吉川版『三国志』の考察 第216話 「御林の火(ぎょりんのひ)」

【この記事をシェアする】

218年の正月15日の夜、東華門(とうかもん)外にある王必(おうひつ)の営中各所から火の手が上がる。

反乱軍の射た矢を受けて落馬した王必は、助けを求め金褘(きんい)の屋敷を訪ねるが、夫が帰ったものと思い込んだ金褘の妻の口から思わぬ言葉を聞く。

第216話の展開とポイント

(01)許都(きょと) 東華門(とうかもん)の門外

街は戸ごとに灯を連ね、諸門の陣々も篝(かがり)に染まる。人の寄る所、家のある所、五彩の灯(ひ)に彩られているため、こよい(建安〈けんあん〉23〈218〉年の)正月15日の夜、天上一輪の月はなおさら美しく見えた。

東華門外にある王必(おうひつ)の営中では宵の口から酒宴が開かれ、将士はもとより馬飼いの小者に至るまで、怪しげな鳴り物を叩(たた)いたり、放歌したり踊ったり、無礼講というので大変なにぎわいだった。

ここへ招かれていた金褘(きんい)は大酔を装い、酒席を退がりかける。

「金褘」については前の第215話(02)を参照。

これを目早く見つけた王必が引き留めた。そうしていると、営中の2か所から火が出たと告げる者があり、酒席は一瞬のうちに暗黒となる。金褘の姿はいつの間にか見えなくなった。

王必はあわてて馬に乗り、南門の火の手を望んで走りだしたが、肩に矢を受け、馬上から勢いよく転げ落ちてしまう。

井波版『三国志演義』(第69回)では、王必は耿紀(こうき)が放った一本の矢に腕を射抜かれ、危うく落馬しそうになったとある。

その時、西門と南門から営中へ斬り込んできた一隊の反乱軍があった。王必を射たのは先頭に立ってきた耿紀。

ところが耿紀は、自分の射た敵がまさか王必だとは思わなかった。もっと営中の奥深くにいると信じていたため、落馬した王必を馬蹄(ばてい)の下にし、先へ奔迅してしまう。

(02)許都の近郊 金褘邸

命拾いした王必は混乱の中に馬を拾い、燃えている南門から市街へ逃げ出す。郊外にある夏侯惇(かこうじゅん)の陣地まで急を告げに行こうとしたものの、道を間違えてあちこち駆け回るうち、肩の傷からあふれ出る血潮に眩暈(めまい)を覚え、また馬を捨てた。

ここで王必は、近くに金褘の屋敷があることを思い出す。その屋敷を尋ね当てると、あわただしく門を叩いた。

門番も奴僕(召し使い)もいないようだが、ほどなく答えがあり、奥のほうから燭(しょく)の光が動いてくる。金褘の妻が門を開けに来たらしい。彼女は扉の閂(かんぬき)を内側から外しながら言った。

「オオ。お帰りあそばせ。今すぐ開けまする。王必は首尾よくお討ち取りになりましたか?」

王必は仰天し、今宵の反乱の張本人が金褘だったことを初めて悟る。「いや、門違いした。ご免」と言い捨てるやいな、今度は曹休(そうきゅう)の屋敷へ行った。

(03)許都 曹休邸

曹休は子細を聞き取るとすぐに一族と郎党をひきい、火の粉の降りしきる下を禁門(宮門)へ向かって駆け出した。

(04)許都

市中と言わず禁門の中と言わず、火の狂う所には「逆、曹賊を殺して、順、漢室(かんしつ)の復古を扶(たす)けよ」という声が上がる。また、もろ声合わせて「死ねや死ねや。漢朝のために」と、悲壮な叫びが聞こえた。

けれど曹休を始め、曹氏の一族は市街に戦い禁門に争い、これもまた命を惜しまず反乱兵と斬り結び、よく宮中を守っていた。

かかるうちに、火は東華門から「五鳳楼(ごほうろう)」へ燃えてきたので、天子(てんし。献帝〈けんてい〉)は御座所を深宮へ遷(うつ)し、ひたすら成り行きを見守っていた。

そのうち、城外5里(り)に屯(たむろ)していた夏侯惇の3万騎も続々と市街へ入ってくる。こうなってはもう金褘・耿紀・韋晃(いこう)らの計画も、その成功を期することはおぼつかない。

韋晃は天子の御動座を促すべく禁中(宮中)へ入ろうとしたが、すでに曹休が軍馬を並べていた。王必を討ち取り合流するはずの金褘や耿紀も、いつまでも来ない。

当然、韋晃は苦戦に陥ったのみならず、こういう手違いと情勢の不振をみたため御林軍(ぎょりんぐん。近衛軍)の多くは二の足を踏んでしまい、反魏王(はんぎおう)、反曹一族の声明をすることすら避けてしまった。

亡き吉平(きっぺい)の子、吉邈(きつぼう)と吉穆(きつぼく)のふたりは、民衆に檄(げき)を伝えて街頭から義兵を糾合するつもりで大いに活躍していた。しかし、殺到した夏侯惇の大軍に出会うやひとたまりもなく掃滅され、兄弟枕を並べて討ち死にした。

(05)鄴都(ぎょうと)

曹操は夏侯惇から、許都での反乱の首謀者以下をあらまし召し捕り終えたとの早馬を受ける。そこでこのように厳達した。

「こういう時は根を刈らねばならん。およそ漢朝の旧臣と名のつく輩(やから)は、その位官の高下を問わず、ひと束にして鄴都へ送りよこせ」

熱血児の耿紀は後ろ手に縛され大路を引かれていきながら、天をにらみ罵ってやまなかった。

「曹操、曹操。今日、生きて汝(なんじ)を殺すあたわずとも、死して鬼となり、必ず数年のうちに汝を鬼籍に招いてやるぞ。待っておれっ!」

韋晃は刑場に座り、その頭(こうべ)へ刃の下らんとする刹那(せつな)、「待てっ!」と刑吏をにらみつける。

さらにカラカラと自嘲(じちょう)を漏らしたかと思うと、「恨むべし、恨むべし。天にあらず、微忠のなお至らざるを!」と叫ぶ。

そして頭上の一閃(いっせん)も待たず、自ら頭を大地へ叩きつけ、歯牙(しが)も頭蓋骨(ずがいこつ)も粉々に砕いて死んでしまった。

井波版『三国志演義』(第69回)では、金禕および吉邈と吉穆は乱戦の中で殺され、韋晃と耿紀も含めた5人の一族は全員、許都の市場で斬刑に処されたとある。そのうえで、鄴郡(鄴都)へ送られたのは朝廷の官僚たちだったともある。

金褘の三族もすべて死を被った。わずかに市人の胸を慰めたものは、御林軍の大将の王必が矢傷がもとで、これもまもなく死んだということだけだった。

「三族」については先の第120話(02)を参照。

(06)鄴都 魏王宮

代々漢朝の臣であり、累代の朝廷に仕えてきた公卿(こうけい)という理由だけで、たくさんな官人たちは車に盛られ、馬の背に乗せられ、まるで流民のように鄴都へと差し立てられた。

ここへ来て彼らは初めて曹操の魏王宮を見、その華麗壮大さに呆気(あっけ)に取られた。そして心密かに、「あぁ、もう都は許都にはなく、鄴都にあるようなものだ……」とつぶやき合う。

曹操はこの汚い百官の群れを、壮麗な魏王宮の庭園に立たせて言い渡す。

「先ごろの乱の時、汝らのうちには門を閉じてただ震え上がっていた者もあろうし、敢然と出て火を鎮めんと働いた者もあるだろう」

「いちいち調べるのは面倒くさい。あれに紅白二旒(にりゅう)の旗が立ててあるから、火を防ぎに出た者は紅の旗の下に立て。門を閉じて出なかった者は白い旗の下に固まれ」

官人たちはお互いに右を見、左を見、どちらへ行こうかと迷っているふうだったが、期せずしてその8割までが、ぞろぞろと紅の旗の下へ駆け集まった。

井波版『三国志演義』(第69回)では、白旗の下に立ったのが3分の1だけだったとある。つまり紅旗の下に立ったのは3分の2ということになる。

これはおのおのが、「もし門を閉じて出なかったと言えば、きっと過怠なりとし、とがめを受けるに違いない。都下の騒擾(そうじょう)とともに火を防ぎに出たと言えば、何の罪科にも触れはしまい」という心理であった。

ところが、曹操は高台の上から見届けるや、叱呼して武将に命ずる。

「よしっ。紅の旗の下に集まった輩は残らず異心ある者と見てよろしい。ひとり残らず引っくくり漳河(しょうが)の岸へ引っ立てろ。もちろんみな打ち首だ!」

残るわずかな官人。白旗の下に立った者だけは、これを許して許都へ返させた。同時に宮廷の侍側、閣員、内外の諸官人などに大更迭が行われた。

鍾繇(しょうよう)を「相国(しょうこく)」に、華歆(かきん)を「御史大夫(ぎょしたいふ)」に、曹休を王必亡き後の「御林軍総督」に、それぞれ任ずる。

新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると、「(『相国』は)漢における最高位の宰相。ただしここでは漢帝国ではなく、魏王国における宰相職」だという。同じく「(『御史大夫』は)魏王国の副宰相」という。

さらに侯位勲爵の制を六等十八級に定め、金印・銀印・亀紐(きちゅう。亀〈カメ〉の形に刻んだつまみ)・鐶紐(かんちゅう。リング形のつまみ)・紫綬(しじゅ。紫色の組み紐〈ひも〉)など、これらの大法を勝手に改めたり、それを授与したり、ほとんど朝廷を無視して魏王の意のままとなした。

参考文献に挙げた『三国志演義大事典(さんごくしえんぎだいじてん)』によると、「『侯爵六等十八級』は後漢(ごかん)時代に置かれた『列侯(れっこう)』と『関内侯(かんだいこう)』の下に、曹操が新たに『名号侯(めいごうこう)』『関中侯(かんちゅうこう)』『関外侯(かんがいこう)』『五大夫(ごたいふ)』を加えて6等としたもの。軍功ある者を賞するために創設された」という。

また「『十八級』とは、新設された『名号侯』以下18の爵位のこと。『名号侯』は臨時に置かれた称号で食邑(しょくゆう。領地)はなく、『関内侯』に次ぐ第18級に位置する」という。

その曹操も管輅(かんろ)の卜(うらない)にはひどく傾倒し、感謝もしていたらしく、何なりと褒美を望めと言った。

しかし管輅はどうしても受けず、こう言った。

「私には火を防ぐ力も水を支える力もありません。大王が鄴都に留まったのも天の定数です。許都の乱も約束事です。また、私が大王に見いだされて予言申し上げたのも、おそらく天意でしたろう」

「こう考えると、私が大王から恩爵を頂く理由はちっともない。拝謝いたします。褒美の儀はご勘弁ください」

管輅の予言については前の第214話(01)を参照。

管理人「かぶらがわ」より

金褘・耿紀・韋晃らの魏王転覆計画はあえない幕切れ。そしてこの件にかこつけ、紅旗に集う数多くの朝廷の旧臣たちを始末する曹操と……。

あれもこれも管輅が言う天意であったとすれば、さすがに天意というのは計り知れないものですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】