王異(おうい)

【この記事をシェアする】

【姓名】 王異(おうい) 【あざな】 ?

【原籍】 ?

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第202話で初登場。
【演義】 第064回で初登場。
【正史】 登場人物。

忠義は息子の命より重い

父母ともに不詳。趙昂(ちょうこう)は夫。趙月(ちょうげつ)という息子と趙英(ちょうえい)という娘がおり、このほかにもふたりの息子がいたことがうかがえる。

王異は趙昂が「羌道令(きょうどうのれい)」となったとき、西県(せいけん)に留め置かれた。のち同郡(天水郡〈てんすいぐん〉)の梁双(りょうそう)が反乱を起こして西県を攻め取ると、王異の息子ふたりが殺害される。

王異は6歳になる娘の趙英とともに城内にいたが、息子たちが殺されたのを見たうえ、梁双に乱暴されることを恐れた。彼女は剣を執り自害しようと思ったが、趙英のことを考えて思いとどまる。そこで汚物を塗り付けた麻を羽織り、食事を減らし痩せてみせた。

春が過ぎ冬になったころ梁双は州郡と和解し、王異は危難を免れる。趙昂から迎えの者が来ると、王異は趙英とともに発った。

ところが趙昂の官舎の30里(り)手前で立ち止まり、趙英に別れを告げ毒薬を飲む。これは、乱に遭いながら死ねなかったことを恥じての行為だった。ちょうど解毒効果のある薬湯があったため、王異の口をこじ開けて注ぎ込んだところ、しばらくして彼女は息を吹き返した。

建安(けんあん)年間(196~220年)、趙昂は「参軍事(さんぐんじ)」に転じ冀県(きけん)へ移住。

213年、冀城が馬超(ばちょう)の攻撃を受けると、王異も趙昂を助け守備に加わる。また、帯びていた環状の玉や縫い取りのある衣服を差し出し、みなへの賞賜に充てた。

いよいよ城内の者が飢えに苦しむと、涼州刺史(りょうしゅうしし)の韋康(いこう)は官民を哀れみ、馬超と和議を結ぼうとする。

趙昂は諫めたが聞き入れてもらえず、このことを帰ってから王異に話した。王異は和議に反対し、節義を守りともに死ぬ覚悟を示す。そこで趙昂も役所へ戻るが、もう韋康は馬超と和議を結んでいた。

だが、馬超は約束を破り韋康を殺害したうえ趙昂を脅し、息子の趙月を人質として南鄭(なんてい)に差し出させる。それでも、まだ趙昂を信用しきれないでいた。

馬超の妻の楊氏(ようし)は、王異の節義ある行いを聞いていたので、あるとき彼女を招き語り合う。王異はうまく受け答えして気に入られ、楊氏と誼(よしみ)を結ぶ。

やがて趙昂が楊阜(ようふ)らとともに馬超討伐の計画を整えると、王異に趙月のことを相談した。すると王異は、息子の命より忠義を重んずるべきだと言い、趙昂の決起を励ます。

翌214年、楊阜らの挙兵によって、いったん馬超は漢中(かんちゅう)へ敗走したものの、張魯(ちょうろ)の兵を借りたうえ引き返してくる。王異は趙昂とともに祁山(きざん)に立てこもり、馬超軍に包囲された。30日して援軍が着くと、ようやく包囲は解けたが、趙月は馬超に殺されていた。

冀城から祁山までの一連の戦いにおいて、趙昂は9回にわたり奇計を立てたが、そのつど王異も参画したという。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・楊阜伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く皇甫謐(こうほひつ)の『列女伝(れつじょでん)』によるものです。

そこでは王異について以下のようにもありました。

「趙昂の妻である『異』という者は、もと『益州刺史(えきしゅうのしし)』で天水の趙偉璋(ちょういしょう)の妻であり、王氏の娘である」

ここにある「趙偉璋」という人物が「趙昂」と別人なのかイマイチわかりません。趙昂も天水郡の人ですし、あざなは「偉章」だというので、おそらく同一人物かと。

当時の考え方では、王異の烈女ぶりは非常に高く評価されるのでしょうけど……。やはり人質になって殺された趙月が気の毒に思えました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】