諸葛亮(しょかつりょう)

【この記事をシェアする】

【姓名】 諸葛亮(しょかつりょう) 【あざな】 孔明(こうめい)

【原籍】 琅邪郡(ろうやぐん)陽都県(ようとけん)

【生没】 181~234年(54歳)

【吉川】 第113話で初登場。
【演義】 第009回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・諸葛亮伝』あり。

蜀の基盤を築いた名宰相。武郷忠武侯(ぶきょうのちゅうぶこう)

父は諸葛珪(しょかつけい)だが、母は不詳。諸葛玄(しょかつげん)は従父(おじ)。諸葛瑾(しょかつきん)は兄で諸葛均(しょかつきん)は弟。龐徳公(ほうとくこう)の息子の龐山民(ほうさんみん)に嫁いだ次姉のほか、別に長姉がいたことがうかがえる。

妻は黄氏(こうし。黄承彦〈こうしょうげん〉の娘)。諸葛喬(しょかつきょう)は養子(諸葛瑾の次男。228年没)だったが諸葛瞻(しょかつせん)は実子で、こちらが跡を継ぐことになった。

諸葛亮は幼いころ父を亡くし、従父の諸葛玄に養育された。そして諸葛玄の死後は襄陽(じょうよう)郊外の隆中(りゅうちゅう)に移住し、半農半学の暮らしに入る。

207年、劉備(りゅうび)の「三顧の礼」に応えて出廬(しゅつろ)。

その後は劉備を献身的に支え続け、数多くの戦いを経て(221年に)蜀(漢〈かん〉。蜀漢)の建国に漕(こ)ぎつける。建国後は「丞相(じょうしょう)」に就任し、内外の政務を取り仕切った。

223年、劉備が崩ずると跡を継いだ劉禅(りゅうぜん)にも真心を尽くして仕え、「武郷侯」に封ぜられた。

225年、自ら大軍をひきいて南征を成し遂げたことで、悲願である北伐への道を開く。こうして227年から取り組んだ一連の北伐では目立った成果こそ上げられなかったものの、魏軍(ぎぐん)の漢中(かんちゅう)への侵入を許さなかった。

234年、五丈原(ごじょうげん)の陣中で病死。「忠武侯」と諡(おくりな)され息子の諸葛瞻が跡を継いだ。

諸葛亮の遺言どおり、遺体は着ていた服のまま漢中の定軍山(ていぐんざん)に葬られる。墳墓は山を利用して造らせたもので、柩(ひつぎ)が入るだけの広さでよいとし、器物の副葬も許さなかったという。

主な経歴

-181年(1歳)-
この年、誕生。幼いころ父を亡くしたため、弟の諸葛均とともに従父の諸葛玄に養育される。

初め諸葛玄は袁術(えんじゅつ)の任命を受け「豫章太守(よしょうのたいしゅ)」となったが、やがて朝廷の任命を受けた朱皓(しゅこう)と交代した。そのため諸葛玄は旧知である荊州牧(けいしゅうぼく)の劉表(りゅうひょう)を頼る。

諸葛玄が死去(経緯については諸説あり)すると、諸葛亮は南陽郡(なんようぐん)のトウ県(とうけん。登+阝)に移住。そこは襄陽の西方20里(り)にあり「隆中」と呼ばれていた。この地で自ら農耕に取り組み、「梁父吟(りょうほぎん)」を歌って暮らす。

-196年(16歳)ごろ-
石韜(せきとう)・徐庶(じょしょ)・孟建(もうけん)らとともに遊学。

-207年(27歳)-
この年、徐庶が新野(しんや)で劉備と会い、諸葛亮を「臥龍(がりょう)」に例えて推薦。これを受け劉備はみたび諸葛亮の住まいを訪ね、ようやく対面を果たす。諸葛亮は劉備の漢室再興に懸ける思いを聞くと、「天下三分の計」を披瀝(ひれき)して出廬を決めた。

-208年(28歳)-
7月、曹操(そうそう)が荊州討伐に乗り出す。

8月、劉表が死去。息子の劉ソウ(りゅうそう。王+宗)が跡を継ぐも、戦うことなく曹操に降伏。

そのころ樊城(はんじょう)にあった劉備は手勢をひきいて急いで南下。諸葛亮は徐庶らとともに付き従ったが、曹操軍の追撃を受け長阪(ちょうはん)で敗れる。このとき徐庶の母が捕虜になったことから、徐庶は劉備のもとを離れ曹操に仕えることになった。

やがて劉備は夏口(かこう)に到着。諸葛亮は劉備の許しを得て柴桑(さいそう)で孫権(そんけん)と会見。孫権の説得に成功し、協力して曹操軍にあたることとなる。

12月、孫権配下の周瑜(しゅうゆ)らが赤壁(せきへき)で曹操軍を大破。ほどなく劉備は江南(こうなん)に地盤を確保。諸葛亮は「軍師中郎将(ぐんしちゅうろうしょう)」となり、零陵(れいりょう)・桂陽(けいよう)・長沙(ちょうさ)の3郡の内政を任せられた。

-211年(31歳)-
この年、益州牧(えきしゅうぼく)の劉璋(りゅうしょう)の要請を受け、劉備が軍勢をひきいて益州へ入り、漢中の張魯(ちょうろ)と対峙(たいじ)する。このとき諸葛亮は荊州にとどまり、関羽(かんう)らとともに留守を預かった。

-212年(32歳)-
この年、劉備が葭萌(かぼう)から反転し、劉璋との間に戦端を開く。

-214年(34歳)-
春、諸葛亮が荊州から出撃し、張飛(ちょうひ)や趙雲(ちょううん)とともに長江(ちょうこう)をさかのぼる。そして彼らと手分けして益州の郡県の平定を進め、劉備に合流後は成都(せいと)を包囲した。

夏、劉璋が劉備に降伏。諸葛亮は「軍師将軍(ぐんししょうぐん)・左将軍府事(さしょうぐんふじ)」に昇進。

このとき劉備は(漢の)「左将軍」だった。

-219年(39歳)-
春、黄忠(こうちゅう)が陽平(ようへい)で曹操配下の夏侯淵(かこうえん)を討ち取る。

3月、曹操が軍勢をひきい、長安(ちょうあん)から斜谷(やこく)を抜けて陽平に到着すると、劉備は要害を盾に抵抗。

5月、曹操が撤退し劉備が漢中を押さえる。

7月、劉備が「漢中王」に即く。

秋、関羽が樊城を包囲し、救援に駆けつけた曹操配下の于禁(うきん)らを降すも、次いで到着した徐晃(じょこう)に敗れてしまう。

閏10月、孫権が関羽討伐に乗り出し、配下の呂蒙(りょもう)が公安(こうあん)や江陵(こうりょう)を戦うことなく降す。

12月、関羽らが章郷(しょうきょう)で孫権配下の馬忠(ばちゅう)に捕らえられ、ほどなく処刑される。

-220年(40歳)-
1月、曹操が病死し曹丕(そうひ)が跡を継ぐ。

10月、曹丕が献帝(けんてい)から禅譲を受けて帝位に即き、「黄初(こうしょ)」と改元。

-221年(41歳)-
4月、諸葛亮らの説得を受けて劉備が帝位に即く。諸葛亮は「丞相」に就任した。

7月、車騎将軍(しゃきしょうぐん)の張飛が側近に殺害されたため、諸葛亮は「司隷校尉(しれいこうい)」も兼務する。

生前の張飛は「司隷校尉」を兼ねていた。

7月、劉備が大軍をひきい、孫権討伐の東征を強行。

-222年(42歳)-
閏6月、劉備が猇亭(おうてい)で孫権配下の陸遜(りくそん)に大敗。

冬、孫権が魏から独立する意思を示す(実際に帝位に即いたのは229年のこと)。

-223年(43歳)-
春、劉備が永安(えいあん)で重体となり、諸葛亮は成都から駆けつけ後事を託される。

4月、劉備が崩御(ほうぎょ)。

5月、劉禅が帝位を継ぐと諸葛亮は「武郷侯」に封ぜられ、独自の役所(丞相府)を開設して政務を取り仕切る。しばらく後には「益州牧」も兼務することになった。

-224年(44歳)-
夏、呉との同盟関係が回復。

-225年(45歳)-
3月、自ら軍勢をひきいて南征し、秋までにことごとく平定する。

この間に孟獲(もうかく)の心服があったという。

12月、成都へ帰還。

-226年(46歳)-
5月、魏の曹丕が死去し曹叡(そうえい)が跡を継ぐ。

-227年(47歳)-
春、劉禅に「出師表(すいしのひょう)」を奉呈し北伐に着手。漢中で準備を整えた後、沔水(べんすい)の北にあたる、陽平郡の石馬県(せきばけん)に陣を敷く。

この年、息子の諸葛瞻が誕生。

-228年(48歳)-
春、斜谷道から進み郿(び)を奪うと宣伝しつつ、趙雲とトウ芝(とうし。登+阝)に囮(おとり)の軍勢を任せ箕谷(きこく)へ向かわせる。魏の大将軍(だいしょうぐん)の曹真(そうしん)は総勢を挙げて趙雲らを防ごうとした。

この間に諸葛亮は諸軍をひきい祁山(きざん)を攻める。南安(なんあん)・天水(てんすい)・安定(あんてい)の3郡が蜀に呼応したため関中(かんちゅう)は震動した。

2月、魏の曹叡が長安(ちょうあん)まで行幸し、張郃(ちょうこう)に防戦を命ずる。

諸葛亮は馬謖(ばしょく)を先鋒として街亭(がいてい)で戦わせたものの、馬謖の命令違反もあり大敗を喫してしまう。これを受け、西県(せいけん)の1千余家を移住させただけで、蜀軍は漢中へ引き揚げることになる。

今次の北伐では姜維(きょうい)の加入があった。

帰還後に馬謖を処刑。諸葛亮も3等の降格を願い出、以後は「右将軍(ゆうしょうぐん)」として「丞相」の職務を執り行うことになった。

冬、再び散関(さんかん)から出撃し陳倉(ちんそう)を包囲するも、魏の郝昭(かくしょう)の奮戦に遭い、兵糧が尽き撤退。この際、追撃してきた王双(おうそう)を討ち取る。

この年、息子(養子)の諸葛喬が死去した。

-229年(49歳)-
春、陳式(ちんしょく)に命じ、武都(ぶと)と陰平(いんぺい)の両郡を攻撃。魏の雍州刺史(ようしゅうしし)の郭淮(かくわい)が迎撃に出てきたため、諸葛亮も建威(けんい)まで進み、これを退ける。こうして両郡を平定すると、劉禅の詔(みことのり)により「丞相」に復帰。

4月、呉の孫権が帝位に即く。

この年、趙雲が死去した。

-230年(50歳)-
秋、魏の司馬懿(しばい)・張郃・曹真らが漢中に侵攻。諸葛亮は城固(じょうこ)および赤阪(せきはん)で待ち受けたものの、大雨により魏軍が撤退した。

-231年(51歳)-
2月、再び祁山に出撃。輸送用に「木牛(ぼくぎゅう)」を投入したものの、やはり兵糧が尽きて撤退。

6月、追撃してきた魏の張郃を青封(せいほう)で討ち取る。

8月、李平(りへい。李厳〈りげん〉)を罷免し梓潼郡(しとうぐん)へ配流(はいる)。

-234年(54歳)-
2月、大軍をひきい斜谷経由で出撃。輸送用に「流馬(りゅうば)」を投入。

4月、武功(ぶこう)の五丈原に本営を置き、魏の司馬懿と渭南(いなん)で対峙。これまでの兵糧問題を考慮し、今回は兵士を分けて屯田を行わせ長期の駐留に備えた。

8月、陣中にて病没。

管理人「かぶらがわ」より

諸葛亮ほどの才能があれば、きっと誰に仕えても重用されたに違いありません。その彼が20代後半だったころ、ずっと年上の劉備から熱烈に出廬を乞われたわけです。そして、彼は出廬して劉備に仕えるという決断を下しました。

諸葛亮には不思議なくらい個人的な野心が感じられないので、やはり劉備自身に強く引きつけられたということなのでしょう。その後は苦難の連続でしたが、何とか劉備を帝位に即けるところまで持っていきました。

あくまで諸葛亮は「名宰相」であり、決して「名軍師」や「名将軍」ではなかったと思いますが、様々な悪条件を抱えながらの一途な奮闘ぶりには、言葉で表せない感動を覚えました。

これをひとりの人間の生きざまとして見ると、ここまでの「やりきった感」が出せたのは、むしろ羨ましいなとも思います。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】