游楚(ゆうそ)

【この記事をシェアする】

【姓名】 游楚(ゆうそ) 【あざな】 仲允(ちゅういん)

【原籍】 馮翊郡(ひょうよくぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

蜀軍(しょくぐん)を退けて隴西(ろうせい)を保持

父は游殷(ゆういん)だが、母は不詳。

游楚は「蒲阪県令(ほはんけんのれい)」を務めていたが、211年に曹操(そうそう)が関中(かんちゅう)を平定した際、張既(ちょうき)の推挙によって「漢興太守(かんこうのたいしゅ)」に起用され、その後は「隴西太守」に転じた。

游楚は気性が激しかったものの、各地で「太守」として恩徳のある統治を行い、刑罰による殺害(死刑)を好まなかった。

228年、蜀の諸葛亮(しょかつりょう)が隴右(ろうゆう。隴山以西の地域)に侵攻し官民を騒がせる。

天水太守(てんすいのたいしゅ)と南安太守(なんあんのたいしゅ)は郡を見捨て東へ逃れたが、游楚だけは隴西にとどまった。このとき彼は官民に呼びかけ、自分の首を持って蜀へ降るよう勧めたが、みな涙ながらに運命をともにする決意を述べた。

諸葛亮に呼応した南安の者たちが、ほどなく蜀軍を連れ隴西へ攻め寄せる。游楚は長史(ちょうし)の馬顒(ばぎょう)を出撃させ蜀軍を退けたが、それから10余日すると魏(ぎ)の諸軍も隴山に到着。(街亭〈がいてい〉における大敗もあって)諸葛亮は引き揚げた。

のち天水と南安の住民は諸葛亮に呼応したかどでひどい懲罰を受け、両郡の太守も重刑に処される。一方で游楚は「列侯(れっこう)」に封ぜられ、彼の配下の長史や掾属(えんぞく)も褒美や官位を授けられた。

また、曹叡(そうえい)は特に游楚の参内を許す。游楚は小柄ながら声が大きく、官吏となってから朝見の機会もなかったため、殿中における儀礼を知らなかった。

そこで曹叡は侍中(じちゅう)に介添えを命じ、「隴西太守、進みなさい」と呼ばわらせる。しかし游楚は「唯(はい)」と応えるべきところ、大声で「諾(よし)」と応えた。それでも曹叡は彼を見て微笑し、ねぎらい励ました。

游楚は謁見後に上奏し、宿衛としてとどまりたいと願い出る。その結果、「駙馬都尉(ふばとい)」に任ぜられた。

游楚は学問をせず、遊びや音楽を好む。歌手を雇い琵琶(びわ)・箏(こと)・簫(ふえ)の奏手をそろえ、外出した際には必ずお供をさせたという。

そして行く先々で「樗蒲(ちょぼ。ばくちの一種)」や「投壺(とうこ。壺〈つぼ〉の口を狙い矢を投げ入れる遊び)」を楽しんだ。

数年後、游楚は再び地方へ出て「北地太守(ほくちのたいしゅ)」となり、70余歳で死去(時期は不明)した。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・張既伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く摯虞(しぐ)の『三輔決録注(さんぽけつろくちゅう)』および魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』によるもの。

隴西にいたころの活躍より、なぜか曹叡に謁見したときの話のほうが印象に残りました。殿中における決まりごとは、さぞ多かったのでしょうね……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】