王琰(おうえん)

【この記事をシェアする】

【姓名】 王琰(おうえん) 【あざな】 ?

【原籍】 馮翊郡(ひょうよくぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第033回で初登場。
【正史】 登場人物。

高幹(こうかん。袁紹〈えんしょう〉の甥)を仕留めて「侯(こう)」になったが……

父母ともに不詳。王嘉(おうか)という息子がいた。

205年、いったん降っていた幷州刺史(へいしゅうしし)の高幹が、州を挙げて曹操(そうそう)に背く。これは曹操が烏丸(うがん)討伐に赴いた隙を突いてのことだった。

翌206年、曹操自身も高幹の立てこもる壺関(こかん)への攻撃に加わると、高幹は関の守りを夏昭(かしょう)とトウ升(とうしょう。登+阝)に任せ、自分は匈奴(きょうど)の単于(ぜんう。王)のもとへ救援を頼みに行く。

しかし単于に断られてしまい、やむなく荊州(けいしゅう)へ逃げようとする。

このとき「上洛都尉(じょうらくとい)」を務めていた王琰は、道中の高幹を捕らえて斬り殺し、功により「侯」に封ぜられた。その後、諸郡の「太守(たいしゅ)」を歴任し「護羌校尉(ごきょうこうい)」になったという。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・袁紹伝)に付された「袁尚伝(えんしょうでん)」と、その裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『典略(てんりゃく)』および『三国志』(魏書・常林伝〈じょうりんでん〉)の裴松之注に引く魚豢の『魏略(ぎりゃく)』によるものです。

このうち『典略』によると、「王琰は高幹を捕らえた功により『侯』に封ぜられたものの、このとき彼の妻は部屋で大声を上げて泣いた」という。

「それは夫が富貴を得れば、きっと新たな妾(めかけ)を入れ、自分への愛が奪われると考えたからだった」とも。王琰の人柄がうかがえる話ですね。

『魏略』のほうでも、王琰は清廉潔白と認められた人物でなかったことが見えました。せっかく功を立てたのにこれでは……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】