陳登(ちんとう)

【姓名】 陳登(ちんとう) 【あざな】 元龍(げんりょう)

【原籍】 下邳国(かひこく)下邳県(かひけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第044話で初登場。
【演義】 第011回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・呂布伝(りょふでん)』に付された「陳登伝」あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

劉備(りゅうび)や劉表(りゅうひょう)から高く評価されるも、大志を果たせぬまま病没

父は陳珪(ちんけい)だが、母は不詳。陳応(ちんおう)は弟で、ほかにふたりの弟がいたという。息子の陳粛(ちんしゅく)は跡継ぎ。

陳登は誠実でさわやか、落ち着きがあり思慮深く、優れた計画を胸に秘めていた。若いころから社会を立て直し民を救済しようという志を持っていたという。また広く書物を読み、もともと文学的な才能もあったため、古典や文学作品をことごとく究めた。

陳登は25歳のとき孝廉(こうれん)に推挙され東陽県長(とうようけんのちょう)に任ぜられた。老人の面倒を見て孤児を養育するなど、民をよくいたわった。

この当時、世の中が荒れすさび、民は飢えに苦しんでいた。陳登は徐州牧(じょしゅうぼく)の陶謙(とうけん)の上表により典農校尉(てんのうこうい)に任ぜられた。彼は土地に適した産物を調べて回り、水路も整備したので稲が豊かに実るようになった。

197年、呂布の使者として許(きょ)へ行ったとき、曹操(そうそう)の意向で広陵太守(こうりょうのたいしゅ)に任ぜられた。このとき曹操から、内密に軍勢を取りまとめ呂布に対処するよう命ぜられた。

広陵に赴任すると、陳登は賞罰を明確にし広く威光を行き渡らせた。このため海賊行為を働いていた薛州(せつしゅう)の1万余戸が帰順してきた。1年も経たないうちに教化の成果が上がり、人々は陳登を畏怖(いふ)しつつ敬愛するようになった。

翌198年、曹操が軍勢をひきいて下邳に到着すると、陳登は郡兵をもって曹操軍の先駆けを務めた。

このとき陳登の弟たちが下邳の城中にいたため、呂布は3人の弟を捕らえて人質とし、陳登に服従を迫る。しかし陳登は屈せず、日ごとに包囲を厳しくした。

呂布配下で刺姦(しかん。検察官)を務めていた張弘(ちょうこう)は後難を恐れ、夜中に陳登の3人の弟を連れて城から脱出し、陳登と合流した。

同年12月、曹操が呂布を誅殺すると、陳登は功によって伏波将軍(ふくはしょうぐん)に任ぜられた。

陳登は長江(ちょうこう)や淮水(わいすい)流域の住民に人気があり、その心をよくつかんでいたため、江南(こうなん)を併呑しようと考えるようになった。

匡琦城(きょうきじょう)にいたとき孫策(そんさく)の大軍が攻め寄せてきた。部下たちは孫策軍が郡兵の10倍はいるのを見て、いったん城を空にしたうえで与え、長く留まれなくなった敵が退去するのを待つのがよいと主張した。

だが、陳登は城を捨てることを許さず、門を閉ざして守りを固め、自軍を弱々しく見せかける策を採った。そのうち好機をつかみ、自ら軍勢をひきいて急襲。混乱した孫策軍を大破し、万単位の敵兵を討ち取ることができた。

この大敗に激怒した孫策が、再度軍勢を送り込んできた。陳登は功曹(こうそう)の陳矯(ちんきょう)を曹操のもとへ遣わし救援を要請。その間に城から10里(り)ほどの場所にいくつかの陣営を密かに造らせ、柴(シバ)や薪(たきぎ)を集めさせる。

夜を待ち一斉に火をかけさせ、これに呼応するように城中で万歳を唱え、大軍が到着したように見せかけた。孫策軍は突然の火に驚き壊滅状態となり、追撃を受けて1万の兵を失った。

その後、陳登が東城太守(とうじょうのたいしゅ)に転ずると、広陵の官民はその恩徳を慕い、郡から抜け出しついていった。

陳登は自身の在任中、たびたび江南の軍勢の侵入を招いたことを振り返って述べた。

「幸いにして勝利を収めることができただけだ」

そして、みなをこう諭して戻らせた。

「私が去ったあとも、立派な主君が持てないと心配することはない」

その後、陳登は39歳で病死した。

やがて孫権(そんけん)が長江の北まで支配するようになった。曹操は長江を前にするといつもため息をつき、陳登の計略を早く採用しなかったため、大きな猪(イノシシ。孫策と孫権の兄弟を指す)の爪牙を伸ばすことになってしまったと残念がったという。

のちに曹丕(そうひ)は陳登の功績を思い起こして称賛し、息子の陳粛を郎中(ろうちゅう)に任じた。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の陳登についての記述はあっさりとしたもので、その裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『先賢行状(せんけんぎょうじょう)』のほうがいくらか詳しく書かれていました。

また『三国志』(魏書・華佗伝〈かたでん〉)によると、「華佗は沛国相(はいこくのしょう)だった陳珪による孝廉への推挙や、太尉(たいい)の黄琬(こうえん)からの任官の誘いを断った」ということです。

陳珪は陳登の父ですから、陳登も華佗と交流があったのでしょう。そういう関係もあるのか、この「華佗伝」には陳登が華佗の治療を受けた話もありました。

これは陳登が広陵太守だったときにかかった病で、胸がつかえ、顔がてらてらして食事が進まないというもの。華佗は脈を診て胃の中にいる虫が原因だと話し、煎(せん)じ薬を用いて吐き出させ、陳登の症状も治まりました。

ですが、これで話は終わらず――。

「華佗は陳登に言った。『この病は3年後にきっと再発します。でも、そのとき腕の良い医者がいれば、お救いすることができましょう』」

その言葉どおり、3年目に陳登の病が再発。ところが、このときには華佗がいなかったため、陳登は亡くなってしまったのだと。ただ、陳登が亡くなったというのが何年のことなのかはっきりしないのですよね……。

ほかにも劉表が、「元龍(陳登のあざな)の名声は天下に鳴り響いている」と言ったとありました。さらに劉備も、「元龍のような文武両道を兼備し、何者も恐れぬ勇気と志を持った人物は古代にしか見当たらない」と言っていたりと、とにかく高評価。

もう少し長く活躍できていたらと思わせる人物です。病が再発したとき華佗がいなくて残念でしたね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 群雄諸侯
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました