に抜てきされ、次いで「左中郎将(さちゅうろうしょう)・長水校尉(ちょうすいこうい)」となった。

この年、孫権の使者として張温(ちょうおん)がやってくると、秦宓は「天」についての問答を交わし、張温を大いに敬服させた。

その後、秦宓は「大司農(だいしのう)」に昇進したが226年に死去した。

管理人「かぶらがわ」より

秦宓は親子2代にわたって益州を治めた劉焉(りゅうえん)や劉璋に仕えようとせず、劉備が益州を平定した後、ようやく腰を上げました。

226年に亡くなったとき何歳だったのかわかりませんが、本伝には劉焉に儒学者の任安(じんあん)を推薦する上奏を行ったとあります。劉焉が194年に亡くなっていることを考えれば、214年に秦宓が「師友祭酒・五官掾」となったとき、すでに中年だったと思われます。

最後は九卿(きゅうけい)まで昇ってはいますけど、官僚として活躍した期間は十数年にとどまりました。州や郡からの招きを断るには様々な理由や事情があるはずですが、秦宓の場合は起つのが遅すぎたような……。やはり天の時というのも大切な要素なのですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】