程秉(ていへい)

【この記事をシェアする】

【姓名】 程秉(ていへい) 【あざな】 徳枢(とくすう)

【原籍】 汝南郡(じょなんぐん)南頓県(なんとんけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第135話で初登場。
【演義】 第038回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・程秉伝』あり。

孫登(そんとう)に仕えた「太子太傅(たいしたいふ)」

父母ともに不詳。

程秉は鄭玄(ていげん。127~200年)の下で学んだ後、世の混乱を避け交州(こうしゅう)へ移住する。そしてかの地で劉熙(りゅうき)と出会い、物事の原理について意見を交わすうち広く五経にも通じた。

やがて程秉は交阯太守(こうしたいしゅ。交趾太守)の士燮(ししょう)の「長史(ちょうし)」となり、次いで孫権(そんけん)の手厚い招きに応じ「太子太傅」に任ぜられた。

225年、王太子(おうたいし)の孫登が周瑜(しゅうゆ)の娘を娶ることになると、程秉は「太常(たいじょう)」として妃(きさき)を呉県まで迎えに行く。

のち程秉は在官のまま病死(時期は不明)したが、『周易摘(しゅうえきてき)』『尚書駁(しょうしょばく)』『論語弼(ろんごひつ)』など3万余字の著作を残したという。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると程秉は孫登に、婚姻は人倫の始まりであり王者の教化の基礎となるものとし、そのため古代の聖王が率先して模範を示し天下を教化したと述べたうえ、『詩経(しきょう)』では(仲むつまじい鳥とされる)関雎(かんしょ)を褒める詩が冒頭に置かれていることに触れ、夫婦の間でも礼教を尊重するよう説いていました。

孫登は長男ですし、その人格も優れていましたが、彼が241年に33歳で亡くなったことから孫権の跡継ぎに絡む騒動が起きてしまいました。もし孫登が帝位を継いでいたら、呉のたどる道はまったく違うものになっていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】