黄崇(こうすう)

【姓名】 黄崇(こうすう) 【あざな】 ?

【原籍】 巴西郡(はせいぐん)閬中県(ろうちゅうけん)

【生没】 ?~263年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第117回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・黄権伝(こうけんでん)』に付された「黄崇伝」あり。

魏(ぎ)へ移った父と生き別れるも、己は蜀に殉ずる

父は黄権だが、母は不詳。黄邕(こうよう)という兄弟がいた。

221年、劉備(りゅうび)が帝位に即くと、自ら孫権(そんけん)討伐の東征を強行しようとする。父の黄権はこれを諫め、自身が先鋒を務めたいと願い出たものの聞き入れられず、「鎮北将軍(ちんぼくしょうぐん)」として江北(こうほく)の諸軍をひきい、魏軍の動きに備えることになった。

翌222年閏6月、劉備は猇亭(おうてい)で孫権配下の陸遜(りくそん)に大敗を喫し、永安(えいあん)まで退く。ところが、黄権のほうは道路が遮断されたため戻ることができず、同年8月、軍勢を挙げて魏に降伏した。

蜀に残された黄崇は父と離ればなれになったが、劉備の計らいで母ともども以前と同じ待遇を受けた。やがて黄崇は「尚書郎(しょうしょろう)」に任ぜられる。

263年、魏のトウ艾(とうがい。登+阝)が蜀へ侵攻したとき、黄崇は衛将軍(えいしょうぐん)の諸葛瞻(しょかつせん)に付き従い迎え撃つ。だが、諸葛瞻は涪県(ふうけん)から先へ進むのをためらった。

黄崇は、速やかに進軍して要害に拠り、敵を平地まで入れないようにすべきだと勧めたが、やはり諸葛瞻は迷って決断できない。

そのうちトウ艾の軍勢が迫ってくると、諸葛瞻は交戦しながら緜竹(めんちく)まで後退。ここで必死に戦ったものの、黄崇は諸葛瞻らとともに討ち死にした。

なお、魏に降った黄権は240年に亡くなり、息子の黄邕(黄崇の兄弟)が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

221年の劉備の東征時に父の黄権に随行していたなら、その後の黄崇の運命はまったく違うものになっていたでしょう。とはいえ蜀における黄崇の最期には、節義を貫いたことで評価された黄権の息子らしいところが感じられますね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】