曹氏(そうし)A ※曹叡(そうえい)の娘

【姓名】 曹氏(そうし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 譙郡(しょうぐん)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹叡(そうえい)の娘、斉長公主(せいちょうこうしゅ)

父は曹叡だが、母は不詳。

曹氏は、李豊(りほう)の息子の李韜(りとう)に嫁いだ。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・夏侯尚伝〈かこうしょうでん〉)に付された「夏侯玄伝(かこうげんでん)」によると、「254年、中書令(ちゅうしょれい)の李豊が光禄大夫(こうろくたいふ)の張緝(ちょうしゅう。曹芳〈そうほう〉の皇后〈こうごう〉である張氏の父)らとともに、大将軍(だいしょうぐん)の司馬師(しばし)の排除を企てたものの失敗」。

この計画に関わった李豊らは三族(父母・妻子・兄弟姉妹、異説もある)皆殺しとなり、死刑を免れた親族についても楽浪郡(らくろうぐん)への流刑とされました。

「夏侯玄伝」の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く王沈(おうしん)の『魏書』には、「李豊の息子の李韜については、公主の夫であったため獄中で自殺することが許された」ともあります。

また「曹芳の詔(みことのり)により、斉長公主が先帝(曹叡)の忘れ形見であることを考慮し、3人の子どもたちの死刑を免除した」ともあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました