裴玄(はいげん)

【この記事をシェアする】

【姓名】 裴玄(はいげん) 【あざな】 彦黄(げんこう)

【原籍】 下邳国(かひこく)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・厳シュン伝(げんしゅんでん。田+允+夂)』に付された「裴玄伝」あり。

孫権(そんけん)配下の「太中大夫(たいちゅうたいふ)」

父母ともに不詳。裴欽(はいきん)という息子がいた。

裴玄は学識があり行いも正しく、孫権に仕えて「太中大夫」まで昇進した。

裴玄は息子の裴欽に、斉(せい)の桓公(かんこう)・晋(しん)の文公(ぶんこう)・伯夷(はくい)・柳下恵(りゅうかけい)の4人の優劣について問うたことがあった。

裴欽が自分の考えを述べると、それに応じて裴玄も思うところを述べる、というやり取りが繰り返されたが、ふたりの議論は言葉が美しいうえ道理にもかなっていたという。なお、その後の裴玄に関する記事はない。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいうえ、具体的な事績についての記事もなく、どのような人物だったのかはよくわかりませんでしたが……。

『三国志』(呉書・歩騭伝〈ほしつでん〉)に見えている、歩騭が孫登(そんとう)の求めに応じ、荊州(けいしゅう)で優れた手腕を発揮している者と認めて名を挙げた11人の中に、この裴玄も含まれていました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】