曹彰(そうしょう) ※あざなは子文(しぶん)、魏(ぎ)の任城威王(じんじょうのいおう)

【姓名】 曹彰(そうしょう) 【あざな】 子文(しぶん)

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~223年(?歳)

【吉川】 第212話で初登場。
【演義】 第068回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・任城威王彰伝(じんじょういおうしょうでん)』あり。

スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹操(そうそう)の息子で曹丕(そうひ)の同母弟、任城威王

父は曹操、母は卞氏(べんし。武宣卞皇后〈ぶせんべんこうごう〉)。

同母兄の曹丕のほか、同母弟には曹植(そうしょく)・曹熊(そうゆう)がいる。息子の曹楷(そうかい)は跡継ぎ。

曹彰は若いころから弓術や馬術に優れ、人並み以上の筋力を備えていた。自ら猛獣と格闘するほどで、険阻な場所でも平気だった。たびたび曹操の征伐に付き従い、その激しい気性を示したという。

鄢陵侯(えんりょうこう)および鄢陵公を経て、222年には任城王(じんじょうおう)に封ぜられた。

翌223年、洛陽(らくよう)に滞在中に病死。諡(おくりな)は威王(いおう)。息子の曹楷が跡を継いだ。

主な経歴

生年は不詳。

-216年-
この年、鄢陵侯に封ぜられた。

-218年-
この年、代郡(だいぐん)の烏丸族(うがんぞく)が反乱を起こす。北中郎将(ほくちゅうろうしょう)として驍騎将軍(ぎょうきしょうぐん)を代行し、これを散々に討ち破った。

-219年-
この年、曹操が漢中(かんちゅう)から撤退。越騎将軍(えっきしょうぐん)を代行し、長安(ちょうあん)にとどまるよう命ぜられた。

-220年-
1月、曹操が崩御(ほうぎょ)。2月には同母兄の曹丕が丞相(じょうしょう)・魏王(ぎおう)を継ぐ。

10月、同母兄の曹丕が、漢(かん)の献帝(けんてい)の禅譲を受けて帝位に即く。

この年、5千戸の加増を受け、封邑(ほうゆう)が1万戸になった。

-221年-
この年、鄢陵侯から鄢陵公に爵位が進んだ。

-222年-
3月、任城王に封ぜられる。

-223年-
6月、洛陽滞在中に病死。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

本伝に出てくる曹操とのやり取りが、曹彰の性格をよく表しています。

あるとき曹操は、曹彰の気性を抑えるために言った。

「お前は書物を読み聖人の道を慕うことを考えず、汗馬に乗って剣術を好んでおるが、それは匹夫のやることであり、どうして尊ぶほどのことがあろうか」

そして、曹彰に『詩経(しきょう)』と『尚書(しょうしょ)』を読むよう勧めた。しかし、曹彰は側近に言った。

「男子は、ひたすら(前漢〈ぜんかん〉時代の名将である)衛青(えいせい)や霍去病(かくきょへい)となって10万の騎兵をひきい、砂漠を駆け回り蛮族を追い立て、功を挙げ称号を打ち立てるべきだ。どうして博士(はくし)になどなれようか」

またあるとき、曹操が息子たちに好きなことを尋ねた際、曹彰は「将になるのが望みです」と答えたとも。

曹彰の死は突然でした。本伝では病死したとありますけど、まぁ曹丕はいろいろ言われたんでしょうね……。

曹彰の葬儀は後漢(ごかん)時代の東平憲王(とうへいけんおう。劉蒼〈りゅうそう〉)の例に倣い、盛大に執り行われたそうです。これも何だか引っかかる対応。

曹操の息子たちの中では「武」の部分を一手に引き受けていた感のある曹彰。もう少し長生きだったら魏の波乱のタネになっていたかもしれません。

このほか、本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引かれた記事も興味深く、魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』には、「(曹操が崩御したあと洛陽に)到着した曹彰が弟の曹植に『先王(曹操)が私を召されたのは、お前を(世継ぎに)立てられるおつもりだったのだ』と言ったところ。曹植が『いけません。袁氏(えんし)兄弟を見ておられなかったのですか』と応じた」とあります。

同じく『魏略』は、曹丕が魏王を継いだあと、曹彰が諸侯とともに封国に向かったくだりにも触れており、「当時、鄢陵は痩せ果てた土地だったため、代わりに中牟(ちゅうぼう)を治めさせた。曹丕が漢の禅譲を受けると、そのまま(曹彰を)中牟王に取り立てた。その後、曹丕が許昌(きょしょう)に行幸すると、(ご機嫌伺いにやってくる)北部の州の諸侯は爵位の高下にかかわらずみな曹彰の剛毅さを恐れ、必ず速度を上げて中牟の地を通過した」とあります。

なお、ここで出てくる中牟がらみの爵位については、『三国志』(魏書・文帝紀〈ぶんていぎ〉)などに記事がないようなのではっきりしませんでした。

さらに孫盛(そんせい)の『魏氏春秋(ぎししゅんじゅう)』には、「そのむかし曹彰は王(魏王)の印綬(いんじゅ)の所在を尋ね、今にも反逆しそうな様子を見せたことがあった。このため(223年に)来朝した際、すぐには曹丕に目通りできなかった。こうしたこともあって、曹彰は憤怒のあまり突然亡くなったのだ」ともありました。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました