士イ(しい)

【姓名】 士イ(しい) 【あざな】 ?

【原籍】 蒼梧郡(そうごぐん)広信県(こうしんけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・士燮伝(ししょうでん)』に付された「士イ伝」あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

士燮の弟

父は士賜(しし)だが、母は不詳。士燮と士壱(しいつ)は兄で士武(しぶ)は弟。

士イは徐聞県令(じょぶんけんのれい)を務めていたが、交州刺史(こうしゅうしし)の朱符(しゅふ)が異民族の反乱により殺害されたあと、士燮の上表によって九真太守(きゅうしんのたいしゅ)に任ぜられた。

226年に士燮が死去すると、その息子の士徽(しき。士イの甥)が跡を継いだ。

孫権(そんけん)は交阯(こうし。交趾)が遠く離れた地にあることから、合浦(ごうほ)以北を分割して「広州(こうしゅう)」とし、呂岱(りょたい)を広州刺史(こうしゅうのしし)に起用した。そして交阯以南は「交州」とし、戴良(たいりょう)を交州刺史に起用した。さらに陳時(ちんじ)を遣わし、士燮の後任の交阯太守に充てようとした。

士徽は交阯太守を称して抵抗したものの、呂岱の言葉に騙(だま)される形で兄弟ともども処刑されてしまった。その後、士イは兄の士壱や甥の士匡(しきょう。士壱の息子)とともに出頭し、孫権から死罪を許された。

士イらは、士燮が人質に差し出していた息子の士廞(しきん。士イの甥)とともに、みな官位を剝奪され庶民の身分に貶(おと)された。さらに数年後、士イと士壱は法に触れ処刑された。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。士イには徐聞県令や九真太守を務めたこと以外、具体的な事績についての記事がほとんどなく、どのような人物だったのかはよくわかりませんでした。

なお、士イの「イ」には「黄+有」に近い漢字が使われていましたが、微妙に字体が違うのでこのサイトでは採っていません。また、文献によっては「イ」ではなく「カイ」と読まれているものもありました。
「群雄諸侯」収録人物一覧
三国志に登場する、諸侯クラスの人物の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 群雄諸侯
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました