吉川版『三国志』の考察 第212話 「柑子と牡丹(こうじとぼたん)」

【この記事をシェアする】

ついに「魏王(ぎおう)」となった曹操(そうそう)はさっそく鄴都(ぎょうと)に魏王宮を造営する。これが完成を見ると、祝宴のため各地の名産品が集められた。

呉(ご)からは温州(うんしゅう)の柑子(蜜柑〈ミカン〉)40荷(か)が送られることになったが、それらを背負って運んでいた人夫たちの前にひとりの老人が現れる。

第212話の展開とポイント

(01)許都(きょと)

呉(ご)に年々の貢ぎを誓わせてきたことは、魏(ぎ)の遠征軍にとり赫々(かっかく)たる大戦果と言える。

まして漢中(かんちゅう)の地も版図に加えられたので、都府の百官は曹操(そうそう)を尊び、「『魏王(ぎおう)』の位に即いていただこうじゃないか」と寄り寄り議していた。

侍中(じちゅう)の王粲(おうさん)はその徳を頌(しょう)した長詩を賦(ふ)し、これを侍側の手から曹操に見せたりした。

曹操も王位に昇ろうという色を示していたものの、諸人の議場において、尚書(しょうしょ)の崔琰(さいえん)が媚態派(びたいは)の人々をこう諫めた。

「ご無用になさい。そんな馬鹿なことをお勧めするのは」

新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると、「(『尚書』は)後漢(ごかん)の事実上の中央政府である尚書台の三等官。俸禄は600石(せき)だが実権は大きい」という。

怒った諸官と崔琰は大喧嘩(おおげんか)になり、このことが媚態派の佞臣(ねいしん)から曹操の耳に聞こえた。憤怒した曹操は崔琰を投獄。崔琰は獄に引かれながらも大声で罵り散らす。

曹操が廷尉(ていい)に「やかましいから黙らせろ」と命ずると、彼の声はもう聞こえなくなった。廷尉が棒をもって獄中で打ち殺してしまったのである。

建安(けんあん)21(216)年5月、もろもろの官吏や軍臣は献帝(けんてい)に奏し詔(みことのり)を仰いだ。

やむなく献帝は鍾繇(しょうよう)に詔書の起草を命じ、曹操を冊立(さくりつ)して「魏王」に封じようとした。詔に接すると、曹操は固辞して辞退の意を上書する。

献帝は重ねて別の一詔を下す。そこで初めて、「聖命もだしがたければ」と、曹操は王位を受けた。

井波版『三国志演義』(第68回)では、曹操は心にもなく三度辞退したが、辞退を許可しないとの詔も三度出されたので、ようやく「魏王」の爵位を受けたとある。

12旒(りゅう)の冠に金銀の乗用車。すべて天子(てんし)の儀を倣い、出入りには警蹕(けいひつ)し、ここに彼の満悦な姿が見られた。

参考文献に挙げた立間版『三国志演義』の訳者注によると、「(『12旒の冠』について)『旒』は白玉を連ねて冠の前後に垂らすもの。天子と王は12旒、三公と諸公は7旒」だという。

(02)鄴都(ぎょうと)

さっそく鄴都には「魏王宮」が造営された。

「鄴都」という呼び方には違和感もあるが、そのまま採っておく。

ここにはすでに「玄武池(げんぶち)」がある。曹操の親衛隊はこの池で船術を練り、弓馬を調練していた。雄大な魏王宮は玄武池のさざ波に映じ、この世のものと思えなかった。

曹操には4人の子がある。みな男子だった。曹丕(そうひ)、曹彰(そうしょう)、曹植(そうしょく)、曹熊(そうゆう)の順だ。

話を簡単にするため息子を4人としたのだろうが、史実の曹操には25人もの息子がいた(もちろん建安21〈216〉年の時点では、まだ生まれていない者もいるが……)。

また、先の第206話(02)で、娘が献帝の「皇后(こうごう)」に立てられていることからも明白ながら、曹操には息子しかいなかったわけではない。ちなみにここで名の挙がった4人の息子は、みな卞氏(べんし。後の「武宣卞皇后〈ぶせんべんこうごう〉」)の子であり、同母兄弟だった。

けれども大妻(正室)の丁夫人(ていふじん)の子ではなく、側室から出た者ばかりである。このうち曹操が密かに世継ぎとして考えていたのは、3番目の曹植だった。

曹植はあざなを「子建(しけん)」と言い、幼少から詩文の才に長け、頭脳は明らかで甚だ上品な風姿を持っている。嫡男の曹丕はこれを不満に思い、中大夫(ちゅうたいふ)の賈詡(かく)をそっと招き何かと相談した。賈詡は一策を勧める。

「中大夫」については先の第139話(02)を参照。ただ、そこでは「中太夫」とあったので、両者が同義なのかはイマイチわからず。

その後、曹操が遠い軍旅へ発つとき、曹植は詩を賦して父との別れを惜しんだ。だが、曹丕は賈詡に言われた通り、ただ城外に立って涙を含み、父が前を通るのを眸(ひとみ)を凝らし見送っていた。

曹操は後で考えた。

「詩は巧み、珠玉の字を連ねているが、曹植のその才よりも、曹丕の無言のほうがもっと大きな真情を持っているのではないか?」

それから彼の子を見る目が、また少し変わった。

以後も曹丕は父の近習(きんじゅう)に特に目をかけ、金銀を与えたり徳を施したり、歓心を得ることに抜かりなく努めた。

そのため「御嫡男にはもう仁君の徳を自然に備えておいであそばされる」と、もっぱら評判はよかった。

やがて曹操も「魏王」の位に昇ると、世継ぎのことが差し迫った問題になってくる。そこである時、思い余って賈詡を召した。

「曹丕を跡に立てるべきだろうか? それとも曹植がよかろうか?」

賈詡は黙然としたままで、あえて明答を欲しないような顔色だった。が、再三問われるに及びただこう答えた。

「それは私におただしあるよりは、先に滅んだ袁紹(えんしょう)や劉表(りゅうひょう)などがよいお手本ではありませんか?」

曹操は大いに笑って心を決める。ほどなく「嫡子曹丕ヲ以テ王世子(おうせいし)ト定ム」と発表した。

(建安21〈216〉年の)冬10月、魏王宮の大土木も竣工(しゅんこう)した。完成を祝う宴のため府から諸州へ人を遣り、「おのおの特色ある土産(どさん)の名物の菓木珍味を何くれとなく献上し、賀を表すように」と布達した。

ここは注目するほどのことではないのかもしれないが……。5月に魏王となり、10月にその王宮が竣工するというのは、いかにも突貫工事な感じがする。なお井波版『三国志演義』(第68回)でも、5月に魏王の話が出て、10月には魏王宮が落成したとあった。

(03)柑子(こうじ。蜜柑〈ミカン〉)を運搬中の呉の人夫たち

呉の福建(ふっけん)は、茘枝(レイシ。中国南部に産する果樹。実は肉が白くて甘い)と龍眼(りゅうがん)の優品を産し、温州(うんしゅう)は柑子の美味が天下に有名である。魏王の令旨を受け、呉では温州柑子40荷(か)をはるばる人夫に担わせ都(鄴都)へ送った。

井波版『三国志演義』(第68回)では、(温州の)大きな蜜柑を40担(たん)余り選ばせ、夜を日に継いで鄴郡に送り届けさせたとある。

参考文献に挙げた井波版『三国志演義』の訳者注によると、「『一担』は100斤(きん)。三国時代の度量衡で一斤は約220グラム。40担は約880キログラム」だという。

舟行馬背、また人の背。40荷の柑子はようやく鄴都の途中まで来た。

そして、ある山中で人夫の一隊が荷を降ろし休んでいたところ、忽然(こつぜん)と、片目は眇(すがめ)、片足はびっこという奇異な老人が来て話しかけた。

「ご苦労さまだな。みな疲れたろうに」

彼は白い藤(フジ)の花を冠に挿し、青い色の衣を着ていた。

人夫のひとりが冗談で言う。

「爺(じい)さん助けてくれ。まだ千里(せんり)もあるんだ」

すると老人は本気になり、ひとりの人夫の荷を担った。さらにほかの数百人の仲間にも言う。

「お主らの荷はみなわしが担ってやるぞ。わしのおる限り空身も同様じゃ。さあ続いてこい」

老人は風のように先へと走りだす。一荷でも失っては大変と、みなあわてて続く。ところが彼の言った通り、荷を担いでも本当に身軽のようで、少しも重さを感じない。疑い怪しまぬ者はなかった。

別れ際、宰領が素性を尋ねた。老人は答えて言う。

「わしは魏王の曹操と同郷の友で『左慈(さじ)』、あざなを『元放(げんほう)』と言い、道号(道士の号)は『烏角先生(うかくせんせい)』とも呼ばれておる。曹操に会ったら話してごらん。覚えているかもしれないから」

史実の左慈は廬江郡(ろこうぐん)の出身で、曹操は沛国(はいこく)譙県(しょうけん)の出身。なのでふたりは「同郷の友」とは言えないはず。ただ井波版『三国志演義』(第68回)でも、左慈が人夫を監督する役人に向かい、(自分は)魏王(曹操)の郷里の昔なじみと告げていた。

(04)鄴都 魏王宮

温州柑子が届いたと聞くと、曹操は大いなる一個を盆から取り割ってみる。しかし、柑子の実は空だった。怪しみながら3つ4つと裂いてみたが、どれもみな殻ばかりで空しい。

呉の奉行(ぶぎょう)をただすよう言うが、奉行はおののくばかり。ただ思い当たることとして、「左慈」という奇異な老人に出会ったことを語った。

そこへ、目通りを願い老人が来ているとの知らせが届く。召し入れてみるとその左慈で、すぐに曹操は柑子の科(とが)を責めた。

すると左慈は1、2本しかない前歯を出して笑いながら、「そんなはずはない。どれどれ」と、自分で柑子を割ってみせる。芳香の高い果肉は彼の手から甘い雫(しずく)をこぼした。

曹操は柑子を勧められるが、まず毒味をせよと言いつける。左慈は笑って答えた。

「柑子の美味を満喫するなら、手前はひと山の柑子の実をみな食べなければ収まりません。願わくは酒と肉を頂きたいもので……。柑子は口直しに後で頂きます」

曹操は酒5斗(と)に、大きな羊を丸焼きのまま銀盤に供えて食らわせる。左慈はぺろんと平らげ、まだもの足らない顔をしていた。

曹操もやや言葉を和らげ、ご辺(きみ)は仙術でも得た者でないかと尋ねた。これに左慈が答える。

「郷を出てから西川(せいせん。蜀〈しょく〉)の嘉陵(かりょう)へさまよい、峨眉山(がびざん。峨嵋山)に入って道を学ぶこと30年。いささか雲体風身の術を悟り、身を変じ剣を飛ばし、人の首を取ることなど、今はいと易きまでになり得ました」

「ところで大王の今日を見るに、はや人臣の最高を極め、これ以上の人欲は人間の地上では望むこともないでしょう。どうじゃな、ここでひとつ一転して官途から退き、この左慈の弟子となり、ともに峨眉山に入って無限に生きる修行をなさらんか?」

曹操は一理あると言うが、まだ天下は本当に治まっていないうえ、朝廷でも自分に代わって扶翼(ふよく)し奉る人がいないとも言った。これを聞いた左慈が、また言う。

「そのへんはご心配ないでしょう。劉玄徳(りゅうげんとく。『玄徳』は劉備〈りゅうび〉のあざな)は天下の宗親。彼に任せれば、大王がおられるよりも万民は安んじ、朝廷もご安心になろう」

見る見るうちに曹操の顔は激色に焦(や)きただれる。有無を言わせず、武士たちは左慈を縛めて獄へと放り込んだ。

(05)鄴都 魏王宮の牢獄(ろうごく)

数十名の獄卒は代わるがわる拷問したが、獄庭には左慈の笑い声ばかりが聞こえた。「このうえは眠らせるな」と、鉄の枷(かせ)を首にはめ、両足首を鎖で縛り、牢屋の柱に立て縛りにしておく。

ところが少し経つと、すぐに快げな高鼾(たかいびき)が漏れてくる。怪しんでのぞいてみると、鎖も鉄の枷も粉々に解き捨て、左慈は悠々と身を横にしていた。

曹操はこれを聞き、「食水を与えるな」と一切の摂り物を禁じた。しかし、7日経っても10日経っても血色は衰えるどころか、かえって日々元気になっていく。

「いったい汝(なんじ)は魔か? 人間か?」

ついに獄から出し曹操が尋ねると、左慈は呵々(かか)と哄笑(こうしょう)して答えた。

「1日に1千疋(びき)の羊を食べても飽くことは知らないし、10年食わずにいても飢えることは決してない。そういう人間を捕まえて、大王のしていることはまったく天に向かって唾(つば)するようなものですよ」

(06)鄴都 魏王宮

魏王宮落成の大宴の日が来た。国々の美味、山海の珍味、調わざるはなく、参来の武人百官は雲か虹(にじ)のごとく魏王宮の一殿を埋めた。

この時、高い木履をはき、藤の花を冠に挿した乞食のような老人が、場所もあろうに宴の中へ突忽として立ち、「やあ、おそろいだね」と馴(な)れ馴れしく諸官を見回した。

曹操は今日こそこの曲者を困らせてやろうと考え、また客の座興にもしてやろうと思い、「こら、招かざる客。汝は今日の賀に何を献じたか?」と言った。

すると左慈は卓の花を献ずると言う。そこで曹操が牡丹(ボタン)を求めると、彼はプッと唇から水を噴く。とたんに嬋娟(せんけん)たる牡丹の大輪が、花瓶の口にゆらゆら咲いた。

井波版『三国志演義』(第68回)では、左慈が牡丹を出してみせる前に曹操の求めに応じ、白壁に描いた一頭の龍から羹(あつもの)に使うための肝を取り出していた。

管理人「かぶらがわ」より

左慈の名は(正史の)『三国志』では裴松之注(はいしょうしちゅう)の中に見えています。

なお、参考文献に挙げた『三国志演義大事典(さんごくしえんぎだいじてん)』によると、左慈が曹操に戯れた話は、葛洪(かつこう)の『神仙伝(しんせんでん)』に見えるということです。

当然、これらの話に大いに手を加えてはいるのでしょうけど、小説に変わった色合いを添えていることも確か。「禰衡(ねいこう)」や「于吉(うきつ)」などと同様に、この左慈も不思議キャラとして異彩を放っていますね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】