薛夏(せつか)

【この記事をシェアする】

【姓名】 薛夏(せつか) 【あざな】 宣声(せんせい)

【原籍】 天水郡(てんすいぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

曹操(そうそう)以来の礼遇を受けた儒学者

父母ともに不詳。息子がいたことがうかがえる。

薛夏は博学で才能があったという。

もともと天水では、姜(きょう)・閻(えん)・任(じん)・趙(ちょう)の四姓が幅を利かせていた。だが、薛夏は勢力のない家柄だったにもかかわらず、彼らに屈したりしない。そのため四姓から命を狙われることになり、故郷を離れ都へ向かう。かねて曹操は名声を聞いていたので、薛夏を大いに礼遇する。

のち四姓は囚人を使い薛夏を捕らえ、潁川(えいせん)で投獄した。このとき曹操は冀州(きしゅう)にいたが、話を聞くと潁川に事実を審理するよう通告。こうして薛夏を釈放させると召し寄せて「軍謀掾(ぐんぼうえん)」に任じた。

204年、曹操は袁氏(えんし)の本拠地だった鄴城(ぎょうじょう)を攻略し「冀州牧(きしゅうのぼく)」となった。

曹操が「司空(しくう)」を務めていた期間は196~208年。そして「丞相(じょうしょう)」を務めていた期間は208~220年。なので、薛夏が召されて「司空軍謀掾」となったのか「丞相軍謀掾」となったのかはよくわからず。

曹丕(そうひ)もまた薛夏の才能を嘉(よみ)し、黄初(こうしょ)年間(220~226年)に「秘書丞(ひしょじょう)」に任ずる。ふたりは書物についてよく議論したが、その際はいつも終日に及んだ。

曹丕は薛夏を名ではなく、「薛君」と呼び敬う。薛夏の暮らしぶりは非常に貧しいものだったが、曹丕は彼の衣服が粗末であるのを気にかけ、自分の着ている上着を脱いで下賜したこともあったという。

のち征東将軍(せいとうしょうぐん)の曹休(そうきゅう)が来朝したとき、ちょうど曹丕は薛夏に相談したいことがあった。そこで曹休を呼び入れ薛夏に引き合わせ、一緒に話し合う。

曹丕は薛夏を重用する考えだったものの、このころ(226年)崩御(ほうぎょ)した。

曹叡(そうえい)の太和(たいわ)年間(227~233年)になると、薛夏は蘭台(らんだい。御史台〈ぎょしだい〉の下部組織。書籍を管理する)へ異動。

蘭台の官吏は、自分たちが「台」であるのに、秘書省(ひしょしょう。宮中の図書や機密文書を管理する)は「署」にすぎないから、そこに属している薛夏が蘭台へ異動するのは認められないと主張したうえ、強行すれば罪にかかる者があるだろうとも警告した。

すると薛夏はこう言い返す。

「『蘭台』は外台(政府に属する組織)ですが、『秘書』は内閣(宮中に属する組織)です。『台』と『閣』は一体のはずなのに、なぜ互いに異動ができないのでしょうか?」

蘭台の者は屈服し反論の言葉もない。以来、これが常例となった。

その数年後、薛夏は病死(時期は不明)する。彼の息子に詔(みことのり)が下され、郷里の天水ではなく都に埋葬されることになった。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・王朗伝〈おうろうでん〉)に付された「孫叔然伝(そんしゅくぜんでん)」の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』によるものです。

なお、『魏略』の中で「儒宗」として名が挙げられているのは董遇(とうぐう)・賈洪(かこう)・邯鄲淳(かんたんじゅん)・薛夏・隗禧(かいき)・蘇林(そりん)・楽詳(がくしょう)の7人。

当時の学者には貧乏な例が目立ちますけど、薛夏もそうだったらしい。いくら曹丕の上着をもらっても、それを着るわけにはいかないのでしょうし……。俸禄の面から見ると、とても学者が優遇されていたとは言えない状況ですよね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】