張玄(ちょうげん)

【姓名】 張玄(ちょうげん) 【あざな】 ?

【原籍】 広陵郡(こうりょうぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・張紘伝(ちょうこうでん)』に付された「張玄伝」あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

張紘の息子ながら、その事績は伝わらず

父は張紘だが、母は不詳。張靖(ちょうせい)は兄弟。張尚(ちょうしょう)という息子がいた。

張玄は呉に仕え「南郡太守(なんぐんのたいしゅ)」や「尚書(しょうしょ)」の官位まで昇る。だが、その後の張玄については記事がない。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く虞溥(ぐふ)の『江表伝(こうひょうでん)』によると、張玄は己を清廉に保ち行いも立派だったものの、才能では父の張紘に及ばなかったということです。

登場箇所が少ないためコメントしにくいうえ、具体的な事績についての記事もなく、どのような人物だったのかはよくわかりませんでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の重臣
このページをシェアする
かぶらがわをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました