孫氏(そんし)K ※孫奐(そんかん)の娘、滕胤(とういん)の妻

【姓名】 孫氏(そんし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 ?~256年?(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク

孫奐(そんかん)の娘

父は孫奐だが、母は不詳。孫承(そんしょう)と孫壱(そんいつ)は兄で、孫封(そんほう)も兄弟。ほかに呂拠(りょきょ)に嫁いだ姉妹がいた。

孫氏は滕胤(とういん)に嫁いだ。

その後、256年に孫峻(そんしゅん)が亡くなると、実権を引き継いだ孫綝(そんりん)と呂拠や滕胤が対立。呂拠と滕胤は孫綝の誅殺を計ったものの失敗し、呂拠は自殺、滕胤も殺害され、ふたりの一族も皆殺しになった。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績に関する記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

滕胤が殺害されたあとの孫氏については言及がないようですが、一族も皆殺しの中に含まれているものと思われます。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました