王戎(おうじゅう)

【この記事をシェアする】

【姓名】 王戎(おうじゅう) 【あざな】 濬沖(しゅんちゅう)

【原籍】 琅邪郡(ろうやぐん)臨沂県(りんぎけん)

【生没】 234~305年(72歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第120回で初登場。
【正史】 登場人物。

「竹林七賢(ちくりんのしちけん)」のひとり

父は王渾(おうこん)だが、母は不詳。

王戎は若いころから、荀寓(じゅんぐう)・裴楷(はいかい)・杜黙(ともく)とともに都で名を知られた。鍾会(しょうかい)の推薦を受け、裴楷ともども司馬昭(しばしょう)の「掾(えん。属官)」に取り立てられる。その後、ふたりは高官を歴任するまでになったという。

279年、晋(しん)の司馬炎(しばえん)が呉(ご)への総攻撃を命ずると、王戎も「建威将軍(けんいしょうぐん)」として武昌(ぶしょう)へ進軍。

翌280年、呉の平定時の功により「安豊侯(あんぽうこう)」に封ぜられた。

290年、王戎は「吏部尚書(りぶしょうしょ)」から「太子太傅(たいしたいふ)」に転ずる。

翌291年、「尚書右僕射(しょうしょゆうぼくや)」に転任。

297年、「司徒(しと)」に昇進。

304年、司馬衷(しばちゅう)が大軍をひきい、成都王(せいとおう)の司馬穎(しばえい)を討伐するべく親征した際、王戎も従軍。そして翌305年、72歳で死去した。

管理人「かぶらがわ」より

(『三国志』では)登場箇所が少ないためコメントしにくいです。

唐代(とうだい)に編纂(へんさん)された『晋書(しんじょ)』には「王戎伝」があるようですけど……。その内容を比較検討できていないため、この記事も非常に中途半端なものになってしまいました。いずれ手直しできればいいなと思います。

『晋書』(武帝紀〈ぶていぎ〉)および『晋書』(恵帝紀〈けいていぎ〉)からは、王戎の官職の変遷が少しうかがえただけでした。事績が晋代にかかっている人物については扱い方が難しいですね。

なお「竹林七賢」に数えられるのは、阮籍(げんせき)・嵆康(けいこう)・山濤(さんとう)・向秀(しょうしゅう)・劉怜(りゅうれい)・阮咸(げんかん。阮籍の甥)・王戎の7人です。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】