吉川『三国志』の考察 第151話 「狂瀾(きょうらん)」

長江(ちょうこう)南岸に本営を置く周瑜(しゅうゆ)のもとに、曹操(そうそう)から一書が届けられる。これを読んだ周瑜は魯粛(ろしゅく)の制止を聞かずに使者を斬り、諸将を集めて水陸の戦備について言い渡す。

ほどなく両軍は江上で激突したが、緒戦は孫権軍(そんけんぐん)の大勝だった。戦況を聞いた曹操は、もと劉表(りゅうひょう)配下の蔡瑁(さいぼう)と張允(ちょういん)を呼ぶ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第151話の展開とポイント

(01)三江(さんこう) 周瑜(しゅうゆ)の本営

帳外から様子をうかがっていた諸葛亮(しょかつりょう)。劉備(りゅうび)の背後に関羽(かんう)が侍立しているのを見て、ひとまず安心する。

雑談の末、劉備はそばにいた魯粛(ろしゅく)を顧み、ここへ諸葛亮を呼んでもらえないかと言ってみた。するとすぐに周瑜が返事を奪い、話を脇(わき)へ逸(そ)らす。

劉備の袂(たもと)を引き、後ろからそっと目くばせする関羽。ここで劉備は、うまく席を立つ機をつかみ別れを告げる。

あまりに鮮やかに立たれてしまい、周瑜もいささかまごつく。劉備と関羽を酒に酔わせ、この堂中を出ぬ間に刺殺してしまおうと、四方に数十人の剣士や力者を忍ばせていたが、合図する暇(いとま)もなかった。

周瑜も倉皇と轅門(えんもん。陣中で車の轅〈ながえ〉を向かい合わせ、門のようにしたもの)の外まで見送りに出て、空しく客礼ばかり施してしまう。

劉備が駒に乗り江岸まで急いでくると、水辺の楊柳(ようりゅう)の陰から諸葛亮が呼びかける。

諸葛亮は、自分のことは心配しないようにと言い、来る11月20日の甲子(きのえね)に、趙雲(ちょううん)に命じて軽舸(はやぶね)を出し、江の南岸で待たせておくよう頼む。今は帰らずとも、必ず東南の風の吹き起こる日には帰ると。

参考文献に挙げた『三国志演義(3)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)の訳者注によると「(『11月20日の甲子』は)正しくは『壬申(みずのえさる)』」だという。

三国志の世界観を理解するのに役立つ参考文献
当サイトの制作にあたり、参考にさせていただいた各種文献です。このリストは適宜追加していきます。「三国志」を題材にした小説『新装版 三国志』 ※全5巻吉川英治(よしかわ・えいじ)著講談社 講談社文庫初刷 2008/10...

劉備は、なぜ今から東南の風が吹く日がわかるのかといぶかる。これに諸葛亮は、隆中(りゅうちゅう)に住んでいたときは朝夕の風を測って暮らしていたようなものだったと答えた。その程度は予見がつくとも。

(02)長江(ちょうこう)

劉備は船へと移ると、すぐに満帆を張らせ江をさかのぼる。50里(り)ほど進んだところで、安否を気遣い迎えに来た張飛(ちょうひ)の船団と合流。

井波『三国志演義(3)』(第45回)では、劉備の船が数里も行かないうちに、上流からやってきた張飛の船団と合流している。

(03)三江 周瑜の本営

劉備が帰って幾日も経たないうち、周瑜のもとに、江岸まで曹操(そうそう)の使者の船が来ているとの知らせが届く。

先に書簡を見た周瑜は、自分が曹操の臣下のように扱われていることに激怒。魯粛の制止を聞かず使者の首を刎(は)ね、その首を従者に持ち帰らせた。

(04)長江

周瑜が戦備にかかるよう命ずると、甘寧(かんねい)を先手に、蔣欽(しょうきん)と韓当(かんとう)を左右の両翼として、四更(しこう。午前2時前後)に兵糧を使い、五更(ごこう。午前4時前後)に船陣を押し進め、弩弓(どきゅう)や石砲を掛け連ねて待ち構えた。

一方の曹操も、使者の首を持ち帰った随員から周瑜の態度を聞き取ると、水軍大都督(すいぐんだいととく)の蔡瑁(さいぼう)と(水軍副都督〈すいぐんふくととく〉の)張允(ちょういん)を呼ぶ。

建安(けんあん)13(208)年11月、荊州(けいしゅう)で降参した大将を船手の先鋒とし、魏(ぎ)の大船団は三江を指して徐々に南下を開始した。

やがて夜は白みかけたが、濃霧のため水路の視野も遮られ、両軍は目前に迫り合うまで互いの接近を知り得ない。

蔡瑁の弟の蔡薫(さいくん)が甘寧を挑発したが、かえって石弩(せきど)の一弾に面をつぶされる。続いて一本の矢を首筋に受けると、舳(みよし。船首)をかむ狂瀾(きょうらん。荒れ狂う波)の中に呑み込まれていた。

ここで出てきた「蔡薫」は、先の第123話(03)で出てきた「蔡勲」とおそらく同一人物。なお井波『三国志演義(3)』(第45回)では「蔡壎」とあったが、こちらも「蔡勲」と同一人物だと思われる。

蔡瑁の船列は甘寧により巧みに呉軍の包囲形の中に誘い込まれ、その船団がひとつずつ崩れだす。こうして曹操軍は散々な敗戦を喫した。甘寧は鉦鼓(しょうこ)を鳴らし、船歌高く引き揚げる。

黄濁な大江の水には、戦(いくさ)がやんでも破船の旗や焼けた舵(かじ)、無数の死屍(しし)などが洪水の後のように流れていた。それらの戦死者はほとんどが魏の将士だった。

(05)曹操の本営

曹操はこの日の戦況を聞くと蔡瑁と張允を呼ぶ。

この時の曹操の居所がよくわからなかった。

管理人「かぶらがわ」より

危地を逃れて夏口へ帰る劉備。そして、江上の緒戦は曹操軍の大敗に……。蔡瑁の弟だという蔡薫(蔡勲?)は久々の登場でしたが、あっさり甘寧に討たれてしまいましたね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (6) 赤壁の巻
このページをシェアする
かぶらがわをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました